佐賀市議会議員 国民民主 山下 しんじ

平成23年度

山下しんじの活動日記


3/31(土)
政府主催で開催された社会保障と税の一体改革の対話集会。
50名の募集に30名程度の参加。
大串内閣府政務官のあいさつのあと、藤田財務副大臣から改革の大枠を説明。その後参加者との意見交換を行いました。
全体的な方向性や、いくらの財源が必要で、増税すれば具体的にどのような恩恵を受けることができるのかをもっと丁寧に説明すべきの声が多く出されました。私からは、国税の滞納の約半分を占める消費税の滞納問題、増税分を価格に転嫁できない中小地場企業への支援策について質問させていただきました。


3/30(金)
議会だよりの編集が終わり、撮り忘れた写真撮影のため諸富へ。全ての作業が終了し、来週月曜日には入稿できる運びとなりました。そしていよいよプロ野球が開幕。
がんばれホークス!


3/29(木)
議会だよりの編集で終わった一日でした。国会では消費税増税を巡って訳のわからない抗争にあけくれているように見えてなりません。
こんなことをやってると、国民がどんどん政治を信用しなくなることを自覚すべきです。夜は議会事務局長の定年退職のお祝い。ほとんどの議員と議会事務局のメンバーが出席して大いに盛り上がりました。


3/28(水)
定例議会が終了し、書類の整理、市政報告会の準備にとりかっかりました。地元の循誘工区での市政報告会は4月26日(木)に循誘公民館で開催します。


3/27(火)
3月定例議会最終日。議案の採決が行われました。
当初予算のうち、学校業務改善検証事業費の約1000万円は認めず、予備費にまわす修正案が全会一致で承認されました。事業そのものの必要性は認めるものの、検証をコンサルタントに委託する理由や、学校側との連携の考え方などが不十分ということでこの予算は認められないということになりました。
意見書については、共産党から出された2件が否決、自民と公明から出された2件が可決されました。
次の定例会は6月になります。


3/26(月)
10時から政務調査費の担当者会議。佐賀市の政務調査費はひとりあたり、年間60万円が支給されます。
以前は、第2の給料などと言われいましたが、現在は使徒が細かく決められ、全ての領収書添付が義務ずけれらています。引き続き、市民から見て納得いただけるよう襟を正して行きます。
午後は九電のOBから相談に乗ってほしいとの電話があり、ご自宅へ。約2時間相談を受けました。


3/25(日)
毎年恒例の大財商工振興会のゴミ拾いボランティア。約1時間で20袋ほどのゴミを集めました。
しかし、ゴミ拾いをしてていつも思うのは、タバコの吸い殻がなぜこんなに多いのかということ。タバコのを吸う方は最低限のルールは守って欲しいものです。
午後は地元の方々とバーベキュー大会。外での食事は気持ちいいものです。


3/24(土)
自治基本条例の素案検討のための検討会議が開催されました。
検討会議のメンバーは学識経験者や公募でえらばれた市民など35名で構成されていて、一年半ほどかけて条例の素案作りが行われます。
この条例の制定にあたっては、議会側も特別委員会を設置して調査研究を行っていて、その委員会メンバーで基調講演を傍聴に行きました。
講師は、地方自治総合研究所所長の辻山幸宣氏。地域主権の時代、地方自治はどうあるべきか、住民の役割はなど、興味深い話を聞くことができました。


3/23(金)
閉会日に向けて議会運営委員会が開催されました。
今回提出された意見書は5件で、そのうち1件は準備ができなかったとのことで取り下げられました。
残る4件はすべて、賛否が分かれたことから、すべての意見書の提案理由の説明が行われ、そのうち2件で反対討論が行われます。
その後は、議会運営委員会が所管する、議場への市旗・国旗の掲揚について議論を行いました。
20年近く掲げる掲げないの議論を行っているとのこと。
議場に市旗・国旗の掲揚は当然のことと思っていて、初めて議場に入ったとき、掲揚していないことに違和感を覚えました。


3/22(木)
常任委員会最終日。昨日までの審査を踏まえて、付託議案についてすべてを全会一致で承認しなした。
ただし、文教福祉委員会では、予算の修正が全会一致で承認されました。来週の会議でも修正案が承認される見込みです。


3/21(水)
常任委員会2日目。農林水産部関係の審査を行いました。審査において重要なのは、質問や提言に対する執行部の答弁です。
様々な意見や質問が出されましたが、今回の執行部の答弁は、概ね理解できるものでした。
委員会終了後は委員会の研究会が開催されました。
研究会は議案としては上程されていないものの、状況の説明が必要と執行部が判断し、常任委員会の委員長へ要請され、委員長が了解して開催されるものです。
メガソーラの状況や工業団地進出企業の業種緩和等について説明がなされました。


3/20(火)
嘉瀬川ダムの竣工式が富士中学校体育館で開催されました。
計画調査開始から40年。
地権者や関係者など大勢の皆様の努力と決断の賜物です。
佐賀市議会議員もほとんどの議員が出席しました。
治水、利水はもちろん、観光の拠点としても活用しておかなければなりません。


3/19(月)
佐賀市議会は今日から常任委員会がはじまりました。
私が所属する経済産業委員会に付託された議案のうち、佐賀市営バスに関する議案と、経済部に関する議案の審議を行いました。
新商工ビルの建設・運営、中心市街地活性化、佐賀地場産品の販路拡大、外国人観光客誘致に関する件について様々な意見が出されました。これらの意見に対しては、前向きな答弁がいただけたと思っています。
水曜日は、農林水産部に関する議案の審議です。


3/18(日)
朝から次女が専門学校の体験入学のため福岡へ。
たまっていた書類整理を済ませ、買い物に出かけました。
昨年7月以降、地デジチューナーが品切れしていたようですが、最近また出回ってきました。
昨年7月以降、一度も電源が入ることがなかった1台のテレビが地デジ対応になりました。


3/17(土)
2月には取り掛かっていた政治資金収支報告。定例議会の準備やらなんやらで中断していました。
今年は4月2日までに提出すればいいのですが、期限ぎりぎりになれば窓口が混雑します。
チェックと資料の作成を済ませました。
まだまだ議会は続きます。意見書対応も議会運営委員会の委員として考えていかなければなりません。


3/16(金)
午前中は循誘小学校の卒業式でした。
昨年は体育館が建て替え工事中でメートプラザでの卒業式でした。
完成したばかりの体育館での初めての卒業生となった82名の卒業生は、ひとりひとり壇上で将来の夢や小学校生活でお世話になった方々へのお礼の言葉を述べて、卒業証書を受け取りました。
午後は本会議。その前に九電ユニオンの若手組合員が議会を訪問。少しの間でしたが議会を案内し、意見交換をさせていただきました。


3/15(木)
一般質問が終わりました。
街なかの緑化については、具体的な数値を用いて進捗状況を把握していくことを確認しました。
市民栄誉賞についても、準備を進めていただくことになりました。
問題はfacebookの活用です。
秀島市長にトップセールスのツールとしてfacebookをはじめるよう求めましたが。「有効性は認識しているが、私としては当面FACE TO FACEでいきたい」との答弁でした。
さまざな答えを想定して、その後の切り返しを考えていたんですが、完全に一本とられました。
いつか必ずリベンジします!


3/14(水)
北九州市議会に続いて、武雄市議会も被災地の瓦礫を受け入れることを求める決議を賛成多数で可決しました。
一部の議員は反対したようですが勇気ある決断です。
連合佐賀や民主党佐賀県連でも機運を高める取り組みを検討しています。

さて、明日は一般質問。早めに就寝です。


3/13(火)
突然の訃報がとどきました。
同じ九電ユニオンの組織内議員として、昨年から議員生活をはじめられた、ひとつ先輩の議員です。
先月研修会で顔をあわせたばかりでした。
健康状態もよかったとのことで、本当に突然だったようです。
心の整理がつかず、ただただ佐賀の地から冥福をお祈りするのみです。


3/12(月)
北九州市議会が東日本大震災で発生した瓦礫を受け入れる決議を採択しました。しかも全会一致で。これを受けて北橋市長がどのような判断を下すのか、そして市民はどのような動きをするのか。受け入れを表明すれば九州初となることもあり、今後の動きに注目です。
それにしても、この決議を全会一致で可決した北九州市議会はすばらしい!佐賀市議会では可決はできても、全会一致は絶対に無理だと思います。

佐賀市議会では一般質問が続いています。


3/11(日)
東日本大震災から今日で1年。
佐賀市内では復興支援イベントや防災フェスタが開催されました。
地震発生の14時46分。1分間黙とうしました。
復興に向けては少しずつ動いていますが、大きな問題は瓦礫の処理。
「絆」という言葉はみんなが口にしますが、この問題になると総論賛成各論反対。
国の強いリーダーシップで各自治体や国民に協力を求め、瓦礫処理を一日も早く終わらせるべきです。それが本当の意味の政治主導です。
国民も、現実を踏まえて痛みを分かち合う覚悟を持たなければなりません。なんでも反対反対だけでは、国民としての責任を果たすことはできません。


3/10(土)
佐賀市主催の植樹祭「みどりのネットワークづくり」が開催されました。定員の200名をはるかに超えるボランティアや関係者が参加し、4000本以上の苗木を植樹しました。

午後は、さが城下みず再生研究会のメンバーと、豊かな水環境を取り戻すための署名活動。玉屋前と徴古館の2か所で700名以上の方に署名をいただきました。今後も5万人を目標に取り組んでいきます。

夜は大財商工振興会の交通安全教室と市政懇談会。市政報告の機会をいただき、その後の懇親の場でも多くのご意見をいただきことができました。


3/9(金)
午前中は地元城東中学校の卒業式に出席しました。
194名の卒業生ひとりひとりが卒業証書を受け取りました。
吉木校長は心温まる力強い祝辞のあと、弾き語りで「乾杯」を熱唱。
式終了後には卒業生が壇上に整列し、「旅立ちの朝に」を合唱。歌が進むにつれ、次々と卒業生たちが泣き出します。この雰囲気にはこちらも涙が出ました。
卒業生たちの将来が明るいものでありますように。

議会では、午後から一般質問が再開されました。
原子力の再稼働について見解を求められた秀島市長は、「原子力に依存しなくていいのならそれにこしたことはないが、今後のエネルギー源をどこに求めるのか。現段階で再生可能エネルギーが原子力の代替になりえないことを考えると、定期検査が終了し安全性が確認されれば運転再開もやむを得ない」と答えました。極めて冷静な考えです。さらに再稼働しないように国や県、九電に働きかけるべきとの質問に、「以前から再稼働やむなしの考え。そのようなことはない」と答えました。


