佐賀市議会議員 国民民主 山下 しんじ

平成24年度

山下しんじの活動日記


3/31(日)
民主党佐賀県連の定期大会を開催しました。
本部からの来賓は細野幹事長。
力強いあいさつをいただきました。
細野幹事長はあいさつ後、連合佐賀との意見交換会に出席。私も進行役として、大会を抜けて意見交換会に出席しました。
連合からは厳しいご意見をいただきましたが、細野幹事長はひとつひとつに丁寧に、真摯に答えていただきました。
なお、本大会で民主党佐賀県連の事務局長に就任しました。


3/30(土)
朝からいい天気で、公式日程なしの一日。
久しぶりに家族で福岡へ出かけました。
リフレッシュできた一日でした。


3/29(金)
午前中、打ち合わせをし、地元の方から相談を受けた件で現場の確認と、関係部所へのお願いを済ませました。
午後は事務所に山積みになっていた書類の整理。しっかり整理するとびっくりするぐらい不要な書類が出てきます。
さて、いよいよプロ野球が開幕しました。
熱い戦いにきたいです。


3/28(木)
9時30分から自治基本条例調査特別委員会が開かれました。
自治基本条例の検討を行っている検討会議の提言が、4月2日に市長に提出されるとのことで、6月議会に条例案が上程されるとの説明を受けました。
しかし委員からは、本来9月上程予定だったものを6月前倒しする反面、市民への事前説明の時間が十分確保できないため、施行後の説明に重きを置くとの考えに異論が出されました。
自治基本条例は市民、団体、企業にまちづくりの責務を負うことを課していますので、事前説明は丁寧に行うべきです。
かと言って、全ての市民団体、企業へ事前説明を行うことも不可能ですから、上程までにどれくらい本腰を入れて佐賀市が説明会を行うのか、しっかりと見て行く必要があります。


3/27(水)
昨年の衆議院選挙の選挙無効の判決が出ました。
違憲、もしくは違憲状態とは全く意味の違う判決です。
「違憲状態にはあるが、裁判をおこされても選挙無効になることはありえないと」と国会議員は口をそろえておっしゃってました。
国会もにわかに動き出し、0増5減を先行する動きが出ていますが、昨年の解散前の野田総理(当時)と安倍総裁との党首討論での約束は大幅な定数削減です。
司法の判断を逆手にとって、大幅減は先送りなんてことになってはいけません。


3/26(火)
議会だよりの入稿が終わりました。
ひと段落つきましたが、4月からの訪問活動に備えての準備もしなければなりませんし、やることは山積みです。
ひとつひとつ取り組んでいくしかありません。


3/25(月)
議会だよりの原稿が完成しました。
明日入稿の予定です。
17時から、民主党のウェブ会議に参加しました。本部とすべての都道府県連を繋ぎ、テレビ会議方式での政策勉強会です。
本部が地方の声を聴いていないという指摘を受け、2週間前からはじまり今回で3回目でした。
本部からのプレゼンの後、各県連連から意見や提言を行う形で約2時行われました。
桜井政調会長はフルで参加されました。有意義な会議でした


3/24(日)
事務所で書類の整理を行った後、大財商工会の毎年恒例のごみ拾いのボランティア。約1時間半作業を行いました。
それにしてもたばこのポイ捨てが多いこと。
皆さんポイ捨ては絶対にやめましょう。
午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。
3月31日の県連大会に提案する運動方針を確認しました。
参議院選挙への対応も議題となりましたが、県連大会での候補予定者の決定は難しそうです。


3/23(土)
議会だより作成。
また今日は、後援会事務所に九電ユニオンの組合員がボランティアに来ていただきました。
皆さんのご協力には頭がさがります。


3/22(金)
定例議会も終わり、議会だよりの作成。
次回の定例議会は6月3日開会予定。
支援者の皆さまへの訪問活動や市政報告会を行うと、あっという間に次回の定例議会を迎えることになります。


3/21(木)
定例議会最終日。
常任委員会での審査内容の報告の後、採決が行われ執行部提案通り可決しました。
意見書の採択では2件の賛否がわかれ、2件とも不採択。残り2件は全会一致で可決となりました。
その後、職場のみなさんへ議会終了の報告。
夕刻は、昨日終了した佐賀城下ひなまつりのために、地元の皆さんが飾った短冊や提灯を撤収しました。
華やかな佐賀城下ひなまつりも多くのボランティアの皆さんの力に支えれれています。


3/20(水)
佐賀城下ひなまつり最終日。
会場内を散策しました。天気もなんとかもって多くの観光客で賑わいました。


3/19(火)
佐賀市立循誘小学校の卒業式。
中学校の卒業式とは少し違い、和やかな雰囲気でした。
小学校では最年長で、堂々としていますが、来月には真新しい制服に身を包んで新一年生として緊張の中で中学校の入学式を迎えます。

後援会事務所にネット環境が整いました。これからここで本格的に業務ができます。


3/18(月)
定例議会も今週で閉会。
閉会日の議事順序、意見書取扱いを議会運営委員会で確認しました。
4件の意見書のうち2件は全会一致ですが、残る2件は賛否が分かれました。「原発再稼働を行わないよう強く求める意見書」に関しては、我が市民ネットの千綿代表が、議会閉会日の21日に、本会議場で反対討論を行います。
午後は、政務活動費担当者会議。何かと問題視される政務活動費なので誤解や疑念がもたれないよう事務処理を進めます。


3/17(日)
消防団機械器具点検を済ませ、議会だよりの作成。
しかし、なかなか進みません。こんな時は気分転換にと、久しぶりに妻と行きつけの福岡のショップへ。
先日届いたダイレクトメールの割引を活用して、以前から欲しかった物をお得に買い物。いい気分転換になりました。


3/16(土)
議会中は書類がたまります。たまった書類の整理と、議会だより作成に取り掛かりました。
夜は循誘子ども会の役員会。今年度の活動について総括を行い、来年度の行事を確認しました。子どもたちが少なくなる中、活動の充実を図り、子どもたちがのびのびと元気に成長する地域をつくる。
難しい課題ですが、知恵を出し合いがら頑張っていきます。


3/15(金)
午前中は地元佐賀市立城東中学校の卒業式に出席させていただきました。わが子の卒業式はあまり出たことはないのですが、議員になって4年間毎年出席させていただいています。卒業生の合唱、そして退場の際の担任へのお礼の言葉の場面では、必ず涙ぐんでしまいます。
中学校の3年間は一番つらく、楽しく、厳しく、最も多感な時期を過ごしてきたのだろうと、自分が中学生だったころを思い出します。
卒業生のみなさんの今後の幸せを祈ります。
卒業式を終えた後、QANのメンバー3名が議会見学に来られるためすぐに議会へ。議長との対話の後、議場や委員会室を見学してもらいました。若い方に政治に関心を持ってもらうことは大切なことです。
その後、13時30分から、常任委員会のまとめと採決が行われ、全ての議案について、執行部提案通り承認しました。
夜は地元体育協会の役員会。来年度の行事日程を確認しました。


3/14(木)
常任委員会で、農林水産部所管の審査。
森林・林業再生は佐賀市における喫緊の課題です。
海外産と比べて割高な国産、県産、市産材の市場をどう拡大し、林業を再生していくのか。様々な意見が出されました。


3/13(水)
今日から常任委員会。
私が所属する経済産業委員会は、交通局、経済部、農林水産部所管の議案を審査します。新年度の事業について様々な意見が出されました。
特に新規事業となる、バルーンミュージアムの整備、恵比須ステーションの設置については、その目的と効果、各種団体への支援との連携、支援のあり方については建設的な意見が出されました。

それにしても暖かい一日でした。東京では寒暖の差が激しいようです。異常気象とも言える状況。何が原因なのか言及するマスコミは見当たりません。


3/12(火)
一般質問最終日。
30番目で登壇しました。
街なか再生、河川水量、自殺対策について質問しました。
いづれも、今回の質問だけで答えが出るものではなく引き続き対応していきます。
その後、提出議案に対する議案質疑。6名が質疑を行いました。
本会議終了後は、25年度一般会計歳入の合同審査。2時間程度で終了しました。


3/11(月)
9時から議会運営委員会。一般質問での発言を取り消す申し出が確認されました。
東日本大震災から2年。
佐賀市議会本会議場の国旗・市旗は弔旗、震災発生時刻の14時46分には黙祷をささげました。


3/10(日)
循誘体協のグランドゴルフ大会。
設営の準備、表彰の準備を済ませ試合開始。
役員として参加していますので、協議には参加しません。したがって前半終了後と試合終了後のスコアカードの集計に追われます。
個人賞の場合、同スコアになることは珍しくないのですが、その場合、ホールインワンの数が多い方、それでも同じ場合2打の多い順となるのですが、3打の数まで全く同じでした。結局同率4が2名となりました。


3/9(土)
佐賀県電力総連の執行委員会に出席させていただきご挨拶の機会をいただきました。
先行きが見えない厳しい状況ですが、一致団結して難局を乗り切っていかなければなりません。
夜は、先日唐津市議会議員を勇退された正田たかよしさんの感謝の集い。今だから話せること。盛り上がりました。


3/8(金)
一般質問が続いています。
5名が質問に立ちました。
来週には一般質問が終わり、25年度の予算審査、条例審査に入ります。一般質問の準備を進めながら、資料の読み込みも行います。


3/7(木)
本日も5名が一般質問。
夜は春の火災予防習慣の夜間警戒の当番。
昨日火災が発生しているだけに、アナウンスの声にも力が入ります。
夜警終了後は当面の消防団の活動の打ち合わせを行い家に着いたのが22時過ぎ。このところ寝不足につき早めの就寝。


3/6(水)
朝一で建設部のヒアリング。
本日も5名が一般質問を行いました。
議会終了後は自宅で原稿の整理。
しかし、21時過ぎに火災発生のメール。
直ちに出動し、後方支援で放水を行いましたが、2棟が全焼。
けが人がいなかったのが幸いでした。
空気が乾燥しています。火の元にはくれぐれもご注意を


3/5(火)
朝一で経済部、企画調整部のヒアリング。
本日は5名が一般質問を行いました。


3/4(月)
民主党佐賀県連の常任幹事会の新聞記事を見て数名の方から電話が。
いずれにしても党再生に向けた第一歩としなければなりません。
佐賀市議会は今日から一般質問が始まりました。
一般質問を行うのは30名で私の出番は30番目。3月12日10時に登壇の予定です。


3/3(日)
佐賀市消防団中部方面隊の放水競技大会が開催されました。
一か月に及ぶ厳しい訓練を経て、15チームが技術と精神力を競い合いました。緊張感あふれる動作には市民の安全・安心を支える消防団のスピリットがあふれていました。
とは言っても他人事ではなく、自分自身も消防団員として日ごろから地域の安全・安心につとめなければなりませんし、来年は所属する部が競技大会に出場します。年明けから厳しい訓練がはじまります。
午後は、民主党佐賀県連の常任幹事会。
民主党に離党届を出した参議院議員に対しては厳しい意見が出され、県連副代表、常任幹事を解任したうえで、除籍、辞任勧告を行うこととなりました。県連としては最も重い処分と言えます。
今年夏の参議院議員選挙の候補者選定も難航しています。
党再生と言いますが、それは何のためなのか。党利党略、ましてや自己保身のためでは、国民からの信頼を回復することはできません。


3/2(土)

連合佐賀春闘総決起集会が開催され、連合議員懇談会のメンバーとして出席させていただきました。
政権が交代して円安が進み株価が上がっています。経済の先行きにも期待の雰囲気が高まっていますが、GDPの6割を占める個人消費のマインドを高めていくためには、労働者に適正な配分がなされなければなりません。
首相も先日経済界に対して春闘での賃上げを要請しました。異例のことです。労使自治を基本にしっかりと交渉をしていただきたいと思います。
その後、九電ユニオン二年目組合員研修で講演をさせていただきました。電気事業がおかれた現状は身にしみて感じていらっしゃいます。その状況を乗り切るために政治が果たす役割についてお話しさせていただきました。
夕方は大財商工会の地区懇談会。40名近い方にご出席いただき、意見交換をさせていただきました。


3/1(金)
次女の高校の卒業式。
労働組合の役員を長くやっていたため、春闘の最大の山場となるこの時期は時間がつくれず、長女、次女とも入園式、入学式、卒園式、卒業式に出席したことが一回もありませんでした。
次女が代表で卒業証書を受け取るということで出席してきました。
子どもの成長は早いものです。


2/28(木)
議会の準備を進めながら、市政相談も受けます。
休会とはいえゆっくりはできません。
民主党参議院議員が離党した問題についても、支援団体の方から電話が入ります。私自身も何も説明を受けていませんので何とも申し上げようがありあせん。ただただひたすらにお詫びをするだけです。
やるせないです。


2/27(水)
先議分の常任委員会が午前中で終了。採決まで終了しました。
午後は議会運営委員会で再開後の議事日程について協議しました。
今年は、参議院議員選挙と佐賀市議会議員選挙があります。組織内で当面の日程について協議を行いました。
あっという間に時間は過ぎます。計画的に準備を進めていかなければなりません。


2/26(火)
朝いちで教育委員会のヒアリング。
10時に2月定例議会が開会しました。会期は21日まで、一般質問は30人です。
本会議は午前中で終了し、県庁へ政治資金の収支報告書を提出してきました。今回も一発で受理していただきました。
夜は、大財商工振興会青年部の定例会。様々な意見交換をさせていただきました。


2/25(月)
議案勉強会が午前中で終了。議案勉強会に2日半かかりました。
午後は全員協議会。
佐賀市職員によるごみの不法投棄問題と指定管理者の不正会計についてです。
職員の規範意識の欠如と性善説に基づく監視の不徹底が原因です。
組織体制に問題があったことは間違いありませんが、意図的に不正を行ったと思われる個人の責任ははっきりしませんでした。


2/24(日)
火災が多発しています。
今日も佐賀市、神埼で5件の火災発生のメールが入りました。
火の元には十分ご注意ください。
夕方は佐賀市主催のサガン鳥栖激励会が開催されました。
J1昇格後最高位となる5位の成績を残したサガン鳥栖の今年の活躍を応援しようと多くの方が参加されました。
私たちのテーブルにはキャプテンの藤田選手が来てくれました。
今年もサガン鳥栖らしい戦いを期待します。


2/23(土)
九電ユニオン佐賀支部新入組合員研修で講演させていただきました。
私自身もこの研修は受けていますが、当時私が政治に対してどれほどの知識と関心があったか、全く記憶がないため話す内容については相当悩みました。あとでアンケートの結果を見て反省すべきは反省して来週の2年目組合員研修に臨みます。


2/22(金)
民主党の参議院議員2名が離党届け提出。
いろんな方から経緯を聞かれますが、私たちにも説明があっていませんので何とも返答のしようがありません。
政治家の出処進退は自分自身が決める事といわれますが、投票していただいた方、応援していただいた方が納得できるよう説明することは必要です。
政党にとらわれずという言葉は、党に所属して党務も一生懸命にやっている(つもり…)の私にとって、はがゆく悲しい言葉です。
割り切るしかありませんが、何ともやるせない。

議会では朔日に引き続き25年度予算を中心に議案勉強会。
2日連続で朝から夕方まで数字とにらめっこでした。


2/21(木)
9時から議会運営委員会が開催され、2月定例議会の会期を2月26日から3月21日までの24日間とすることに決定しました。議会モード突入です。
その後一般質問順の抽選が行われました。今回一般質問を行うのは30名で私の質問順は何と30番。3月12日の登壇です。


2/20(水)
午前中のうちに一般質問の通告を済ませました。
質問項目は三点です。
午後は、都市計画審議会が開催されました。
議題は、大和地区公共下水道計画の変更と、藤木西地区の地区計画の決定についてでした。どちらも地元周辺の方々の関心も高く、多くの方が傍聴されました。
両議題とも昨年、都市計画審議会のメンバーで現地視察を実施した場所で、審議も順調に進みました。ただし、道路の開通や拡張、接続がその後の交通量にどのよな影響を与え、どのような渋滞、危険を誘発するかは事前にシミュレーションすることは出来ず、従前から周辺に住まわれている方は不安を抱えていらっしゃいます。
この点については、佐賀市、市議会として対応して行く必要があります。


2/19(火)
東日本大震災以降電力業界に対する風当たりが相当強くなっています。
現場で働く組合員の現状と苦労を少しでも知ってもらおうと、県選出の原口一博衆議院議員、大串博志衆議院議員、川崎稔参議院議員の事務所と民主党佐賀県連を訪問させていただきました。