3/8(木)
一般質問が続いています。
一般質問とは市政全般に対する問題を取り上げるもので、個別の事業や、定例議会に上程されている議案に関する件、自分が所属する特別員会に付託されている件は一般質問では取り上げることはできません。
また、不明な点を明らかにし、そのうえで提案をしていく、いわゆる「提案型質問」に心がけるよう先輩議員から言われています。


3/7(水)
今日から一般質問がはじまりました。
3月定例議会で一般質問を行うのは30名。
3月議会は小学校・中学校の卒業式の日は午前中は議会は開かれないため、一般質問は15日までかかります


3/6(火)
地元も方と道路工事の件で面談。
佐賀市との話し合いを引き続き行っていくこととしました。
議会の休会は今日まで。
明日からは一般質問がはじまります。
私の出番は一般質問最終日の15日。
まだまだ先は長い。しっかりと準備を進めます。


3/5(月)
市民の方と面談し、外来種の駆除問題や緑化推進についてお話をさせていただきました。様々な講義を受けられていて、様々な本を読んで勉強をされている方で有意義な提案もいただきました。今後の市政にいかしていきます。


3/4(日)
朝7時に消防格納庫に集合して、佐賀市消防団中部方面隊の放水競技大会の応援に行って来ました。
小雨が降る中、練習の成果を存分に出し切っていました。
再来年は私が所属する中央分団第6部も出場する事になっています。

競技会は途中で失礼して龍登園へ。民主党佐賀県連第1区総支部常任幹事会、民主党佐賀県連常任幹事会に出席。その後、民党佐賀県連第14回定期大会を開催しました。

その後民主党の樽床伸二幹事長代行による時局講演会。衆議院議員の定数削減や税と社会保障の一体改革について理解を求めました。


3/3(土)
久しぶりに青空が顔を出しました。
10時から佐賀市役所前公園で開催された、連合佐賀2012春季生活闘争中央総決起集会に出席しました。
生活の安心のため1%の賃金改善や、総実労働時間の短縮、働くもののための政策制度の実現などを求めていくことが確認されました。
集会終了後は、佐賀中央郵便局まで連合佐賀の取り組みをアピールするためのデモ行進も行われました。

夕方は旧古賀銀行前の八坂神社で行われる灯明ナイトの準備のお手伝い。小学生や幼稚園児が作った灯明約400個が浮かび上がり、幻想的なイベントとなりました。


3/2(金)
佐賀城下春の骨董市が今日からはじまりました。春と秋に開催される骨董市も今回で18回目。
8:45からオープニングセレモニーに出席しました。出店するのは約50店で、九州では最大規模。4日まで続きます。
10時からは、常任委員会で先議分の審議を行いました。
午後は議会運営委員会、一般質問ヒアリングと続きました。
定例議会は3日から6日まで休会となり、7日から一般質問が始まります。


3/1(木)
今日から定例議会がはじまりました。
午前10時開会。傍聴席には西川副小学校のみなさんが。
会期決定のあと、早期に議決する分(先議分)の議案質疑が行われ、その後先議分の委員会付託が行われ散会となりました。
その後は一般質問のヒアリング。
長いようで短い定例議会。頑張ります。


2/29(水)
議案勉強会最終日。15時には終了しました。長い3日間でした。
いよいよ明日から定例議会がはじまります。
一般質問は3月15日(木)です。
佐賀市議会は、どなたでも簡単な手続きで傍聴することができます。


2/28(火)
朝9時から議案勉強会。数字を追いかけながら説明を聞くのは本当に疲れます。17時前には終了し、その後一般質問のヒアリングを受けました。


2/27(月)
9時から開催された議会運営委員会で3月1日開会の定例議会の日程を確認しました。3月27日までの27日間の日程になります。
その後一般質問の質問順抽選が行われました。
今回一般質問を行うのは30名で私のひいたのは28番。登壇は3月15日(木)の11時ごろになりそうです。
10時からは3月定例会に上程される議案の勉強会が始まりました。全体で3日間の予定です。終了したのは18時前で急いで予定していた打ち合わせをすませ、さが城下みず再生研究会の定例会議へ。3月10日に街頭署名を実施することなどを確認しました。
その後は地元体育協会の理事会。時間に追われた一日でした。


2/26(日)
J1に昇格して佐賀を盛り上げてくれているサガン鳥栖の激励会が佐賀市の主催で開催されました。
選手スタッフ全員が一人ひとり紹介され、その後決意が語られました。
開幕戦は3月10日14:00ホームのベストアメニティスタジアムで行われます。


2/25(土)
朝7時前の電車で唐津を経由して浜崎へ。昨日から開催されている九電ユニオンの2年目研修にお邪魔して、組織内議員の活動について講演させていただきました。
様々なアンケートを見ると、若年層ほど政治に対する関心が低く、各種選挙でも投票率が低いのが現状です。
このような状況を見れば、若いうちから政治に触れることは重要なことで、このような機会をつくっていただいた事務局に感謝です。

その後は福岡に向かい、九州電力総連の政治研修会に出席。組織内議員である小林正夫参議院議員からの国政報告、推薦議員である高木義明・楠田大蔵衆議院議員、岩本司参議院議員との意見交換を行いました。
懇親会には佐賀県選出の川崎稔参議院議員も出席されました。


2/24(金)
川崎稔参議院議員が参議院本会議で22年度決算に対して代表質問を行いました。通常与党側の質問は面白くないのですが、川崎議員の質問は結構辛口で興味深く聞かせていただきました。
政局ではなく、政策本位の政治を望みます。
夜は大財商工振興会青年部の会合。今年の活動についてあれこれと語り合いました


2/23(木)
週末に九電ユニオンの若手組合員に対して講演をおこないます。
皆さんにどんな話をすればいいのか、いろいろと考えながら資料づくりをしました。
明日は3月定例議会の一般質問通告締切日。こちらも要点を整理して通告しなければなりません。


2/22(水)
定例議会が3月1日からはじまります。
一般質問の準備を進めています。一般質問を行うためには、事前に通告する必要があります。通告締め切りは24日17時。質問順の抽選は27日に行われます。
最近は市民の方からの提案やご意見が増えてきました。その内容も一般質問で取り上げて行きたいと思います。


2/21(火)
高校生の次女が今日から修学旅行に出発しました。
当初は、長野でのスキーと東京見学だったのですが、昨年の大震災後、北海道に変更になりました。
少々風邪気味だったのですが、病院に行った結果インフルエンザではなかったので参加することができました。
私の修学旅行は20年近く前。肥前山口駅から寝台列車で京都まで行き、京都見学、長野でのスキーでした。今でも鮮明に覚えています。
沢山の想い出をつくって、元気で帰ってきてくれれば何よりです。


2/20(月)
連合佐賀東部地域協議会の佐賀市への自治体要請行動に同行しました。毎年春闘の時期にあわせて、各自治体、労働基準監督署、ハローワークへ労働行政の充実を求める要請を行っています。
現在佐賀県内の市町は20。これだけでも大変なのですが、私が連合佐賀で担当していた頃は市町村合併前で、50近くの自治体を回っていました。1日に十数か所を回ることもありました。


2/19(日)
民主党一区総支部連合会常任幹事会立ち上げについて、準備会議を開催しました。以前から懸案となっていた事項です。やっと動き出しそうです。
その後、民主党佐賀県連の常任幹事会が開催されました。3月4日に開催予定の県連大会の議案書や役員人事ついて議論しました。
民主党に対する国民の思い。原点に帰って頑張らなければなりません。


2/18(土)
佐賀城下ひなまつりがスタートしました。
9時30分から656広場で行われた開会式に出席しました。今年の見所は、歴史民族資料館に展示されるからくり人形や、徴古館に展示される御台人形。御台人形は、天皇・皇后両陛下からから皇族子女に贈られたもので、鍋島家には3基も伝来しています。
今回は3基まとめて公開されますが、滅多にない機会です。
ぜひ佐賀城下ひな祭りにおこしください。

午後は佐賀市環境保健推進大会に参加。功労表彰や講演会が行われました。講演会で投げかけられた「ひとりとひとりぼっちは同じですか…。」という言葉が心に響きました。


2/17(金)
中部広域連合の本会議が開かれ、広域で事業を行っている、消防や介護保険に関する24年度予算などが成立しました。
午後からは連合佐賀議員懇談会の総会が開催されました。
以前はあまり意見等は出なかったのですが、ここ数年は様々な意見が出されるようになりました。
今年度も様々な取り組みを進めて行きます。


2/16(木)
佐賀市中心市街地の水量を増やし、水環境の改善を図ることを目的に、さが城下みず再生研究会が昨年11月に発足しました。
嘉瀬川ダムの完成を控え、国や県・市に対して環境用水の確保を求めていくこととしていますが、その一環として署名活動に取り組む事を1月末に決定しました。目標は5万人で、基本的には、自治会を中心に活動を行いますが、議員としてもできる限りの取り組みをしようと、市内の企業にお願いにまわりました。
飛び込みにも関わらず、協力を約束していただきました。
午後は、第7回社会福祉大会に出席。永年、社会福祉に携わってこられた方々が表彰されました。


2/15(水)
以前から相談を受けていた道路整備について、地元の方と話し合いを行いました。
住民への理解を求めようという誠意が、佐賀市側に欠けているのではないか。そのような不信感があるようです。
以前から計画があったことで、地元にも説明をしていると市の担当者は繰り返しますが、工事の実態が具体化されるまでは、なかなかピンと来ないものです。誠意ある対応を求めて行きます。
午後は中部広域連合の委員会が開催され、補正予算、条例改定、24年度予算について審議しました。
委員会が終わったのが、16時35分。猛ダッシュで佐賀駅へ向かい、41分発の唐津行き電車に飛び乗りました。
唐津では、九電ユニオン唐津地区の皆さんんと意見交換。エネルギー政策見直しへの対応や、民主党の現状について意見をいただきました。


2/14(火)
中部広域連合議会が開会しました。
消防、介護など自治体をまたがって運用を行う事業の予算などが上程されました。
15日には、消防と介護の委員会審議が行われ、17日には閉会の予定です。


2/13(月)
3月4日に開催される民主党佐賀県連の定期大会に向け、議案書の起草作業を行いました。
民主党に対する昨今の厳しい状況を踏まえれば、責任あるメッセージを発信していかなければ、なりません。
その後は、地域政策会議で、各種団体や地方自治体から出された陳情・要望の仕分作業を行いました。