2/18(月)
今週末に九電ユニオンの1年目組合員研修が行われます。
その中で1時間講演の時間をいただきました。
県内各地から集まりますので、佐賀市政の話をしてもあまりピンと来ないと思いますので、政治全般について講演を行おうと準備を進めています。パワーポイントを利用してになりますが、自分自身が1年目組合員だった頃、どれほどの知識があったか全く記憶にありません。噛み砕きすぎてもいけないし、難しくなってもいけないし、頭を悩ませながら資料作成を行いました。


2/17(日)
消防団の機械器具点検を済ませそのまま循誘体協のミニバレーボール大会のお手伝いに。設営、準備を済ませ開会式に入った途端、火災発生のメールが入り直ちに出動しました。幸い大事には至りませんでしたが火の元には十分ご注意を。
ミニバレーボールに戻りましたが、午後のシンポジウムのため途中で失礼させていただきました。
午後のシンポジウムはこれからのまちづくりを考えるがシンポジウム。
現在佐賀市では市民会議を立ち上げ、自治基本条例の検討が行われていることから、条例の意義と検討会議の状況について報告を受けました。
3月には条例の素案が市長に報告されますが、その後の議論は議会に移ります。自治基本条例調査特別委員会の委員として対応していくことになります。


2/16(土)
佐賀城下ひな祭りが今日から始まり、656広場で開会式が行われました。早春の佐賀市の風物詩も今年で13回目。多くの方に佐賀市の散策を楽しんでいただければ幸いです。
午後は佐賀市環境保健推進大会に出席。長年、佐賀市の環境保全、健康増進等に功績のあった方々のに感謝状が贈られました。
地元循誘校区からも4名に感謝状が手渡されました。
夜は趣味の仲間と会合。4月のイベントに向けて話し合いを行いました。気のおけない仲間との時間はあっという間に過ぎます。


2/15(金)
ロシアに隕石が墜落。
被害の規模は明らかになっていませんが、墜落する隕石の映像が繰り返しテレビで流されています。
自然の前では人間は無力だとあらためて感じます。


2/14(木)
連合東部地域協議会の自治体要請行動に同席。この要請行動は春季生活闘争にあわせて政策制度要求実現のために毎年行われているものです。
雇用、社会保障など大きく4項目について要請されました。


2/13(水)
後援会事務所にはパソコン、複合機はもちろん、ネット環境も整っていません。リースの見積もりを持ってきていただき、発注を済ませ、ケーブル引き込みの現場立会い。
まだまだ時間はある、などと思っているとあっという間に時間は過ぎてしまいます。
急ピッチで準備を進め、早く皆さまにお披露目できるよう頑張ります。


2/12(火)
昨日は早めに就寝しましたが伊勢大祭の疲れが取れず、だるい一日でした。中部広域連合議会の最終日でした。本会議と全員協議会は午前中に終了し、午後は後援会事務所での作業と、ゼンリンさんとの打ち合わせ。
データといい、システムといいかなり進歩してます。
ただしお値段もなかなかのものです。


2/11(月)
ちょっとした仮眠をとり、3時過ぎに着物の着付け直し。
5時から伊勢会祭りの神事、8時から国旗を掲揚して特殊大祭が執り行われました。
寒い中、昨日からほぼ不眠。慣れない羽織袴姿もあってかなり体力も消耗してきました。トイレに行く回数を極力減らすため水分摂取も控えめです。
11時と13時にもち投げを行い、14時の91代から92代への引き継ぎ式「通渡し(つうわたし)」で大祭が終了しました。
ただし、今年は見習い。来年は同じスケジュールでお世話をしなければなりません。また、来年の本番まで様々な行事が入っています。


2/10(日)
佐賀市の伊勢神社の大祭。
大財地区の92代小神として夕方からご奉仕です。
夕方6時に集合して正装の羽織袴に着替えを済ませ、お客さまを迎える準備を整えました。
20時の特別参拝、0時の建国祭の神事には91代、92代の役員全員で神事に参加しました。
寒い中体力を温存しつつのご奉仕です。


2/9(土)
地元自治会長のみなさんとの新年会。市政に対する様々なご意見をいただきました。
その後は毎年恒例のJOYXグループ主催のふく会。夫婦で出席させていただき、歓談させていただきました。


2/8(金)
早めに取り掛かったものの、政治資金収支報告書の整理がやっと終わりました。後は、後援会の担当者にチェックしてもらい選挙管理委員会に提出するだけです。
午後は九電ユニオン政治活動委員会の総会のため福岡へ。
あらためて公認をいただくことができました。


2/7(木)
中部広域連合議会常任委員会委員会。
条例の改正や25年度予算について審査を行いました。
国会では衆議院予算委員会が始まり、本格的な論戦がスタートしました。党利党略、私利私欲ではなく本当に国民のためになる議論をお願いしたいものです。


2/6(水)
中部広域連合議会本会議。提案理由の説明の後、5名が一般質問を行いました。


2/5(火)
午前中のうちに免許証の更新を済ませました。
これからも安全運転に心がけなければなりません。
午後は、社会福祉大会に出席、長年社会福祉の発展に寄与された方々の表彰の後、講演会が開催されました。
講師は大野勝彦さん。平成元年に農作業事故で両手を切断された後、人のやさしさに触れ、画家・書家として活躍されいる方です。
笑あり涙ありの素晴らしい講演でした。


2/4(月)
9時から経済産業委員会研究会が開催され、その後全員協議会が開催されました。全員協議会では、来年4月に特例市に移行するための準備にはいることが説明されました。
特例市の要件は人口20万人以上で、佐賀市は平成17年の合併の時点で20万人を超えていましたが、具体的なメリットが不明なことや、合併後の新市づくりに重点をおいてきたことから、これまで検討を行っていませんでした。
今回あらためて検討を行った結果、権限の移譲により事務所理が迅速化することなどがメリットとしてあげられた一方、財源面では大きなメリットはなく、逆に歳出が増えることも想定されます。
今後議会に提出されることになると思いますが、なぜ特例市に移行しなければならないのか、しっかりと議論していかなければなりません。
その後拡大代表者会議を挟んで、自治基本条例調査特別委員会。
先日の議論の論点整理を行いました。


2/3(日)
暖かい一日でした。
中国の大気汚染の日本への影響が心配です。
たまっていた倉庫の整理などを行いました。
夕方は地元牛嶋天満宮のお火焚き祭。
消防団として緊急時の待機にあたりました。


2/2(土)
今週は出張、会議、市政報告会などで事務処理の時間が取れず、午前中に、視察報告書作成、活動日誌の更新、大会メッセージの作成、ついでに確定申告書作成を済ませました。
午後は、マリトピアで開催された北方領土返還要求佐賀県民集会に出席。作文コンクールで最優秀賞の付属中学校1年の森さんの発表には感動しました。


2/1(金)
あっという間に1月が終わり2月。
朝イチの飛行機で佐賀にもどり、そのまま市内訪問活動。
全ての訪問を終了しました。


1/31(木)
電力総連組織内地方議員会議で東京へ。
電力関連産業の今後や、メディアから見た今後のエネルギー政策について講演を受けました。
厳しい状況ですが、元気を出して頑張らなければ。


1/30(水)
朝から2月6日からはじまる中部広域連合の議案勉強会。15時前には終了。
19時からは地元循誘公民館で市政報告会。
多くの方にお越しいただき、貴重なご意見も聞くことができました。
自宅にもどると次女がポスターコンクールで佐賀市長賞をいただいたとか。


1/29(火)
大分市の自治基本条例の視察
大分市は昨年まちづくり自治基本条例を施行しています。
議員も検討に加わり、3年以上の検討を重ねて素案をまとめあげています。また施行も市民による集会を開催するなど、市民への周知にも力を入れています。


1/28(月)
自治基本条例調査特別委員会の視察で九重町へ。
九重町では平成17年にまちづくり基本条例が施行されています。
施行が8年前ということで、当時の議論内容を詳しく聞くことができなかったのは残念でした。
その後大分市へ移動。JR大分駅は南へ移動し、駅前の再開発がはじまっていました。


1/27(日)
佐賀市子ども会連絡協議会主催のグランドゴルフ大会。
残念ながら3位入賞は逃しましたが、時折雪が降り冷たい風が吹く中、子どもたちはせいいっぱいがんばりました。


1/26(土)
佐賀市子ども会連絡協議会主催のグランドゴルフ大会を翌日に控え、参加する子どもたちと最後の練習。長寿会で日頃からグランドゴルフをされている地域の方が指導者となり、約2時間練習を行いました。
午後は市内訪問活動。何とか先が見えてきました。
夜は第92代伊勢会の結成式に出席。
来年の大祭に向けて意思がためを行いました。


1/25(金)
日教組の全国集会が開催されることからものものしい警備が続く中、市内訪問活動。
それにしても市内はすごい渋滞でした。


1/24(木)
9時半から自治基本条例調査特別委員会が開催されました。
現在自治基本条例は検討会議で条例の起草作業が進んでいることから、ポイントとなる条項について委員の意見を出し合いました。
そもそも、全国的にも条例の制定自体に賛否がある問題。これから作業が進めば進むほど議論が熱くなります。
午後は鳥栖三養基方面の職場まわり。さらに佐賀市にもどり訪問活動。あと一息です。
夕方は昨日に引き続き職場での市政報告会を開催させていただきました。


1/23(水)
民主党沖縄・九州ブロック地方議員フォーラムの二日目。
桜井充政調会長が講演を行いました。
地方の声を聴き、党の再生を期すとの思いを心強く感じました。
通常国会は今月末。
ただの野党になってしまうのか、一度与党を経験したことを活かせるのか。国民も見ています。
夕方は職場で市政報告会を開催させていただきました。


1/22(火)
事務所のネット環境で業者の方と打ち合わせ。
事務所を構えると様々な作業が発生します。
時間を見つけながら機能の充実を図っていきます。
午後は民主党沖縄・九州ブロック地方議員フォーラム。
約60名が九州各地から集まりました。


1/21(月)
早朝佐賀市を出発して唐津、玄海、伊万里、武雄、鹿島の職場・組織訪問。
これで訪問活動の半分ほどが終了しました。
残りもがんばります。


1/20(日)
7時から消防団の器具点検。
牛嶋天満宮の三社参りで、8時半に総代の方々約50名と佐賀市を出発。唐津の鏡神社、唐津神社と回りました。
呼子での食事会では様々なご意見を聞くことができ、有意義な時間を過ごすことができました。
佐賀市にもどってすぐに民主党佐賀県連の会議に出席しました。


1/19(土)
朝から市内訪問活動。
1月の残された日でフルで回れるのは今日だけ。
天気も良く多くの訪問ができました。
しかしさすがに疲れがたまってきました。
夜は早めの就寝。


1/18(金)
市政報告会に向けて資料作成。
午後は地元の方からの相談で現場確認。
おかげさまで様々な相談が増えてきていますが、私たち議員のところに相談が来るのは、どこに相談してもだめな状況が多く、なかなか意に沿った答えをだせないことにもどかしさを感じます。


1/17(木)
阪神淡路大震災から19年。
当時東京で仕事をしていた私は、早朝妻から、関西が大変なことになていると起こされました。
震災後ボランティアに入って見た現地の風景やにおいは今でも鮮明に覚えています。
市内訪問活動の一日でした。


1/16(水)
北部方面の市内訪問活動。
やっと本格的な訪問活動を開始できます。
市議に就任以来、定例議会終了後に毎回実施している恒例行事。
いつもドライバーをかってでてくれる妻に感謝です。
次回定例会は2月下旬開会の予定。その間の出張や中部広域連合議会定例会の合間を縫っての訪問活動になります。


1/15(火)
地元の道路行政の関係で自治会の方と現地調査。
その足で道路管理課と打ち合わせを行いました。
その後伊勢会の奉賛会のお願いで市内回り。ご協力いただいた皆さまありがとうございました。
夜は大財2区自治会の役員会に出席させていただき、消防団の活動について紹介させていただきました。


1/14(月)
成人の日。全国各地で式典が開催されました。
関東地方は雪で大変だったようです。
長女の成人式は2年前、次女の成人式は2年後。
妻と二人の暮らしになる日が近づいています。


1/13(日)
佐賀市成人式が市内8会場で開催されました。
佐賀市民会館の式典に出席。
年を追うごとに、新成人の態度が良くなっています。
新成人の将来が明るいものでありますように。


1/12(土)
新しい事務所に机や椅子などを搬入しました。
応援は、前回の選挙で応援していただいた約10名。
事務所として機能はまだまだ不十分です。


1/11(金)
市民の方からの相談が3件立て続けにきました。
それぞれ担当部と話をし、途中経過まで報告させていただきました。
相談内容は様々。ひとつひとつ対応していきます。
夕刻は佐賀県電力総連の賀詞交歓会。
新年の年頭にあたり、更なる飛躍を誓うあいさつをさせていただきました。


1/10(木)
地元消防団の協賛金のお願いで地元をまわりました。あわせて、年明けから火災が頻発していることを伝え、火の用心をお願いしました。
議会だより13号が出来上がりました。
仕分けをして、早速配布にとりかかります。


1/9(水)
政治資金報告のための作業を行いました。
毎年年明けの恒例の作業です。
昨年はぎりぎりの提出となったため、今年は早めに提出したいと考えています。
夕刻は福岡で行われた九州電力総連の賀詞交換会に参加。
組織内議員として紹介の機会をつくっていただきました。


1/8(火)
朝いちで地元の自治会長と現場確認。
自治会のかかえている問題は本当に多いと実感しました。
ひとつひとつ丁寧に対応していきます。
その後は大財伊勢会で奉賛金のお願いで市内をまわりました。
夕刻は会議のため福岡へ。駅前のイルミネーションがきれいでした。佐賀市のライトファンタジーとは規模が違いますが、佐賀の手作り感もいいものです。
深夜火災が発生し出動。幸い大事には至りませんでしたが、年明けから火災が頻発しています。くれぐれも火の元にはご注意を。


1/7(月)
午前中は九電ユニオン佐賀支部三役と新年のあいさつまわりと安全祈願。
午後は経済産業委員会研究会や議会だよりのポスティングの打ち合わせ。
今年一年もがんばっていきます。


1/6(日)
佐賀市消防団出初式が富士町で行われました。
私が所属する中央分団第6部は、正午から佐賀城北堀で行われる中部方面隊の五色放水担当のため出初式には参加できなかったため、来賓として出初式に出席しました。
式は途中で失礼して、五色放水の準備へ。
筒先を担当し、正午から8分間の放水を行いました。
午後は、毎年恒例の消防団の地元あいさつまわり。
今年一年、火事のないようお願いをしてまわりました。


1/5(土)
年明けから新しい後援会事務所を開きます。
そのための準備を行いました。
週明けに本格的に始動します。


1/4(金)
仕事はじめ。
事務所で新年のあいさつをした後、佐賀市主催の新春賀詞交歓会へ。
その後職場へ戻り、あいさつ回りをしました。
厳しい一年のはじまりです。
皆さまの声をしっかりと聴き、市民生活の発展と市政の発展につとめていきます。


1/3(木)
親類へのあいさつまわり。
正月休みもあっという間に終わり、明日から通常の生活にもどります。


1/2(水)
一旦自宅にもどり、妻の実家へ。
妻の実家に帰省できるのも年に1回か2回。
日ごろなかなかできない話で盛り上がりました。


1/1(火)
新しい年がはじまりました。
更なる飛躍を目指して頑張ります。
10時から91代、92代伊勢会のメンバーで伊勢神社に初詣。
今年は見習いとして、年末以降は世話役として勤めを果たします。
その後、実家へ家族そろって帰省。ここ数年は年に一度か二度しか帰省できないため、ゆっくりと過ごさせていただきました。


12/31(月)
今年もいろいろありました。
あっという間の一年でした。
本当にお世話になりました。
来年も更なる飛躍を目指して頑張りますのでよろしくお願いします。
それでは皆さま、よいお年を。


12/30(日)
東京で働いている長女が帰省しました。
しばらくにぎやかになりそうです。
消防団の年末警戒の2日目でした。


12/29(土)
消防団の年末警戒。
担当区域をまわり、就寝前、お出かけ前の火の用心を呼びかけました。


12/28(金)
職場の仕事納めの日。
一年間お世話になった事務所の大掃除。
日ごろ行き届かないところまで掃除しました。気持ちよく年明けから仕事ができます。
午後は、職場、連合、議会事務局などに年末のあいさつ回り。
今年一年のお礼と来年のさらなる飛躍に向けたご協力をお願いしました。