2/12(日)
風は冷たいものの、抜けるような青空の下、地元循誘校区のゲートボール大会とペタンク大会が開催され、お世話役として参加しました。
ペタンクはあまりなじみのないスポーツで、ほとんどの方が初体験でしたが、ちょっとの指導で子どもから大人まで楽しめるスポーツ。地元の皆さんが交流を深めました。
午後は鹿島市で開催された「北方領土返還要求佐賀県民集会」に出席。講演された拓殖大学の下條教授は、「他国は領土問題を、国外に発信して国際的な場に持ち出しているのに対し、日本は国内にしか発信していない。領土問題に対する国会議の認識が低すぎる」と指摘しました。全くそのとおりです。


2/11(土)
2月18日から「佐賀城下ひなまつり」がはじまります。
毎年多くのお客さまにおこしいただき、佐賀市を代表するイベントになっています。
この佐賀城下ひなまつりにおこしいただいたお客さまに、おもてなしの気持ちを伝えようと、3年前から「こども観光ボランティア」がスタートしました。
地元の小中学生が、紙芝居を使って、会場の案内や各会場の見所などを紹介します。
午後から、そのこども観光ボランティアのリハーサルが行われ、子ども会の役員として参加しました。
はじめての実践練習ということで、最初はなかなか声が出ませんでしたが、お互いに改善点を出し合いながらがんばっていました。


2/10(金)
午後から開催された全員協議会で、新商工ビルの状況や、佐賀市健康運動センターの拡張などについて説明を受けました。
また、西村浩さんと山崎亮さんによる街づくり講演会も開催されました。
『民間活力を活用して』という言葉は良く口にしますが、その実例と成功例を紹介していただくなど、非常に興味深い講演会でした。


2/9(木)
地元の方と意見交換をさせていただきました。
子育てや街づくりについて、今後力を合わせていくことを確認しました。
もともと佐賀市の生まれではない私にとって、少しずつ輪が広がっていることを実感しました。
2月18日から佐賀城下ひなまつりがスタートします。
地元の方々と力を合わせて盛り上げていきます。


2/8(水)
政治団体の収支報告書の作成に着手しました。3回目ともなると早いものです。ただ、合間を見ながらの作業なので、今月いっぱいに提出できればと考えています。
それにしても寒い一日でした。周りにもインフルエンザにかかった方が増えてきました。
うがい、手洗い忘れずに。


2/7(火)
中部広域連合の勉強会が開催され、2/14からの議会に上程される議案の説明を受けました。
勉強会なので、意見をいう事はできませんが、疑問点について何点か質問させていただきました。
本番は議会の委員会でという事になります。


2/6(月)
都市計画審議会が開催され、初めて参加しました。
今回の議題は、下水道整備と都市計画道路の変更についてでした。
市民生活に欠かせない下水道整備については、迅速な対応ができるよう、手続きの簡素化が実現しそうです。
道路整備については、昭和6年に決定された計画を今回中止するというものでした。計画が決まるとその周辺の開発には一定の制限がかけられます。長い間全く着手出来なかった計画が今になって中止…。もっと早く決断できなかったのか、との意見が相次ぎました。
午後は、以前から約束していた方と面談。自然環境等に造詣が深く、自らも佐賀市の山から海まで歩いて現状を確認されている方でした。
様々な意見を聞かせていただきました。


2/5(日)
地方自治体議員フォーラムさがの研修会を開催しました。
民主党が国民の皆さまの強い批判を浴びている事から、マニフェストの進捗状況や、現在の課題テーマとしました。
まず、佐賀県連2区選出で内閣府大臣政務官の大串博志衆議院議員から、TPP協定交渉の現状と社会保障と税の一体改革について講演を受けました。
TPPについては、現在各国が日本に対し求めているものの情報収集を行っている段階であり、交渉参加を決定していない。あくまでも国益の視点にたって結論を得ていくとの考えが示されました。
次に、民主党本部の岩佐政策調査会部長から、マニフェストの中間検証の内容と、今後の取り組みについて講演を受けました。
内容は割愛しますが、高校の無償化など実現できている項目については、その恩恵を受ける国民が限られる事や、見通しが甘く実現に至っていないことに対するお詫びが十分でない事が、マニフェスト破りのレッテルを貼られいる原因ではないかと感じました。


2/4(土)
電力総連武雄地区連絡会議に出席し、議会の仕組みや日頃の活動について講演の機会をいただきました。
武雄には組織内議員がいないため、私たちの活動が伝わりにくいのが現状です。
今後もタイムリーな情報発信につとまて行きます。


2/3(金)
自治基本条例調査特別委員会が開催され、市民や有識者よる検討会議委員の選定経過等について説明を受けました。
2月18日に第1回検討会議が開催され、自治基本条例制定に向けた作業がスタートします。
議会としては検討会議には参加せず、検討経過を見ていく事になります。
午後は福岡で開催された、九州電力労働組合政治活動委員会の総会に出席。委員会の幹事に就任しました。


2/2(木)
道路整備の関係で相談があり、一時間ほど話をうかがいました。
道路整備によって、交通の流れはスムーズになり、渋滞緩和にも役立つ事が期待される一方、地元の方にとっては、騒音や新たな渋滞や危険の発生などの心配も出て来ます。
様々な角度から物事を見る事の重要性を痛感しました。

それにしても、お宅に訪問した時はちらほら降っていた程度の雪が、一時間ほどして帰る頃には、道路にも積もるほどの大雪でした。


2/1(水)
先週、議会にお見えになった方と担当部局と3者で意見交換を行いました。様々な提言をいただきました。
聴く耳を持つことの重要性を再認識しました。
行政の姿勢や行動は、常に市民が見ています。肝に銘じなければなりません。
午後は祐徳自動車労働組合の大会に民主党佐賀県連を代表して出席させていただきました。
民主党が皆さまのご期待に応えられているのか。いや決してそうではない現状を率直にお詫びし、引き続きのご支援をお願いしました。


1/31(火)
自治基本条例調査特別委員会視察の2日目。
視察先は薩摩川内市。平成20年に自治基本条例を施行しています。
薩摩川内市において、自治基本条例は、総合計画で制定することが謳われていたことから、平成19年から検討がはじまりました。
昨日の熊本市と比べるとかなりの早さで制定に至っています。
また、条例の制定作業と並行して議会基本条例の制定作業も行われています。
検討の経過や議会の関わり方などは、熊本市と違っていて、新たな発見もありました。
午後は佐賀市に戻り、建設部との打ち合わせ、さが城下みず再生研究会、民主党佐賀県連役員会に出席。充実した一日でした。


1/30(月)
先週まで議会だよりの配付を行っていたため、事務作業がかなりたまっていました。午前中でも終了しないほどの量でした。
午後は、自治基本条例調査特別委員会の視察のため熊本市へ。
熊本市は平成22年4月に自治基本条例を施行していますが、制定の取り組みを始めたのは平成15年9月。途中、議会に提出された条例案が、審議未了で廃案になるなど、施行に至るまでの道のりが長く険しかった市です。
対応して頂いたのは執行部の担当者と、条例制定に関わって来た議員。佐賀市とは検討の始め方が違うのですが、これから検討に入っていく時点での疑問点や考え方について意見交換をさせていただく中で、議会としてどのようにかかわっていくべきか、確認する事が出来ました。
制定に関わって来た議員のお話はリアルで、本音をはっきりと話して頂いて、非常に有意義でした。


1/29(日)
東与賀で開催された佐賀市駅伝大会の応援の後、市民の方からの市政相談。道路整備の関係ですが、整備によって利便性が向上する一方、不便さや危険を感じる方
も出てきます。
私が昨年の9月議会で一般質問を行った事が現実となった事案です。週明けに対応します。
午後は、消防器具点検の後、地元牛嶋天満宮で行われたお火焚きの不測の事態に備え、消防団員として待機しました。


1/28(土)
呉服町自治会の役員会に出席しました。
地元呉服町は平成21年ごろから街の風景が変わりはじめ、最近は建物の解体が進んでいます。
地元自治会としても、これから街がどのように変わっていくのかは関心の高い問題です。
地元自治会の役割、住民の役割、商店主の役割。そして行政との連携について情報の共有と意見交換を行いました。


1/27(金)
朝から議会控え室で資料作りをしていると、男性が経済産業委員会の委員を紹介してほしいと訪ねてこられました。
私は経済産業委員会に所属していますので、対応させていただきました。
市政に関する提言で、お話をうかがったうえで担当部局と打ち合わせを行いました。来週再度お会いすることになりました。

15時からは九電工労組の佐賀支部、福岡支部の役員29名が佐賀市議会の見学にこられました。本会議場などを見ていただいた後、議会のしくみや、流れなどについてお話をさせていただきました。
意見交換の時間もいただき、有意義な時間を過ごすことができました。


1/26(木)
1月10日から開始した議会だよりの配付が終了しました。
議会や出張などの合間を縫って、一軒一軒訪問しての配付ですから、2月中旬ぐらいまでかかると思っていましたが、かなり早めに終了することができました。
9回目ですから、随分効率的にまわれるようになったのも要因だと思います。
ドライバーをしてくれた妻にも感謝です。


1/25(水)
夜19時より、循誘公民館において市政報告会を開催しました。
11月定例議会の内容や、中心市街地の活性化など、現在の佐賀市の現状、今後の取り組みについて説明を行いました。
その後の意見交換では、議会のありかたや市の政策、地域コミュニティのありかたなどについてご意見をいただきました。
今後の取り組みに活かしていきます。
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。


1/24(火)
午前中は明日の市政報告会の資料作り。
午後は経済産業委員会の研究会が開催されました。
森林・林業再生プランの策定やクリークの護岸整備、街なか再生社会実験事業などについて説明を受けました。

現在佐嘉神社南で社会実験「わいわい!コンテナプロジェクト」は1月末で終了しますが、その後をサガン鳥栖がサテライトオフィスとして利用することで、最終調整に入っているとのことでした。


1/23(月)
午前中大財商工振興会青年部の厄入り厄晴れのお払いに同席しました。場所は佐嘉神社。非常に寒かったのですが、かえって厳かな気持ちになりました。
午後は市内訪問。40軒ほどわりました。あと一息で終わりそうです。


1/22(日)
午後2時から開催された、民主党佐賀県連の常任幹事会に出席しました。地方議会議員から国会議員に対する質問、注文が相次ぎました。
国民の生活が第一の精神を忘れず、通常国会に集中してほしいものです。


1/21(土)
今日は午前中、家の用事を済ませ、午後はゆっくり自宅で過ごしました。
夜は家族サービスを兼ねて近くの焼肉屋に出かけました。
昨年オープンしたお店ですが、安くて美味くて大満足でした。