12/27(木)
議会だより13号の入稿を済ませました。
年明けには完成し、配付をはじめます。
その後、政治活動委員会報告書の作成。
今年一年をふりかえりながら、組合員の皆さまへの報告書を作成しました。


12/26(水)
午前中は、国会議員事務所などに林委員長とあいさつまわり。
選挙を終え、さらに連携を深めていくことになります。
午後は、写真撮影と議会だよりの作成。
ゲラは完成。明日入稿します。


12/25(火)
議会だより作成。
写真撮影の漏れがかなりあります。
やはり、日ごろからこまめに写真を撮っておかなければなりません。


12/24(月)
民主党佐賀県連の常任幹事会が開催されました。
再選を果たされた原口、大串両代議士からお礼と決意のあいさつをうけました。
一度与党を経験した民主党は、従前の野党のように党利党略、議員の保身ではなく、真に国民の生活を考えた国会対応をお願いしたいと思います。そして、地域を大切にする党運営もお願いしたいと思います。
川崎参議院議員の来年の参議院議員選挙不出馬も正式に了承しました。候補者選定を急がねばなりません。


12/23(日)
大財商工振興会の役員会。
大財地区の92代伊勢会小神として、ご協力のお願いをさせていただきました。


12/22(土)
公式行事のない一日。
議会だよりの作成に取り掛かりました。
今年中には入稿したいと考えています。
テレビでは新政権の顔ぶれの予想や、政策の方向性についての特集番組が行われています。
自民党は野党時代の3年3か月をどのように過ごしてきたのかをしっかりと見ていかなければなりません。野党になった民主党は、与党の経験を生かし、従前のような与党批判に終始するのではなく、しっかりと国民生活のために、野党としての責任を果たしていかなければなりません。
まあ、マスコミの責任も大きいと思うのですが…。


12/21(金)
議会最終日。
19日の議会運営委員会に続いて、今日も開会が5分遅れました。
執行部提出議案については、すべて原案通り可決されましたが、議会提出の議員定数削減の議案は賛否がわかれたため、討論が行われました。
採決の結果、定数は2名削減の36名となり次回の選挙から適用されます。


12/20(木)
午前中から福岡での会議に出席。
佐賀に戻ったのは夕方。
疲労がピークですが、夜は年2回の昔の職場の方との同期会。
気の置けない仲間との交流で、元気をいただきました。


12/19(水)
10時から議会運営委員会。
議会事務局から
控室で待っていると議会事務局の方から開会を15分延長しますとのこと。結局始まったのは10時20分前でした。
今年7月から検討を行ってきた議員定数の削減について、議員提案を行うことになりました。
現行の38名から36名に削減し、次回選挙から適用となります。


12/18(火)
常任委員会も終わり、きょうから3日間の休会です。
地元の方からとの面談や資料作。
まだ体調がすぐれません。


12/17(月)
寝不足です。
午前10時からの常任委員会で、審査議案の採決が行われ、付託された議案すべてを原案通り承認しました。
その後、議会だより用の写真撮影で川副、富士、大和方面へ。
なんとも体がだるい一日でした。
私事ですが、今日は結婚記念日。早いもので23年が過ぎました。
ささやかなお祝いをしました。


12/16(日)
朝から消防器具点検。
終了したその足で投票へ。
選挙権をいただいてから一度も棄権したことはありません。
日本の未来を託す一票を投じました。
午後は定例議会と選挙応援で全く手つかずだった書類等の整理。
投票率の低さが気になります。
投票終了後に後援会事務所へ。
結果は非常に厳しいものでしたが、佐賀一区、二区とも比例復活で何とか国会へ送ることができました。
今回の選挙結果をどう総括し、今後の活動を行うのか。
大きな課題です。


12/15(土)
フルで先導車の運転。
雨の中、住宅街まで入り込み、大通りでは車を停めて最後のうったえ。周りのスタッフにも自然と力が入ります。
選挙戦は今日で終了。


12/14(金)
経済産業委員会に付託された議案の審査。
補正予算、指定管理者の選定について審査しました。
午後も電話作戦。
夕方は鹿島の総決起集会。
藤井裕久最高顧問も応援にかけつけました。
熱気のあるすばらしい集会でした。
残された選挙戦はあと一日。


12/13(木)
一般質問1名と議案質疑1名。
その後議会運営委員会と拡大代表者会議の合同会議。
議会最終日に提案する議員提案議案の内容について議論しました。
午後は電話作戦とその後、鳥栖の総決起集会へ。
なつかしい方とも再会し、元気をいただきました。
残された期間はわずか。
頑張るしかない。


12/12(水)
一般質問5日目。4名が質問に立ちました。
佐賀市での総決集会。
寒い中大勢の方におこしいただきました。


12/11(火)
一般質問4日目。4名が質問に立ちました。
選挙戦も折り返し。
厳しい状況が続いています。


12/10(月)
一般質問3日目。4名が質問に立ちました。
夜は選挙応援。
それにしても夜の体育館は寒いです。


12/9(日)
土曜日は玄葉外務大臣、今日は岡田副総理が佐賀県入り。
マスコミでも劣勢が伝えられていることから、応援の声にも力が入ります。
選挙戦も今日で半分が終わり。
後半戦もがんばります。


12/8(土)
朝から選挙応援。
寒い中声をからして支援を呼びかけました。


12/7(金)
本日2番手で一般質問に立ちました。
今回は、今年8月に自殺総合対策大綱が今年8月に見直され、閣議決定されたことを踏まえた佐賀市の対応と住民票のコンビ二交付の検討について質問しました。

夜は選対会議。
厳しい状況ですができることをやる。
これしかありません。


12/6(木)
佐賀市議会は今日から一般質問。
4名が質問に立ちました。
本議会では21名が一般質問を行います。
来週金曜日まで一般質問が行われます。


12/5(水)
意見書の提出について超党派で打ち合わせ。
しかし、そのことよりも選挙状況で盛り上がりました。
まだまだ選挙は公示になったばかり。
自分自身の役割を果たす。それだけです。

いよいよ市議会は明日から一般質問。
私の出番は7日(金)11時ごろの予定です。


12/4(火)
第46回衆議院議員選挙公示日。
16日の投票日まで選挙戦が繰り広げられます。
大切な一票。投票には行きましょう。


12/3(月)
定例議会開会日。
開会前に議会運営委員会が開催され、追加議案として送付された、高木瀬の佐賀市清掃工場で大和と富士地区の一般廃棄物を処理することに伴う条例の改定について協議しました。

定例議会の会期は12月21日までの19日間。
一般質問は6日から13日までです。


12/2(日)
7時から地元消防団の器具点検。
先日も地元で火事があったばかり。点検にも熱が入ります。
点検を終え、その足でふるさと祭りへ。
9時半から13時まで、アトラクションのお世話をさせていただきました。子どもたちは本当に元気です。


12/1(土)
午前中はたまっていた書類の整理。
ほぼ一週間出ずぱっりだったので、かなりの書類がたまってました。
午後はふるさと祭りの準備で小学校へ。天気が心配です。
夜は伊勢会の小神の引き継ぎ「通渡し」。今回92第の小神を務めることとなりました。


11/30(金)
どうしても連絡のとれない1組織を除き、約30か所の訪問を終えました。取り組む前は絶対に無理と思っていたのですが、何とかなるもんです。
一般質問のヒアリングを受け、夕刻には地元自治会長からの相談を受けました。難しい問題です。


11/29(木)
衆院選推薦願の提出が終わっていません。
なかなかアポがとれなかった組織を回りました。佐賀県西部から東部まで長距離移動の一日でした。
夕刻には佐賀市に戻り、一般質問のヒアリング。
風邪気味で早めに就寝したものの夜中に火災が発生。地元とういこともあり、12時ごろに出動し、4時ごろまでの現場待機。
火の元には十分お気を付けください。


11/28(水)
議会運営委員会が開催され、12月定例議会の会期が21日までと決まりました。
今回の一般質問は21名が行います。
私の出番は12月7日(金)の11時ごろになりそうです。
夜は公民館で12月2日に行われるふるさと祭りの打ち合わせ。雨が心配です。


11/27(火)
推薦状をもってまわる一日。
すでに持参した組織から、推薦を決定したので推薦状を取りに来てほしいとの連絡も数件。
約束の時間の合間を縫って一般質問の通告も済ませました。
夕刻には緊急の常任幹事会が開催され、来る総選挙に向けた情勢を確認しました。


11/26(月)
定例議会の招集通知がきました。
12月3日開会です。会期などについては、11月28日の議会運営委員会で決定します。
衆院選に向けて、連合佐賀加盟の各組織をまわりました。
厳しいご意見もいただきます。組織手続が間に合わないとのご意見もありました。
まだ、私の担当分全てまわることはできていません。
一日でも早くわまれるよう努力しなければなりません。


11/25(日)
役員を務めさせていただいている大財商工振興会のレクレーション。
38名で長崎の伊王島に行きました。
道中ももりあがり、みなさん満足されていました。


11/24(土)
佐賀県電力総連と九電ユニオン佐賀支部の合同研修会が開催されました。講師の小林正夫参議院議員を佐賀空港まで迎えに行き、会場までの道中、さまざまな話をさせていただきました。
研修会では市政報告の時間をいただき、当面の議会対応、衆院選対応に対する思いをお話しさせていただきました。
夜は今シーズン最初の忘年会。
地元自治会長たちと懇談させていただきました。


11/23(金)
毎年開催されている佐賀市総合防災訓練が東与賀で開催されました。
800名を超える市民も参加しました。
消防、自衛隊、赤十字などの関係団体も多く参加しました。


11/22(木)
午前中は自治基本条例調査特別委員会。
市民会議ではすでに条例案文策定作業に入っていることと、これまでの委員会での検討経過を踏まえ、今後の対応を協議しました。
そもそも条例が必要かとの声も出されましたが、執行部案として提出された条例案を議会として審議しなければなりません。
午後は全員協議会の後、推薦願をもって市内をまわりました。厳しいご意見をいただきました。
夜は循誘こども会の運営委員会。
校区自慢プロジェクトや12月2日開催の循誘ふるさと祭りの対応について協議しました。


11/21(水)
連合佐賀との打ち合わせ。
連合佐賀の四役会議と執行委員会を踏まえた当面のお願いをさせていただきました。
民主党の最大の応援団である連合ですが、民主党政権3年3か月の成果については非常に厳しい声もいただきました。
しかし、かといって再び自民党政権にもどすわけにはいきません。


11/20(火)
異業集交流会のたから会の予定でしたが、衆院選対応のため欠席とさせていただきました。
考えてみれば、佐賀市議会の定例会も12月3日にはじまります。
衆院選と定例議会。
日程的には厳しいものがあります。


11/19(月)
総選挙に向けて各種団体への推薦願いの準備を進めています。
衆議院解散は突然とは言え、心の準備が全くできていなかったので気持ちを切り替えてやっていかなければなりません。


11/18(日)
地元循誘体協のペタンク大会が開催され、準備と運営のお手伝いをさせていただきました。
ペタンクは誰でも手軽に楽しめるスポーツで、循誘体協でも昨年から大会を開催しています。

ペタンク大会は途中で失礼させていただき、民主党佐賀県連の常任幹事会へ。解散後初めての常任幹事会ということもあり、多くのマスコミが来ました。
川崎稔参議院議員を本部長とする体制と当面の取り組みを確認し、最後はガンバロー三唱でしめくくりました。

その後は民主さが政治スクールへ。全5回日程の最終回ということで、皆さんに終了証書をお渡ししました。


11/17(土)
九州こども会の総会が佐賀市で開催され、スタッフとしてお手伝いさせていただきました。

次女は佐賀女子のデザイン科に通っていますが、来年には福岡のデザイン専門学校に通うことになっています。推薦での入学は決まっていますが、今日は特待生試験でした。
本人は時間が足らず、全ての問題を解くことができなかったと言ってますが、高校に入学して必死に頑張っていた姿をみていますので、このような試験を受ける資格をいただいただけでも褒めてあげたいと思います。


11/16(金)
おかげさまで、多くの市政相談が寄せられています。
市内の現場を見て回りました。
できること、できないこと。しっかりと判断しながら対応していきます。
夕刻は佐賀鉄工所労働組合の大会に出席させていただき、ご挨拶の時間をいただきました。
その後、民主党佐賀県連臨時常任幹事会に出席。解散総選挙に向け、体制と当面の取り組みを確認しました。


11/15(木)
朝からか携帯に電話がはいります。
今後の動きについて支援者からの問い合わせです。
総選挙は12月4日公示、16日投開票の見通しです。


11/14(水)
野田総理の明後日解散発言。
正直びっくりしました。
あわただしくなります。
夜は大財3区自治会の市政懇談会。
なんと今年で40回目だそうです。
建設部と私が出席させていただきました。


11/13(火)
事務所で書類整理。
定例議会とその後の訪問活動で書類の山です。
一日では整理しきれませんでした。
やはり日頃の積み重ねが大事です。
わかってはいるんですが・・・。


11/12(月)
衆議院予算委員会がはじまりました。
マスコミの関心は解散が年内か、年明けか。この一点。
ニュースのトピックスも解散時期に関する質問、答弁の場面ばかり。
いやになってきます。
午後は九州電力総連での会議。
組織内議員の活動がよく見えないとの声にどのように対応していくのか。私たち議員に責任があるのは間違いないのですが、組織のフォローもお願いしなければなりません。
政治が身近なものになるように。引き続き検討を進めます。


11/11(日)
循誘子ども会環境まもり隊の収穫祭。
6月に植えたサツマイモの収穫を行い豚汁をつくりました。
また竹を飯盒代わりにした竹筒ごはんや、バーベキューもあり地域の方々と子どもたちがふれあった一日でした。


11/10(土)
雲空で風が冷たい朝。
循誘校区長寿会のグランドゴルフ大会が開催されました。
開会式のあいさつの後、競技にも参加させていただきました。
気持ちいい汗をかくことができました。
参加者最高齢は89歳。競技でも、8位に入賞されました。


11/9(金)
神戸市の視察。
神戸市では、市政情報の発信と非常災害時の情報発信に備えフェイスブックページを立ち上げています。
神戸市ほどの市になると、情報の取捨選択にも苦労があるようです。また、市職員による情報発信についても管理が難しいようです。


11/8(木)
大阪府門真市の視察。
門真市では今年7月からコンビニでの住民票、印鑑証明の発行サービスを開始しています。
システムの構築に膨大な費用がかかるとばかり思い込んでいたサービスですが、やり方次第では費用もあまりかからないことがわかりました。
佐賀市の基幹システムを確認し、サービスができるよう検討をはじめます。


11/7(水)
鳥栖市三養基方面の職場と佐賀市内中心部を回って、全ての訪問活動が終了しました。
ドラーバーを務めてくれた妻に感謝です。
次回定例議会は12月3日招集予定との連絡が入りました。
定例議会に向けた準備を始めます。


11/6(火)
鳥栖方面と市内の職場訪問。
午前中をもって約600件の訪問活動を終了することができました。
ドライバーをしてくれた妻に感謝です。
午後は子ども会イベントの準備で山へ竹伐りに。
11日の収穫祭で、竹を飯盒代わりにしてご飯を炊きます。


11/5(月)
唐津、玄海、武雄方面の職場訪問。
いい天気で、気持ちよく回ることができました。
励ましや激励に感謝です。


11/4(日)
朝から雲空。
早朝消防団の器具点検を終えてバルーン会場へ。
しかし天候の影響で、午後のイベントは全てキャンセルになってしまいました。
夜間係留を楽しみにしていた観光客のみなさんも残念そうでした。
しかし、天候に影響されるのもバルーンフェスタの魅力。
来年また佐賀にお越しください。


11/3(土)
シチメンソウ祭りのオープニングイベントに参加。
気持ちいい天気の中、多くの観光客でにぎわっていました。
その後、今年はじめて佐賀市で行われた「街なかバル」を堪能。
初めての取り組みで、問題点も多かったようです。
来年に向けて対策を求めていきます。