1/20(金)
夕方、職場での市政報告会を開催しました。
11月議会での審議内容や、市政の状況についてお話させていただきました。

3月議会終了後も開催させていただきます。

また、1月25日には、循誘公民館で地元の皆さまを対象とした市政報告会を開催させていただきます。


1/19(木)
朝から冷たい雨。
1日市内まわり。約50軒にお邪魔しました。


1/18(水)
市内訪問ので1日を使いました。

途中佐賀空港に立ち寄り、本日就航の佐賀上海便の記念式典を見てきました。第一便は満席で佐賀空港に定刻どおり到着。
佐賀市の観光振興、経済発展につなげなければなりません。

夜は地元の会合、子ども会の新年会に出席しました。


1/17(火)
議会だより配付を休んで、午前中は事務処理にあてました。ちょっと目を離すと、あっという間にたまるものです。

午後は、地元自治会の会合に出席した後、地元の方からお願いされていた道路改修の現場を確認し、建設部に対応を依頼しました。


1/16(月)
朝から妻の運転で、市内、大和、富士、三瀬方面をまわってきました。朝から曇り空で、午後からは小雨も降ってきましたが、50軒ほどをまわることができました。

夜は地元体協の理事会で、ゲートボール大会、ペタンク大会の開催を確認しました。

ところで、今日は民主党本部の大会が開催されました。党内対立や地方組織の批判、野田総理が眼帯をしていることなどが取り上げられていました。
マスコミが大会をどのように報道しようが自由ですし、大会には参加していませんので、どのような議論が行われたのか、佐賀県連から参加した方の報告を聞かないとなんとも言えませんが、もう少し報道すべきことがあったのではないでしょうか・・・。

もしそれがなかったとすれば、単なるガス抜きです。


1/15(日)
1月20日と25日に行う市政報告会の資料作りを行いました。
テレビの報道番組では、内閣改造が報じられていますが、大臣がこれだけ替わる国も珍しいです。
しかも、不用意な発言の責任を取って・・・。
政治家にとって言葉は命です。閣僚である前に、政治家としていかがなものかと思う国会議員が多いのは残念です。

政治に対する信頼回復・・・。ほど遠いような・・・。


1/14(土)
職場への訪問はあと少し残っているものの、今日は土曜日。ほとんどの事業所が休みということで、後援会、支援者の家へ議会だよりを持って回りました。
議員になって以来続けていることなので、回り方も効率的になってきました。

午後は、佐賀城下ひなまつりの子どもボランティア説明会に、こども会の役員として出席する予定でしたが、13時過ぎ中央分団管内で火災発生のメールが。すぐに出動しました。
けが人が出て、家は全焼。
火の取り扱いには十分ご注意ください。


1/13(金)
午前中は神埼、鳥栖方面の職場訪問。少し遅くなりましたが、新年の挨拶も兼ねています。午後は佐賀市にもどって、再び職場訪問を行いました。

16時30分から佐賀県電力総連の賀詞交歓会に出席。大串博志内閣府大臣政務官、川崎稔参議院議員も出席されました。

時間の関係で、全ての方とお話しすることはできませんでしたが、励ましやねぎらいの言葉をいただきました。


1/12(木)
朝7時30分に自宅を出発。唐津、武雄、鹿島方面の職場を訪問しました。

夜はさが城下みず再生研究会の会合に参加し、今後の活動について確認しました。佐賀市内の水環境を再生させるための取り組みを本格化させます。


1/11(水)
午前中は連合佐賀議員懇談会の幹事会で、2月開催予定の総会に向けて議案書の検討、来年度の活動予定などについて話し合いを行いました。

午後は、議会だよりを地元、商工会に配ってまわりました。


1/10(火)
消防団の新年あいさつまわりで、地元の自治会、商店街を訪問しました。

夕方には議会だよりが完成し、配付のための仕分作業を行いました。

明日から、議会だよりの手配り、郵送を行います。会議や出張の合間を縫って行いますので、2月中旬まではかかる見込みです。


1/9(月)
ロイヤルチェスターで開催された、原口一博代議士の新春の集いに参加しました。壇上で紹介いただき、一言あいさつの機会をいただきました。
集いには、大串博志代議士、川崎稔参議院議員のほか、民主党の地方議員を含め約400名が参加し、解散総選挙の可能性が高い今年一年の原口代議士の活動を支えていくこと確認しあいました。


1/8(日)
朝9時から諸富で佐賀市消防団出初式が開催され、中央分団第6部の団員として参加しました。参加者は約1,200名。
昨年佐賀市で発生した火災は約60件。火の元にはくれぐれもご注意を。

11時40分からは市村記念体育館北で5色放水が行われました。

15時から佐賀市民会館の成人式式典に出席。過去2年の式典に比べ、落ち着いた式でした。


1/7(土)
労働組合の新年の行事が続きます。
今日はツインスター労働組合の旗開き。旗開きとは、労働組合が新年に労働組合旗を掲揚して、一年間の活動をスタートさせる式典です。

ツインスター労働組合かの旗開きには毎年お邪魔させていただいています。

今年一年のツインスター労働組合の活動が実りあるものでありますように。


1/6(金)
民主党佐賀県連で、1月26日に開催予定の地方議員フォーラムの打ち合わせを行いました。民主党2009マニフェストは全く実現できていないとの報道がなされていますが、果たしてどうなのか。民主党本部の政策調査会の国会議員を呼んで現状報告を受け、意見交換を行うことにしています。

夕方は福岡市で行われた九州電力総連の賀詞交歓会に参加。組織内議員として、ひとことあいさつをさせていただきました。

今年は電力関連産業と、そこで働く労働者にとって厳しい年になります。しかし、前を向いて元気に活動を行うことを確認しあいました。


1/5(木)
地元消防団で、担当区域内の年始のあいさつまわりを行いました。大晦日にも火災が発生したことから、火の取り扱いには十分注意していただきたい旨をお願いしてまわりました。

帰省していた長女が東京にもどりましたが、私は消防団あいさつ回りのため、見送りできませんでした。
6月には同級生の結婚式でまた帰ってくるとのこと。そういえば、長女も今年で22歳。私が結婚した年です。

いい話を期待しています。


1/4(水)
官公庁や企業のほとんどが仕事始め。
市内のあいさつまわりを行いました。

また、11時30分からニューオータニ佐賀で開催された、新年賀詞交歓会に出席しました。今年は明るい年であってほしい。そんな想いに包まれた会でした。

その後は松原神社で安全祈願を行いました。


1/3(火)
1日自宅でゆっくりと過ごさせていただきました。
明日は仕事始め。気持ちを切り替えてがんばります。


1/2(月)
中学校の同窓会に出席しました。

中学校の同窓会は5年ごとに開催されていて、今年は卒業30年記念でした。5年ぶりに再開する人もいれば、卒業してはじめて会う人もいて、なつかしい時間を過ごさせていただきました。


1/1(日)
新しい年が始まりました。
昨年は未曾有の大震災が日本を襲い、多くの尊い命が奪われました。
被災地は復興に向けて着実に前進していますが、私たちは復興が完了したと言える日まで、被災地のことを忘れてはいけません。

今年が日本にとっていい年になるようがんばっていきましょう。

今年も一年よろしくお願いします。


12/31(土)
大晦日の今日は自宅でゆっくりさせていただきました。

が、午後は近くで火災発生のメールが。すぐに支度を済ませ、格納庫へ。団員が集まったところで現場へ出動しました。
幸いにもボヤですみましたが、昨日までの二日間、年末特別警戒を行って、市民の皆さまに火災予防を呼びかけた翌日の火事に、複雑な思いでした。
火の取り扱いには十分ご注意ください。

来年もよろしくお願いします。
皆さま良いお年をお迎えください。


12/30(金)
年末ですが暖かい日中でした。

東京で働く長女が帰省しました。会うのは今年の夏以来です。ただ、今日も消防団の年末警戒巡回のため、ゆっくり話すことはできませんでした。

今年も残すところあと一日。本当にあっという間の一年でした。


12/29(木)
多くの国会議員が民主党を離党しました。今後もこのような流れは続くのでしょうか。

離党したのは、ほとんどが衆議院ブロック比例の当選者です。ということは、選挙区選挙で惜敗率が高かったのでしょうが、結局は比例選挙で「民主党」と書いていただいた有権者の票で当選しているわけです。参議院は同じ比例でも選挙制度が違いますが、それでも比例で当選した国会議員が堂々と離党することへの批判はこれまでもありました。

改革をする思いがあれば、党に残って内部で声をあげ続けるべきです。それが出来ないのであれば、国会議員を辞めるべきです。

夜は消防団の年末警戒巡回でした。


12/28(水)
ほとんどの企業が御用納め。市内のあいさつ回りを済ませて、夕方は東和労働組合の定期大会でごあいさつさせていただきました。


12/27(火)
議会だより9号の入稿を午前中に済ませました。年明けには配って回ることができます。

午後は佐賀市と南部方面に年末のあいさつ回り。アポなしの訪問でしたがほとんどのところで面談してご挨拶させていただくことができました。

夜は今年最後の忘年会。今年の事、来年の課題について話すことができ、本当に楽しい時間を過ごすことができました。


12/26(月)
午前中は打ち合わせと、あいさつ回り。
年明けの市政報告会の会場が予約できました。
平成24年1月25日(水)19時より循誘公民館で山下しんじの市政報告会を開催します。

夜は平成21年当選組の忘年会。
各支所の支所長にも参加していただきました。

懇親会終了後、バスで帰宅しようと時刻表を見ると、出発したばっかり。あきらめようかと思っていると、唐人町方面行きのバスを発見。自宅からはちょっとありますが、白山バス停で下車して自宅へ帰りました、


12/25(日)
今日は1日自宅でゆっくりさせていただきました。
週明けは書類の整理や年末のあいさつ回りであわただしくなりそうです。


12/24(土)
自宅のプリンタが動かなくなってしまいました。急いで電気店に向かい最新式のプリンタを購入。やはり新しいプリンタは無線LANでも通信エラーがなく快適です。
議会だよりの編集が終わりました。後は最終チェックと入稿を残すのみです。


12/23(金)
何だか年末であわただしくなってきました。
夕方に地元自治会の役員会と忘年会が開催されました。役員ではないのですが、招待を受けて参加してきました。
中心市街地の活性化はまだまだ道半ばですが、地元も方は確実に変化を感じっていらっしゃいます。
自治会の活性化、市政の問題について有意義なお話を聞かせていただくことができました。


12/22(木)
午前中は議会だよりに使用する写真撮影で、久保泉、川副などを回りました。その後、議会だよりの編集を行いましたが、途中電話などが入りなかなか作業が進みません。
週明けには入稿できるように作業を進めなければ。

佐賀新聞に、市民団体からの政務調査費返還請求を監査委員が棄却したとの記事が載っていました。1月、2月の年度末に近い時期は予算の使い切りとしか判断できないとの言い分もありました。
しかしそのいい分であれば、議会が行われる12月は視察に行けませんので、11月までに行かなくてはいけないことになります。しかし各議員の日程もありますし、視察内容によっては、最適な時期もありますし、受け入れる相手側の都合もあります。

政務調査費が公金との認識は十分持っています。


12/21(水)
市民の方からの相談や、資料整理に追われました。
今年も残りあとわずか。
今年中にやることはまだまだ山積み。
ひとつひとつ片付けていこう!