11/2(金)
バルーンフェスタのサテライトイベント「佐賀城下秋の骨董市」がはじまりました。オープニングイベントに出席しましたが、朝早くから大勢の人出でにぎわっていました。
昼間はバルーンフェスタ会場で様々なイベントを見学させていただきました。
夕方は東与賀のシチメンソウ祭りの前夜まつり。ライトアップされたシチメンソウが本当にきれいでした。
その後地元にもどり、PTAふれあい委員会のOB会設立に向けた会合で議論を行いました。子どもたちや地域に対するみなさんの熱い思いを感じることができました。


11/1(木)
朝から市内訪問活動。
ご在宅の家では励ましや質問をいただきます。
最近は国政に関する質問やご意見を多くいただきます。
不満や不安は募っています。
なんとかこのような国民の切実な声を受け止めてほしいものです。

夕方は全国電力総連の「浜野よしふみ」会長代理が来佐。
平成11年から15年まで全国電力総連で仕事をさせていただいた大先輩です。全国行脚の疲れも見せず、佐賀県電力総連のみなさんと交流を深めていただきました。
また、短時間ではありましたが我が家にも立ち寄っていただきました。


10/31(水)
7時から第33回佐賀インターナショナルバルーンフェスタの開会式に出席。世界各国から100機のバルーンが集結しました。
期間中晴天に恵まれることを祈ります。


10/30(火)
森林・林業活性化議連でまつら森林組合の厳木町での間伐現場を視察しました。
佐賀市でも活性化指針の検討が行われています。
400万円以上を山主に返還できるまつらとゼロもしくは手出しが発生する佐賀市。
どこに違いがあるのかとの問いに、「組合のやる気です」ときっぱり。
誇りを持っていただくことが必要です。

18時からは佐賀ライトファンタジーの点灯式に出席。一年で佐賀市が最ももりあがるバルーンの季節がやってきました。


10/29(月)
市内訪問活動。
一日中佐賀市をまわりました。
多くの励ましをいただきました。


10/28(日)
山鹿市を早朝に出発。
地元牛嶋天満宮の秋季大祭の神輿巡業のお手伝いをさせていただきました。秋季大祭は毎年行われていますが、神輿巡業は5年に一回です。
約3時間かけて地元を回りました。
その後は神事、直会、こども綱引きと行事が行われ、神輿を格納するまでお手伝いさせていただきました。


10/27(土)
唐津で開催された佐賀県電力総連のスポーツ大会に出席しご挨拶の機会をいただきました。
その後佐賀市に戻り次女の作品が展示されている県立美術館へ。照れくさいのか、自宅で作品を描いている時は絶対に見せてくれない娘。専門学校への進学は決まりましたが、これからも頑張ってほしいものです。

午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。夕刻は熊本県山鹿市での会合に出席し楽しいひと時を過ごしました。


10/26(金)
職場と地元での姿勢報告会を終え市内訪問活動を再開。西部方面をまわっていると嘉瀬川河川敷ではバルーンフェスタの準備中。本格的な秋の訪れを感じました。


10/25(木)
地元循誘公民館での市政報告会。
定例議会の審議内容の報告と意見交換。
まちづくり、地域コミュニティ、防災等様々なご意見をいただきました。今後の活動に活かしていきます。

石原知事が辞任。新党立ち上げとのこと。
なぜ今?何をやりたいの?
疑問はあります。


10/24(水)
市内訪問活動を続けています。
午後は市政功労者表彰式に出席しました。長い間市政の発展に貢献された方、佐賀市民に夢と希望を与えた方に市長から表彰状が手渡されました。
夕方は職場での市政報告会。
定例議会での審議内容や姿勢の現状についてお話をさせていただきました。


10/23(火)
市内訪問の際いつも運転手をしてくれる妻ですが、今日は朝から用事が立て込んでいるため運転手は無理という事で、地元の方から要望のあった件で市役所の担当課と打ち合わせ。
はっきりした返事をもらうことはできませんでしたが、引き続き対応して行きます。
その後は市政報告会の資料づくり。毎回パワーポイントによる説明を行っています。


10/22(月)
妻の運転で、市内訪問活動。
不在のお宅も多いのですが、在宅の方とは話をするようにしています。皆さんの関心は国政。解散総選挙は?佐賀県選挙区の区割りは?民主党の今後は?などさまざまなご意見やご質問をいただきます。
また多くのご批判もいただきます。私たち地方議員はそのような声を聴きながらも地道に活動を続けるしかありません。


10/21(日)
気持ちいい秋晴れのもと、循誘小学校の運動会が開催されました。
元気いっぱいのこどもたちと、それを見守る保護者、地域の方々の姿をうれしく思いました。
また、地元の方々からお声掛けもいただき、ご意見やご相談もいただきました。
運動会は午前中で失礼して、民主さが政治スクールへ。今回のスクールは民主党青年局沖縄・九州ブロッ街宣キャラバンとジョイントで実施。福岡、宮崎、鹿児島から青年局メンバーが参集し、スクール生との意見交換、街宣活動を行いました。
久しぶりの街宣。また他県ではヤジが飛ばされるなど民主党に対する風当たりが強中での街宣でしたが、市民の方々の反応は上々でした。


10/20(土)
民自公の党首会談は決裂に終わったようです。
解散を迫る野党と、政権の引き延ばしを目論む与党という構図でマスコミは報じていますが、実際はそんな簡単な事ではないと思いますし、地位に恋々とする国会議員ばかりではないはずです。
確かに政府の対応には疑問もありますが、野党には現実的な対応を求めたいものです。

佐賀県総合運動場で行われた、サガン鳥栖対名古屋グランパスエイトの試合を見に行って来ました。
結果は書きませんが、サガン鳥栖のJ1での試合をはじめて観戦しました。


10/19(金)
妻の運転で市内訪問の一日。
市政に加え、解散の時期や選挙区の区割りなど、国政の状況についても様々なご質問やご意見をいただきました。
本来このような件は地方議員がとやかく言う問題ではなく、国会議員が説明責任を果たすべきです。

夜は循誘こども会の運営委員会。
環境まもり隊の活動、校区自慢コンテスト、グランドゴルフ大会など当面の活動について確認しました。
会議の冒頭、12月22日からイオンモール佐賀大和で開催される「ポップサーカス」の案内をいただきました。一見の価値はありそうです。


10/18(木)
午前中は自治基本条例調査特別委員会が開催され、佐賀市が取り組んでいる地域コミュニティについて説明を受けました。
一言で地域コミュニティといってもそのかたちは地域それぞれでやりかたは違います。ただひとつ言えるのは「やらされている感」があってはいけないということです。
委員からも、行政の考え方を押し付けることだけは避けなければならないとの意見が多く出されました。

午後は地元循誘校区を議会だよりを持ってまわりました。
おかげさまで多くのご意見、ご提言をいただきました。
秋晴れの午後。自転車での移動。さわやかな汗をかくこともできました。


10/17(水)
昨日の野球大会の筋肉痛をかかえつつ事務所へ。
入稿していた議会だよりが完成し納品されていました。

急いで仕分け作業を行い、配付をスタートしました。
実質午後からの行動だったため数件しか回ることができませんでした。

朝から雨が降っていました。久しぶりの雨でした。


10/16(火)
年に一度の議員野球大会。佐賀県議会と県内10市議会が参加して行われました。

佐賀市議会は第一試合で県議会に10対4で勝利。最終戦で武雄市議会に18対2で勝利し成績は2勝0敗でした。鳥栖市議会も同じく2勝0敗でしたが得失点差で、佐賀市議会が2連覇を達成しました。

夜の祝勝会は大いに盛り上がり、優秀選手にも選ばれました。
明日の筋肉痛が心配です。


10/15(月)
大財二区長寿敬老会が開催され、ごあいさつの機会をいただきました。75才以上の約40名が出席されていました。
いつまでもお元気に過ごしていただきたいことはもちろん、地域活動やこどもへのまなざし運動にも力添えをいただきたいとあいさつさせていただきました。

その後は毎年恒例の市町村行政後援会に参加。東京大学大学院経済学研究科の伊藤元重教授の講演を聞きました。
日本経済の現状についてはかなり詳細に説明いただきましたが、地域経済への影響に対する地方の責任についてもう少し詳しく説明いただきたかった。