12/20(火)
定例議会が終了しました。
最終日は、4常任委員会の委員長が委員会での審議内容を口頭で報告し、採決が行われた結果、上程された議案は全て原案通り可決しました。

議会が終わるとほっとする間もなく、議会だよりの作成や、関係者への報告などに追われます。


12/19(月)
定例議会の閉会日を明日に控え、事務整理のため休会日でした。

この時期は、機関紙の新年号あいさつや活動報告の執筆依頼が多いため、たまっていた原稿を全て仕上げて提出しました。

その後は、議会だよりの編集。一面に何を掲載するか一番悩むところです。今年中に印刷に回せるよう頑張ります。


12/18(日)
月2回の消防基部点検の日。7時から消防車に乗り込んで近くのクリークへ。ホースを伸ばしてポンプを回し放水をしながらの点検でした。消防格納庫へ戻った後、年末警戒や年始の行動予定、出初式などの打ち合わせを行いました。

10時30分からは、県立美術館南濠に係留されている屋形船の中で行われた佐賀城下まちづくり実行委員会主催の、生物多様性についての講座に参加。講師は県立厳木高校の中原教諭で、生物多様性の目的や意義について興味深い話を聞く事ができました。また、佐賀平野、有明海は希少生物の宝庫だということもあらためて認識させていただきました。

13時30分からは、連合佐賀議員懇談会主催の研修会。テーマは指定管理者制度の現状と課題で、講師は香川大学の三野教授。制度がスタートして7年が経過した中での問題点を指摘していただきました。丸なげになってはいけません。

16時からは民主党地域政策会議、常任幹事会と続き一日が終わりました。


12/17(土)
名簿の整理や書類の仕分けをしたあと、以前から気になっていた倉庫の整理を済ませました。

夕方は大串博志衆議院議員が主宰するツーリングクラブ「大輪会」の忘年会に出席しました。参加者は24名で、会終盤には大串議員もかけつけていただきました。
22回目の結婚記念日との話をしたところ、参加者の皆さんからも祝福していただきました。


12/16(金)
10時から議会運営委員会が開催され、今回の定例議会に提出されている意見書の取り扱い、議会閉会日20日の議事進行について協議を行いました。今回は比較的スムーズに進みそうです。

午後は、九電工労組佐賀支部の皆さんに、政治研修会で佐賀市議会に来ていただきました。以前も何度か九電工労組には研修会に声をかけていただき市政報告をさせていただいたことがありますが、今回は議会見学でした。
委員会室や議場などを見学いただき、その後意見交換をさせていただきました。議会事務局の皆さんにも丁寧に対応していただきました。

その後、武雄へ向かい九電ユニオン執行委員会に出席し、市政報告の機会をいただきました。


12/15(木)
昨日常任委員会で審査を行った議案に対する採決が行われました。
結果は、反対意見もなく全会一致で原案通り可決すべきものと決定しました。
議会最終日に、委員長が審査内容を報告し、全体での採択が行われる予定です。


12/14(水)
10時から常任委員会における議案の審査が行われました。
私の所属する経済産業委員会では、補正予算や、佐賀市工場等立地奨励条例の一部改正、TOJIN茶屋の指定管理者の指定などについて、審議を行いました。

審議終了後は、今年のノリの状況について説明を受けました。報道されているとおり、今年は雨が多かったことや気温が高かったことなどから赤腐れ病が発生し、秋芽ノリに大きな被害が出ています。今年2回行われた入札でも、枚数、金額は昨年と比べ激減しています。12月20日から網の張り込みが行われる冷凍ノリに期待です。


12/13(火)
今日で一般質問が終わりました。総勢29名が登壇し、7日間かかりました。議会は委員会審議に移ります。

本会議が終わった午後、歩いて市内を回ったのですが汗ばむほどの陽気でした。あと2週間で今年も終わりなんですけどね。

ところで皆さまは宝くじは買われましたでしょうか。買ってもあたらないんですが、買わないと絶対にあたりませんから私は毎年買ってます。
以前こんな川柳を見たことがあります。
「宝くじ ばかにしながら 根は本気」


12/12(月)
4名の一般質問が終わったあと、議会運営委員会が開催され、議会の改革に関する検討事項について協議を行いました。

現在佐賀市議会には国旗、市旗が掲揚されていません。議員になってはじめて議場に入ったとき、このことに違和感を感じました。掲揚に関しては、合併前から提起されていたそうですが、一部の強い反発がありいまだに実現していません。
慎重に議論を行い、結論を求めていきましょうとの意見には反対しませんが、いつまで議論しても、全員が納得すうることはありえないと思っています。
他の自治体では、一部の強い反対で国旗、市旗の掲揚が実現せず、議員提案で掲揚を義務付ける条例を可決したところもあります。そこまではする必要はありませんが、早く結論を出したいものです。


12/11(日)
朝から曇り空。天気予報の午後から晴れという言葉を信じて出かけましたが、結局太陽にはお目にかかれず、寒い一日でした。

東日本大震災から9ヶ月。
まだ被災地ではがれきの山。オールジャパンとは何かを考えずにはいられません。


12/10(土)
今にも雨が降り出しそうな天気。
年末に向けて愛車のメンテナンスを行い、不用品を引き取ってもらいました。でも、段取りが悪いのかタイミングが悪いのか、何となく時間を無駄に使ってしまったような一日でした。


12/9(金)
国会は重要法案を積み残したまま閉会。
震災からの復興を目指す日本にとって、今何をすべきか。与野党の垣根をこえた本気の議論を期待していた国民の思いは届いたのか…。

真剣な議論はされているのでしょうが、党利党略ばかりが見え隠れ。国会議員自らが身を切る姿勢を見せなければ、国民に負担をお願いする事はできません。

佐賀市議会は一般質問が続いています。


12/8(木)
今日も一般質問が行われ、5名の議員が登壇しました。
私は4番目に質問に立ち、ICT、特にFacebookを活用した観光振興、定住促進の取り組みの充実と、市職員の能力を引き出すための自発的研究の推進、自転車事故防止に向けた取り組みの3点について執行部の考え方を引き出しました。

質問の様子は、14日ごろから佐賀市議会のホームページで録画画像が公開されます。


12/7(水)
佐賀市議会は今日も一般質問が行われ、5名の議員が登壇されました。明日はいよいよ私の出番。
別に緊張とかはないのですが、やっぱり終わるまでは、落ち着かないものです。
早めに休んで、明日に備えます。


12/6(火)
サガン鳥栖がJ1昇格を決めたにもかかわらず、佐賀市には何の動きも感じられないなと思っていたら、佐賀新聞にJ1昇格を祝う看板設置の記事。早速、その写真をフェイスブックにアップしたところ多くの方が「いいね」を押してくれました。
フェイスブックの良さは、こういった身近な話題が共有できるところにあることを実感しました。
議会では今日も一般質問が行われました。


12/5(月)
佐賀市議会は今日から一般質問が始まりました。
一般質問は、市政全般に対して議員が執行部側の考え方を引き出すもので、通告をすれば質問を行う事が出来ます。
今回一般質問を行うのは、38名中29名で、13日まで一般質問が行われます。


12/4(日)
佐賀市子ども連絡会主催のグランドゴルフ大会開催され、準備のため8時に鍋島小学校へ。設営、開会式を終えたあとは、循誘校区チームの監督として子どもたちのプレーに同伴しました。
循誘小学校では、毎週一回、地域の方がボランティアでグランドゴルフの指導にあたられていて、子どもたちもなかなかの腕前でした。

競技終了後、閉会式には参加せず、急いで戻り、地元の656広場で行われている九電工労組青年部主催のチャリティー餅つきにお邪魔したのですが、すでに餅つきは終わっていました。

その後、妻も朝から外出しているため、昼食とろうと、JUNAIOというアプリで近くでシシリアンライスを食べられる店を検索して、玉屋近くのユメリアに行きました。
スープ、コーヒー付きで650円。少し酸味の効いたドレッシングで、コストパフォーマンスが高いお店でした。


12/3(土)
今日は自宅で書類の整理などを行い、12時半からサガン鳥栖の試合をテレビ観戦しました。
すでにJ1当確とはいえ、他の試合結果を気にすることなくサポーターと喜びを分かち合うには、引き分け以上が必要。
選手たちは、緊張感の中にも大勢のサポーターとJ1昇格へのカウントダウンをかみしめるかのように生き生きとした動きでした。
結果は2-2のドロー。勝ち点1を積みこの瞬間J1昇格!
本当に待ちに待った瞬間でした。
試合後、対戦相手だったロアッソ熊本のスタンドには、こんな横断幕が掲げられました。
「サガン鳥栖を愛する全ての人へ 堅忍不抜の努力に敬意を表します 追いつき追い越すまでJ1にいてね」
ちょっと感動です。


12/2(金)
官僚の不適切な発言が問題になっています。
オフレコの場とはいえ、あまりにもひどすぎるものです。
これまで、政治家や官僚の不用意な発言が問題になり、辞任するといった姿を見ていなかったのでしょうか?自分にはそんなこと起こるはずがないと思っていたのでしょうか?
発言に気をつけるという以前の問題です。


12/1(木)
早いもので12月。今年も残すところ1ヶ月となりました。議員になって、特に月日が経つのが早く感じます。

今日は議会は休会日でした。一般質問のヒアリングも大方終わり、原稿をつくろうと意気込んでいると、別の原稿執筆の緊急依頼があったり、相談の電話がかかっってきたりとなかなか集中する事ができませんでした。しかし何とか頑張って、骨格は出来上がりました。あとは肉づけを行います。

ところで、今日夕方のSTSのニュースで「JUNAIO」というスマートフォンアプリを使ったシシリアンライスマップが紹介されていました。スマホをお持ちの方はぜひどうぞ。


11/30(水)
今日から佐賀市議会定例議会が始まりました。
初日の今日は、会期を20日までとする事を確認した後、議会に上程された議案の提案理由説明を市長が行いました。
その後は、先議分と言って、早期に議決する必要のある議案のみを委員会に付託し、委員会審議が行われました。

私が所属する経済産業委員会では、人事院勧告に伴う人件費の減額補正については特に質疑はなかったのですが、来年一月に中国の格安航空会社(LCC)が佐賀空港に就航することに関連しての、中国人観光客誘致事業と、路線用のリムジンバス購入については、多くの意見が出されました。
観光については、佐賀空港を利用する中国人観光客に、佐賀市内を利用してもらうための方策。リムジンバスについては、佐賀県からの補助を受けられなかった理由、採算の見込み、赤字となった場合の国・県の補助のあり方になどです。

以上のような審査を踏まえ、委員会・本会議とも原案通り可決しました。

議会は1日〜4日まで休会で5日から一般質問にはいります。


11/29(火)
前日早めに就寝したため、風邪の具合はかなり良くなりました。
朝から、一般質問の質問事項の整理を行った後、銀行へ行き支払いなどを済ませたところで午前中が終わりました。

昼からは、昨日に引き続いて2回目のヒアリングを行いました。
今回は質問項目が他の議員と重複しているものが何点かあり、その項目はあらためて質問はしないように整理を行っています。
一般質問は12/5から12/13の平日に行われ、私が一般質問に立つのは、12月8日(木)の4番目で、午後2時ごろになりそうです。今回の質問項目は以下の通りです。

1.ICT活用で佐賀市を元気に
⑴観光振興への活用は
⑵定住促進への活用は
⑶業務上のfacebook利用の検討状況は

2.市職員の能力を引き出すために
⑴業務改善のための取り組みの実態は
⑵「佐賀市職員自主研究グループ活動」の実態とその成果は
⑶今後の取り組みは

3.自転車事故防止のために本気の取り組みを

佐賀市議会はどなたでも傍聴出来ます。また本会議は、ぶんぶんテレビで生中継していますし、佐賀市のホームページでライブ中継も行っています。


11/28(月)
今朝は喉の痛みで目が覚めました。
風邪ひきました。食事をとって風邪薬を飲もうと思ったのですが、喉が痛くて食事をとることができませんでした。
止むを得ず、オレンジジュースを飲んで、風邪薬を飲みました。

しばらく横になっていたのですが、体が痛くて起き上がれそうにありませんでした。しかし、今日は一般質問に対する執行部からの聞き取りが、10時、13時30分、15時と入っているため、何とか起きあがって市役所へ。
3項目分の聞き取りを何とか乗り切り、すぐに帰宅しました。

皆さまも風邪にはご注意ください。


11/27(日)
朝の9時から循誘校区長寿会主催のグランドゴルフ大会の開会式でご挨拶をさせていただいた後、東和労働組合の執行委員会におじゃまして、市政報告をさせていただきました。
その後は、民主党佐賀県連の常任幹事会、NPO団体との意見交換、政治スクールそして、政治スクール終了の懇親会でした。
朝から、予定に追いまくられた1日でした。


11/26(土)
毎年開催されている佐賀市総合防災訓練が久保田町で行われました。参加者は約1200名。
自衛隊、消防なども参加し、本番さながらの訓練でした。
大串博志衆議院議員も駆けつけていました。


11/25(金)
9時から議会運営会委員会が開催され、定例議会の日程について確認を行いました。
12月1日付けでの条例改定が必要なものがあり、その分は12月1日に委員会で審査し、本会議での採決を行います。

議会運営委員会終了後、一般質問の質問順番の抽選が行われました。29人の質問者で私が引いたのは29番・・・。一番最後・・・。早いほうがよかったなとぶつぶつ言っていると、本田議員が、かわってあげてもいいよと言ってくれました。
同じ会派内では交代OKなんです。
ということで19番目に昇格!
12月8日(木)の4番手で14時ごろの登壇となりそうです。

その後は定例議会の議案勉強会。夕方までみっちりと勉強させていただきました。


11/24(木)
午前中に一般質問の通告を済ませました。

午後は佐賀市文化会館で開催された、佐賀市地域づくり研修会に参加しました。
大きな震災があり、地域のつながりが見直されていますが、佐賀市はもともと地域のつながりが強かった地域です。
各地で活躍されている方々の活動を知ることができました。

夜は佐賀市子ども会の体育部長会議に出席、12月4日開催予定のグランドゴルフ大会について最終確認を行いました。


11/23(水)
今日は勤労感謝の日。日頃の疲れを癒して、また明日からの仕事を頑張ろう。そんな方も多かったのではないでしょうか。

前日のお酒が少々残っている中、朝から書類の整理などを行い、午後からはシャツ、ネクタイ、靴などを新調するため妻と買い物に。年末が近いから多くの買い物客で賑わっていました。

週の真ん中の休日。嬉しいよな、調子が狂うような…。


11/22(火)
午前中は中部広域連合の臨時議会が開催され、議長の選挙、委員会の補充を行いました。また、議会終了後は全員協議会が開催され、消防の統合の進捗状況と今後の進め方等について説明を受けました。

午後は福岡で九州電力総連主催の会議に出席。電力総連における政治活動の活性化に向けた方策の最終提言を取りまとめました。特に組織内議員の活動のあり方については、意見を出させていただきました。

夜は佐賀市議会議員と執行部の懇親会が開催され、意見交換を行いました。


11/21(月)
午前中は自治基本条例調査特別委員会が開催されました。
今日の委員会では、検討会議委員の選出方法や議会の関与方法について検討を行いました。
一定の方向性を確認することができたため、検討委員会設置に向けた事務手続きが始まることとなりました。

午後は、交通安全指導員の方から、人員の配置や処遇について相談を受けました。この件は、昨年の3月議会で一般質問を行っていて、その際のやりとり、執行部の考え方も交え対応させていただきました。市内約120名の指導員の皆様の活動には敬意を表します。

今日は、自転車をつかいましたが、寒い一日でした。秋や春と言う季節を感じなくなり、夏と冬だけになったように感じます。


11/20(日)
気持ちいい天気のもとで、循誘ふふさと祭りが行われました。
私は、餅つきの担当で、7:30に循誘小学校に集合して、機材の運搬、準備を済ませ、8:30に餅つきのスタート。
ある程度ついた後は、子供たちが交代でつくという具合で餅つきを進めました。始めて体験する子どもたちも多かったようで、大きな歓声を上げていました。突き上げた餅米は80kg。12:00近くまでかかりました。

文化祭が行われているなどの体育館にもお邪魔して、子どもたちの合唱やなどを楽しませていただきました。


11/19(土)
午前中は資料の整理で終わってしまいました。

午後は、佐賀県電力総連と九電ユニオンの合同役員研修会に参加。
私の持ち時間は15分だったのですが、市議会の仕組み等について話をさせていただきました。
研修会では、内閣府大臣政務官の大串博志衆議院議員も、税と社会保障の一体改革と日本のエネルギー政策の動向について講演されました。

夕方は懇話会。様々なご意見や励ましをいただきました。


11/18(金)
朝から冷たい雨。11月30日から始まる定例議会の一般質問の準備を行いました。
市民の方から相談の電話があり、週明けにお会いすることとしました。
夕方は佐賀鉄工所労働組合の定期総会に出席し挨拶の機会をいただきました。


11/17(木)
民主党政権が発足して、自治体や各種団体から出される陳情・要望等は、全て都道府県連で内容を確認し、ランク付けをして党本部へ送っています。
今日は夕方にその作業を行いました。約1時間半の作業でした。


11/16(水)
次の定例議会は11月30日に始まります。
一般質問の通告締め切りが11月24日17時との連絡が来ました。これまで定例議会では毎回一般質問を行ってきました。今回も一般質問を行うための準備を行っています。
質問の順番は25日に決定しますので、決まり次第活動日記でお知らせします。


11/15(火)
来週開催される自治基本条例調査特別委員会への対応について、会派長と打ち合わせをしました。本来であれば、会派全員で集まって打ち合わせをしたいところですが、時間がつくれませんでした。

18時から赤松公民館で開催された、佐賀城下みず再生委員会に出席。規約の確認と、今後の取り組みを決定しました。

その後、秋の火災予防運動の広報活動に参加。所属する部の消防車で市内をまわりました。


11/14(月)
午前中は自治基本条例調査特別委員会に出席。
佐賀市は自治基本条例の制定を目指していますが、今年9月の定例議会では制定の進め方等について、議論が紛糾し、私を含む一部の議員が予算措置に反対しましたが、結果的には賛成多数で通過しました。
この委員会は、そのような経過を踏まえ、佐賀市が自治基本条例を制定する過程において、議会側の意見を十分に反映していくために設置されたものです。
実質一回目となった委員会では、自治基本条例の考え方、市民の参画にあり方などについて執行部とやり取りをしました。
次回は11月21日に開催されます。

19時からは、大財3区自治会主催の市政懇話会に出席。佐賀市からも建設部長を含む5名が出席しました。
参加者からは、道路整備や河川整備の進捗状況や、高齢者が増え、河川清掃が思うようにいかない、自転車マナーが悪く危険を感じているなどの意見が出されました。


11/13(日)
野田総理がTPP交渉の参加を表明しました。
他の9カ国は大筋の合意に至っていて、これからの交渉参加で、国益になるのか、切り捨てられる産業はないのか、あるとすれば、説明責任と保護をどのように行うのか。このような思いでいっぱいです。
納得できなければ、NOを叩きつける外交能力があるのかも気になるところです。

交渉参加に慎重な国会議員は、交渉参加のための事前協議の段階であり、ほっとしたと語っていましたが、交渉は始まったと思っています。

現実を見て、実のある対応をいていくことが必要ではないでしょうか。


11/12(土)
佐賀県議会議員の政務調査費の使途が問題になっています。
ご本人は領収書がもらえる状況ではなかったため、実際の支出に基づいて領収書を自分で作成した。架空の支出ではないとコメントされていました。

しかし、そもそも選挙区内の会合に金品を持参すること自体が、公職選挙法に抵触すると考えられます。
有権者は公職選挙法をご存知ない場合が多いため、他の議員と比較されることがありますが、議員ははっきりとそのことを伝えていかなければなりません。

また、政務調査とは地方議員が政策を調査研究するための費用ですから、地元の会合にお酒を持っていくのに使ったとういのは適当ではありません。

第二の給与などと言われている政務調査費ですが、使途については、議員が責任を持つことが必要です。

佐賀県議会は一人月30万円の政務調査費が支給されています。
佐賀市議会は一人月5万円です。佐賀市議会では、請求なしで政務調査費の活用状況を見ることが出来ます。


11/11(金)
午前中は出張の整理で過ぎました。
13時から、循誘小学校でこどもたちとグランドゴルフの練習を行いました。12月4日に開催される、佐賀市こども会のグランドゴルフ大会に出場する選手の練習も兼ねています。
夕方は連合佐賀東部地域協議会の総会、レセプションに出席しました。