10/14(日)
久しぶりに予定のない一日。
倉庫の整理や読書などで一日を過ごしました。

週明けには議会だよりが出来上がるので、その後はバタバタの日程になります。たまにはこんな一日もいいもんです。


10/13(土)
議員野球大会に向けて最後の練習と紅白試合の予定でしたが、人数が集まらず練習のみ。本番が心配です。

夜は地元のPTAの有志でOB会をつくり、PTA活動や地元活動を盛り上げていこうという準備会にお声掛けをいただきました。
9時過ぎまで熱い議論を交わし、設立総会にむけた概要を確認しました。
その後は懇親会。懇親会も大いに盛り上がり、あっという間に日付が変わっていました。
地元のみなさんとの活動は本当に楽しいものです。


10/12(金)
朝いちばんで東京から戻り、事務局との打ち合わせ。

午後主席予定だった九電ユニオンの執行委員会には、急きょ議会対応がはいり、欠席させていただきました。

なかなか風邪が治りません。


10/11(木)
昔の仲間との久しぶりの懇親会。
細川連立政権が誕生し、民社党解党、新進党結党・解党、新党友愛結党・解党、民主党への合流と政治的には激動の時代を共に過ごしたなかまです。
今はそれぞれの道を歩いていますが、昔話と近況の話に花が咲きました。時間が経てば経ったで、今だから話せることもあります。
大切な仲間。これからも大事にして行きます。


10/10(水)
現在、民主党沖縄九州ブロック青年局では九州一周街宣キャラバンを実施しています。
佐賀県は10月21日から22日にかけて、民主さが政治スクールとジョイントして街宣活動を実施します。午前中は青年局長の下田鳥栖市議と、鳥栖市でその件で打ち合わせ。
民主党に対する風当たりが強く、他県では街宣中にヤジが浴びせられたり、妨害されるなどといったことがおきているようですが、青年らしく取り組みたいと考えています。


10/9(火)
野球の朝練習。三連休は地元行事が多かったようで、議員の皆さんもお疲れ気味でした。

午前中は、議会だよりの入稿と市政相談。午後はたまった資料の整理を行いました。
来週には議会だよりが完成します。市内の訪問活動をスタートします。


10/8(月)
昨日の運動会、競技には参加しなかったのですが、疲れはあります。
午前中は議会だより用の写真撮影で市内をまわりました。

午後は、議会だよりの最終チェック。妻にも目を通してもらい校正しました。

三連休はいい天気でした。


10/7(日)
朝6時集合で運動会の準備。

開会式が始まったのは8時過ぎ。音響担当の私は持ち場を離れることができず、競技には参加することができませんでした。
そのかわり、妻は大活躍していました。
16時過ぎには撤収作業も終了しました。

夜は反省会。地元の方との意見交換の場でもあります。
叱咤激励に感謝です。


10/6(土)
翌日にせまった循誘校区民運動会の準備。
テント設営、ライン引き、機材の準備などを行いました。

夜は、議会だよりの最終チェックを行いました。写真の撮影漏れが3件・・・。

長引く風邪で体調がすぐれないため、早めに就寝しました。


10/5(金)
佐賀市議会全員協議会が開催され、昨年度に引き続き実施した事務事業評価の総括を行いました。
事業の選定方法、議員の認識等について多くの意見が出されました。

夜は全議員と、市役所課長級以上の職員との懇親会。
有意義な意見交換ができました。


10/4(木)
長かった議会の最終日。
決算審査の認定、補正予算等の採決のあと、意見書、決議文の採決が行われました。

議場に国旗・市旗を掲揚する決議文については、提案理由の説明、質疑、賛成討論1件、反対討論3件が行われました。
傍聴も多かったのですが、議場内にはヤジが飛び交いました。

採決の結果、決議は採択されました。市民の代表として議論を行う議場に、率先して国旗・市旗を掲揚することは当然だと思います。


10/3(水)
野球の練習で少々体が痛いのですが、今日も早朝練習。気持ちいい汗を流しました。

午後は九州電力総連の会議に出席。
組織内議員の活動が見えないという組合員の声に対し、ICTを活用しで、組織内議員の「活動の見える化」をしようというものです。
組織内議員の足並みをそろえる難しさはありますが、組合員の声を真摯に受け止め、日ごろの支援への感謝を形にするためにも、積極的な情報発信につとめなければなりません。
また支えていただく組織があることのありがたさを絶対に忘れてはなりません。


10/2(火)
10時から議会運営委員会が開催され、10月4日の本議会最終日の議事運営について確認しました。
5件提出されていた意見書のうち1件が取り下げとなり、3件は全会一致で承認となりました。
共産党から出されていいた「玄海原発をはじめとする原発の再稼働をさせないよう求める意見書案」は、賛成者少数で否決の見込みです。
また、自民市政会、政風会、市民ネット発案の「議場に国旗及び市旗を掲揚する決議案」は賛成多数で可決の見通しですが、社民党が提案理由に対する質疑、公明党が賛成討論、社民、共産、さが未来が反対討論を行うこととなりました。


10/1(月)
今日から10月。今年も残すところ3か月となりました。
本当に月日の経つのは早いものです。

恒例の議員野球大会が10月16日に開催されます。
昨年の優勝チームとして、連覇に向けた練習がはじまりました。

新内閣が決まりました。
様々な批判もあるようですが、自己保身や選挙目当てのパフォーマンスなどが無いように願いたいものです。


9/30(日)
台風の接近で延期の連絡があっていた河川清掃が、急きょ行われるとの連絡があり、あわてて出かけました。
約一時間、川に入り込んでの作業は結構体力がいります。
市民で河川環境を守っていくことは重要です。

午後は民主さが政治スクール、民主党佐賀県連常任幹事会に出席。
原口代表が、代表選挙でかかげた原子力政策について、九電ユニオンの草場副委員長が質問しました。
それに対する返答については理解のできるものではなく、電力職場で働いている者は、憤りを感じているとも苦言を呈しました。
今後民主党のエネルギー政策はどの方向に向かうのか。単なる人気とりや、政争の具にするようなことがあってはいけません。


9/29(土)
久しぶりに家族と出かけました。
行先は福岡ドーム。今年最後の野球観戦。
高校生の次女も、野球観戦はつきあってくれます。
試合は残念ながら敗れ、優勝の可能性もなくなりました。
しかしストレス発散のできた一日でした。


9/28(金)
内閣改造は週明けとのこと。
どのような布陣になるのか。
いずれにしても待ったなしの日本を力強く牽引していく布陣を組んでいただきたいもんです。論功行賞などはぜったいにないように願います。


9/27(木)
昨日までの、決算審査、補正予算審査のまとめを行ないました。
決算、補正とも委員からの反対意見はなく、執行部提案どおり同意、可決となりました。
最終的には、最終日に採決を行います。

委員会終了後は、全員協議会において、来年の市議会議員選挙に向けて定数のあり方について、フリーディスカッションを行ないました。
佐賀市議会の議員定数は38名。人口や面積が類似する自治体と比べると多い定数です。

議員といえば、人数が多すぎる、報酬が高すぎると言われます。一度減らしてもまだ多すぎると言われるのは目に見えてますが、議会自ら身を切る姿勢を見せることも必要だと思います。その上で、議員一人一人が自らの責任を果たして行くことが市民からの信頼を得られることにつながります。


9/26(水)
24年9月議会に提出された補正予算の審査は午前中に終了し、その後経済産業委員研究会が開かれました。
首都圏への佐賀産品の販路拡大等の考え方について説明を受けました。

午後は、議会だよりの編集に着手しました。
今回は会期が長いので、終了後すぐに入稿できるよう、準備を進めます。

夕方は、さが城下みず再生研究会。メンバーの校区の水路で、環境用水が増えたととの報告がありました。昨年からはじまったこの研究会、成果が少しずつ現れはじめています。

その後は市子連の体育部長会。今後の活動について話し合いました。


9/25(火)
相談を受けるため市内をまわりました。

その後、風邪の診断のため病院へ。
季節の変わり目、子どもだけじゃなくて、大人にも体調壊す方増えてます・・・。とドクター。
安静にしてくださいとのことですが、そうもいかず。

健康な時には気づかない健康のありがたさです。


9/24(月)
常任委員会における決算審査。
農林水産部所管の決算審査を行いました。

風邪で、喉がやられ、声が出なくなりました。

寒暖の差が大きいので体調管理にはお気をつけください。


9/23(日)
朝の唐戸市場で朝食。
さわやかな朝でした。

下関