11/10(木)
今日は札幌市の視察。
札幌市市役所に到着すると、以前東京で一緒に仕事をしていた、北海道電力出身の小川直人札幌市議が出迎えてくれました。一年振りの再会でした。
視察項目は、札幌市みどりの基本計画。
北海道、札幌は緑が多いというイメージがありますが、政令指定都市の中では緑化率が低いとのこと。
また、札幌市における公園緑地整備管理予算、はピーク時の平成8年度の約240億円に対し、22年度約90億円に激減しています。
そこで今年、「札幌みどりの基本計画」を改定し、市民との協働をベースに、民有地の緑もを含めた多様な緑を保全・創出していくこととしています。

21時過ぎに自宅に到着。久しぶりにゆっくりと我が家の風呂に入り、妻の手料理を堪能しました。


11/9(水)
市立函館病院の地域連携医療の実態について視察を行いました。医療機関、福祉機関の連携で、患者の負担軽減や医療費の削減に寄与できる現状を見ることが出来ました。
佐賀県でも同様の取り組みが始まっていますが、より多くの医療機関、福祉機関が参加する条件を整備する必要性を感じました。


11/8(火)
民主党地方自治体議員フォーラム 2日目は、2つの分科会が行なわれ、私は日本のエネルギーシステム分科会に参加しました。東京工業大学の柏木教授は、震災後の原子力政策について、「推進と反対の二極論ではなく、日本がどのような国のかたちを目指すのかはっきりと示し、国民的合意を得なければならない。その責任は、国会はもちろん、地方自治体の議員にある」と語りました。現実的で、明快で非常にためになる分科会でした。

その後、羽田から函館壁移動しました。明日は函館市の視察です。


11/7(月)
今日から2日間の日程で、民主党地方自治体議員フォームがはじまりました。
初日の今日は前原政調会長がマニフェストの中間報告を行った後、岩手、宮城、福島の地方議員が震災時の対応と、今後の取り組みについてパネルディスカッションを行いました。議員として、もしもの備えをどうすべきか再考する機会となりました。
夜は参加者によるレセプションが開催され、細野大臣、野田総理も参加されました。


11/6(日)
朝起きた時は雨が降ってなかったので、7時からの消防器具点検は予定通りと思い、朝刊に目を通していると、6時過ぎから大雨に。結局、器具点検は中止になりました。

その後、佐賀空港から東京へ。明日からの民主党地方自治体議員フォームに臨みます。


11/5(土)
11時から東与賀の干潟よか公園で行われた、シチメンソウまつりの開会式に出席しました。あいにくの雨でしたが、多くの参加者で賑わっていました。
シチメンソウは九州を代表する塩生植物で、11月には葉全体が赤く色づくことから、海の紅葉とも言われています。
このシチメンソウを守るためには、多くのボランティアの方が携わっていらっしゃいます。


11/4(金)
朝8時45から松原神社の秋の骨董市のオープニングイベントに出席し、すぐに議会へ。会派での調整のあと臨時議会が再開し、委員会構成が決定しました。
私は、以下の委員会に所属することとなりました。
・経済産業委員会
・議会運営委員会
・自治基本条例対策調査特別委員会
また、中部広域連合議会議員、都市計画審議会委員にも就任しました。


11/3(木)
今日は久しぶりに完全オフの日でした。朝から趣味の仲間と出掛け、リフレッシュで来た一日でした。
また明日から頑張ります。


11/2(水)
今日から佐賀インターナショナルバルーンフェスタがはじまりました。朝7時から嘉瀬川河川敷の競技会場で開催された開会式に市議団として出席しました。
午後は昨日に引き続き、委員会構成などの調整が断続的に行なわれました。私たちが待機している間、会派長が各会派との調整を行っていただきました。相当遅くなることが想定されていましたが、19時前には調整が終了しました。

19時半からは、バルーンフェスタの歓迎レセプションがマリトピアで開催され、パイロット、クルー、スタッフ、ボランティアなどが参加されました。


11/1(火)
今日は臨時議会の開会日。臨時議会では、正副議長や委員会構成、委員会の正副委員長などが決定されます。
開会日の今日は、正副議長の選挙が行われました。
その後は委員会構成、正副委員長の調整が断続的に行われました。

18時から、ライトファンタジーの点灯式のパレード二議員団として参加。バルーンフェスタの前夜祭でもあり、おおいに盛り上がりました。
いよいよ、晩秋の佐賀平野を彩る佐賀インターナショナルバルーンフェスタが始まります!


10/31(月)
先週後半は少々体調が悪かったのですが、今週の始まりは体調もすっかり戻りました。
朝は、道路整備関係の打ち合わせを行った後、佐賀駅周辺をまわりました。これで、議会だよりの配付を全て終了しました。なんとか間に合いました。

正午から、グランデはがくれで開催された、大財二区自治会主催の長寿・敬老祝賀の集いに出席させていただき、ご挨拶の機会をいただきました。

午後は、議会で会派打ち合わせ、議会運営委員会に代理出席、議案勉強会、議会広報調査特別委員会と会議が続きました。

その後は、1日開会の臨時議会にむけて、断続的に様々な調整が行なわれたため控え室で待機していましたが、21時過ぎには解除となりました。


10/30(日)
朝から本降りの雨。
予定していた外出を諦め、倉庫の整理や書類の整理、パソコン内のデータの整理を行いました。

TPP交渉参加の是非をめぐる議論が活発化しています。
国を積極的に開いていくことはやぶさかではないと思うのですが、省庁の試算があまりにも違いすぎることや、一部産業が大きな影響を受けることを考えれば、まだまだ、国民的議論が十分ではないと言わざるをえません。


10/29(土)
昨日風邪気味で、早めに就寝したものの、少々体が痛い。とはいえ、昨日に比べればかなり回復した模様。

8:30から佐賀市立城東中学校の文化発表会にお邪魔しました。勇壮な太鼓演奏が終わったところで、残念ながら失礼させていただき、作業服に着替えて、循誘小学校で行なわれている子ども会の収穫祭に参加。今年五月に子どもたちと植えたサツマイモが大豊作でした。収穫したサツマイモは、焼き芋、天ぷら、豚汁、いきなり団子に料理してみんなで美味しくいただきました。

午後は、ツインスター労働組合第50回定期大会に出席させていただき、ご挨拶の機会をいただきました。
また、50回の大会を記念して開催された祝賀会にも出席させていただきました。

朝から行事掛け持ちでしたが、多くの触れ合いをいただいた一日でした。


10/28日(金)
朝から雨模様の中、諸富、川副方面をまわりました。
夕方ぐらいになって、何か体調がすぐれず、体の節々がちょっと痛む。…まずい風邪か?ということで、軽めの夕食を済ませて薬をのんで、早めに就寝しました。


10月27日(木)
今日は佐賀市の南部方面にお邪魔しました。
稲刈りが急ピッチで進んでいるのを見て、バルーンフェスタが近づいていることを実感しました。でも、こんな感覚は佐賀市民特有のものかも知れません。
来週から臨時議会、その後は出張で、議会だよりを持ってまわる時間が十分取れるかどうか不安でしたが、なんとか目処がつきそうです。
文句ひとつ言わず、どちらかというと率先してドライバーをしてくれている妻に感謝です。


10月26日(水)
今日は気持ちのいい天気の中、新栄、日新、本庄、久保田方面をまわりました。
まだまだ訪問する所は残っていましたが、14時から千綿会派長と臨時議会に向けた打ち合わせを行い、その後夜の市政報告会の資料の最終チェックを行いました。

19時からは、地元の皆さまのを対象とした市政報告会を循誘公民館で開催させていただきました。
参加者は18名でした。また、多くの意見を出していただきました。皆さまにお礼を申し上げます。
この市政報告会ははじめて開催させていただきましたが、今後も定例議会終了後に定期的に開催していきます。


10月25日(火)
大和、高木瀬、兵庫の訪問に一日をかけました。
毎定例議会ごとに議会だよりを作成し、後援会、支援者の皆さまのところをまわっているのですが、今回は定例議会会期が長かったのと、臨時議会や視察などが入るため、時間的に非常に厳しくなっています。
それでも今回が8回目なので、当初よりは随分効率的にまわることができるようになりました。
今週中にある程度の目処がつくように頑張ります。


10/24(月)
5時半ごろ起床して朝食をとった後、原稿書きと、書類の整理、郵送物のチェックを済ませて8時過ぎに自宅を出発。

事務所でメールのチェックを済ませたのち、10時から開催された総務委員研究会に出席しました。研究会とは、当面の課題や現在の検討状況について、執行部からの説明を受ける必要があると委員長が判断した場合に開催されるものです。
今日の案件は4件でしたが、そのうち1件について説明が不十分ということで、あらためて後日研究会が開かれることになりました。

午後は、議会広報調査特別委員会に出席。今回の担当は写真班で、議会だより用の写真撮影のため佐賀市内をまわりました。議会だよりは11月中旬には完成し、佐賀市内の全世帯に配布されます。今回は編集後記も担当しましたので、ぜひご覧ください。

夜は、地元で、街づくりやこどもたちのためにがんばっていらっしゃる方と懇談させていただきました。これまでの実績や熱い想いに聴き入った時間でした。


10/23(日)
今日は地元牛嶋天満宮の秋の例大祭でした。
神事に参加した後は、子どもたちによる綱引き大会の開会式で挨拶をさせていただき、エールを贈りました。
また、手作りの出店や、葉隠太鼓の演奏もあり、地元の方々と触れ合う事のできた気持ちのいい秋の一日でした。


10/22(土)
昨日の祝勝会の余韻が残る朝。
妻の運転で朝8時半ごろに家を出発して、大和町、富士町方面に議会だよりを持ってまわりました。

午後は民主党佐賀県連の常任幹事会に出席。3国会議員も出席し、国政について報告を受けるとともに、当面の取り組みを確認しました。

夜は妻の兄弟とその友だちとのホームパーティーで盛り上がりました。


10月21日(金)
佐賀市は朝から雨。議員野球大会は中止かなと思っていると、予定どおり開催との連絡。開催地の鳥栖市に到着すると曇り空でしたが、いつ降り出してもおかしくない空模様。
佐賀市は強豪ぞろいのAパートで、初戦は昨年優勝の神埼市でしたが、投打が噛み合い、12対1で完勝。しかし、Aパート6チームが一試合づつを終えたところで雨が強くなり競技は中心となったため急遽監督会議が開催されました。
その結果、一試合目の成績で順位を決める事となり、佐賀市が優勝!20年ぶりの優勝旗奪還でした。
優秀選手にも選ばれ、楽しい一日でした。


10/20(木)
朝7時に自宅を出発して、玄海町、唐津市、武雄市、鹿島市の職場を訪問してきました。議会だよりを手渡して、意見交換をしてきました。佐賀市政に直接関係のない地区ですが、政治に関する認識は同じで、今後の活動に生かすべきことを吸収してきました。佐賀に戻ったのは15:30ごろで、走行距離は198km。

その後、iPhone4sの予約をしてきました。今月中には届くようです。

お知らせ
議会報告会を以下の要領でおこないましす。
皆さまのお越しをお待ちしています。

日時 平成23年10月26日(水)19:00〜 一時間程度
場所 循誘公民館


10/19(水)
実家の杵島郡白石町(旧有明町)にある稲佐神社では、毎年10月19日に秋の大祭「おくんち」が行われ、獅子舞や流鏑馬などで賑わいます。
私の実家の地区はお神輿を担ぐ担当なのですが、今年は担ぎ手が少ないとの事で、応援に行ってきました。
このお神輿の下を二回くぐるとご利益があるとの事で、多くの参拝客が我先に潜られました。
夕方には実家の前の公民館で打ち上げがあり、久しぶりに地元の方と懇談しました。
佐賀市内に勤務している方も多く、佐賀市政や政治の件についての話も盛り上がりました。
高校を卒業して以来実家を離れていますが、小さい頃楽しみにしていたお祭りに参加して、地元の方と触れ合えた一日でした。


10/18(火)
佐賀市議会議員には、一人あたり月額5万円の政務調査費の支出が認められています。議員は、その使途について、公金としての認識をしっかりと持っていますが、支出の一部について、「市民の理解が得られない」として、市民オンブズマン連絡会議から指摘を受けました。
その指摘に対しての見解(反論)を、午前中に会派として取りまとめました。
個人的に一言だけ言わせてもらえれば、政務調査費があるからといっいって、何か必要の無い物に支出をしている訳ではありません。その説明責任はきっちりと果たします。政務調査費を議員特権と見る事自体に違和感を感じます。


10/17(月)
10時から議会広報調査特別委員会が開催されました。
委員会が始まる直前、会議室の前を多勢の子どもたちが通り過ぎました。何事かと思って聞くと、開成小学校の六年生が議会の見学に来られたとのこと。急遽、見学風系の取材を行いました。子どもの頃から議会を身近に感じてもらうのはいいことです。
委員会では議会として発行する9月議会の議会だよりの原稿点検を行いました。発行は11月になります。

午後は私の議会だよりを配ってまわりました。
地元自治会、商工会、支援者、支援組織などを訪問しました。
約4時間かかりましたが、まだまだ多くの方への訪問が残っていますので、一日でも早くまわれるよう頑張ります。


10/16(日)
佐賀市消防団中央分団の訓練が9時から勧興小学校で開催され、六部の団員として参加しました。ポンプ操作やホースの取り扱いについての訓練でした。
順調に進んでいた訓練でした、10時前に市内で火災発生。指導に当たっていた佐賀消防局の団員が、そこから出動。また、現場が中央分団の管轄内だったことから、訓練に参加していた10部の団員も現場に出動しました。
火災は大事に至らず、ほっとしましたが、その後訓練再開。出動した後の訓練だけに、全員真剣に訓練を行いました。

夜は趣味の仲間との懇親会に参加。楽しいひと時を過ごしました。


10/15(土)
朝から地元自治会の河川清掃に夫婦で参加しました。
約一時間で作業は終了しましたが、見違えるようにきれいになりました。
この河川清掃は春と秋の二回、市内各地で「川を愛する週間」として市民の皆さまの協力で行われていて、22年度には、述べ9万人以上の方が参加されています。
街をきれいにするのは、行政だけではできません。市民の皆さまの活動が支えていることをあらためて実感しました。

夕方は野球の練習でした。いい汗流しました。17日は練習試合で、21日の大会本番に臨みます。


10/14(金)
今日、議会だより8号が出来上がりました。
仕分けをすませ、ポスティングをお願いする分を業者に納入してきました。来週から、配付を行います。今回からデザインを変えて見ましたので、皆さまの感想をいただければ幸いです。

夕方は、九電ユニオン4分会合同の、議会報告会を開催していただきました。約100名の方に参加していただき、9月議会の報告や意見交換をさせていただきました。
参加の呼びかけや、準備、設営を行っていただいた役員の皆さま。そして参加していただいた皆さま、本当にありがとうございました。


10/13(木)
厚生年金の支給開始年齢の引き上げが議論されています。民主党はマニフェストで、年金の一元化を含む抜本的な見直しを掲げていましたが、ほど遠い状況のようです。

定年60歳で仮に68歳まで引き上げられた場合、その間はどのように生活すればいいのか。いや、それぐらいの悩みはまだいい方かも。失業率は5%台で高止まり、非正規雇用は40%。目の前さえわからない人たちも大勢います。

政治の責任は、国民に明確なメッセージを発信していくこと。財源がないのなら、まず、国会議員の定数の削減を削減して、国民にも負担をお願いすることが必要です。

ところで、今日書店で来年のカレンダーと年賀状作成本を見ました。もっと以前からあったのかもしれませんが、あっと言う間に年の瀬がやってくるのでしょうね。


10/12(水)
佐賀市表彰式がエスプラッツで開催され、28名と2団体が表彰されました。市政の発展に貢献し、市民に夢と希望を与えた方や団体に贈られるものです。
今年は、自治会活動を長年続けてこられた方や、全国大会で優勝した諸富中学校野球部、佐賀女子高校新体操部、世界大会で優勝した佐賀学園水泳部の日高さんなどに、賞状と記念品が手渡されました。
表彰者を代表して、循誘校区の東佐賀町前自治会長の佐藤弘之さんは、「このような賞をいただいて正直戸惑っている。辛いこともあったが、これからも市政の発展に寄与していきたい」と挨拶をされました。


10/11(火)
九電ユニオンのOBの皆さまで組織される、九電ユニオン友の会総会に出席しました。入社以来お世話になっている先輩もいらっしゃって、懇親会では楽しく懇談ささせていただきました。
最高齢の方は93歳の先輩でしたが、矍鑠(かくしゃく)とされていて、市政のことや政局について話をさせていただきました。

その後は地元の方とまちづくりについて意見交換をさせていただきました。


10/10(月)
佐賀市内の河川に流れ込む水量を確保して、水辺の環境を守ろうという、市民による委員会が立ち上げれました。午前10時から開催された会合には、呼びかけ人の原田彰さんや自治会の会長、県議会議員、佐賀市議会議員が参加し、今後の取り組みについて確認しました。
私も、これまで一般質問で環境用水のことをを取り上げてきましたし、街づくりには欠かせないことです。

今後の取り組みについては、適宜お知らせします。


10/9(日)
今日は循誘校区民運動会でした。
つかれました…。でも、本当に楽しかった!

川崎稔参議院議員は地元牛島町で競技に参加されてました。
また、原口一博衆議院議員も、激励に見えていました。

まちづくりの原点は、人と人との繋がり。
準備、競技、後片付け、反省会。あらゆる場面を通して、再確認した一日でした。


10/8(土)
午前中は議会報告会の資料作り。

午後は、明日開催される循誘校区民運動会の準備に行ってきました。

夕方は10/21に開催される議員野球大会の優勝に向けた練習でした。日頃の運動不足を感じます。

三連休、天気良さそうです。


10/7(金)
昨日議会は終了しました。今回は会期が長かったので、終了後すぐに議会だよりを発行出来るように準備を進めていました。
昨晩、原稿の最終チェックを行い、午前中に入稿を済ませました。

午後は、福岡の九州電力総連で開催された「政治活動全般における活性化策検討委員会」に出席。8月に続いて2回目の開催となったこの会議では、前回の会議でのフリーディスカッションを踏まえ、取りまとめの方向性を確認し、論点の整理を行いました。
11月末にはまとめを行う予定になっています。

17:30ごろに会議は終了。すぐに佐賀に戻り、19時ごろから9日に開催される循誘校区民運動会の賞品づくり。これがけっこう大変で、作業が終了したのが21時過ぎでした。

お知らせ
議会報告会を以下の要領でおこないます。
皆さまのお越しをお待ちしています。

日時 平成23年10月26日(水)19:00〜 一時間程度
場所 循誘公民館


10/6(木)
今日で定例議会が終わりました。
今回の議会では決算審査も行ったため、会期も長くなりました。

最終日の今日は、追加議案の審査や特別委員会の報告などがあったため、議会が終了したのは18:30過ぎでした。

本会議では補正予算の修正を求めて討論を行いましたが、賛成少数で原案通り可決成立しました。

詳細については後日発行の議会便りでお知らせします。

お知らせ
議会報告会を以下の要領でおこないます。
皆さまのお越しをお待ちしています。

日時 平成23年10月26日(水)19:00〜 一時間程度
場所 循誘公民館


10/5(水)
午前中は原稿の執筆。
午後は毎年開催されている市町村行政講演会に参加しました。
講師は関西学院大学経済学部教授で経済学博士の林宜嗣氏。
地域主権改革がなかなか進まない理由と、その解決について講演をいただきました。

夜は総務委員会の皆さんと懇親会でした。

ところで
昨日の新聞で、伊万里市の職員が勤務時間中に議員野球の手伝いをしていた事が報じられました。
野球大会には佐賀市も参加しますし、議会事務局の方々も手伝いにこられます。ただし、佐賀市の場合は休暇をとってこられます。
当然の事だと思っていたのですが、慣習というのは自分たちではわからないのでしょうね。


10/4(火)
今日は朝7時から市議会野球部の練習でした。久しぶりの野球でなかなか感覚を取り戻すのが難しいのですが、10月21日の大会本番に向けてまだまだ練習が続きます。

練習後は、議会で調べ物をして、議会だよりの作成。今回は議会日程が長いので、閉会翌日には入稿出来るように準備を進めています。

明日まで休会日で、あさって6日が閉会日です。


10/3(月)
今日は、資料整理、原稿づくりで一日が終わりました。
いろんな方とやりとりもしましたが、思いを伝える事の難しさを感じた次第です。
明日は早朝から議員野球大会に向けた早朝練習です。


10/2(日)
今日は朝8:00から消防団の消防器具点検でした。
とは言っても私自身は、当面の消防団活動の打ち合わせを行って、そのまま地元の循誘小学校の運動会に出席させていただきました。

先日完成した体育館の工事用の通路の関係で、少々狭い運動場でしたが、多くの保護者や地元の方で応援席はあふれていました。

今年の運動会のスローガ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional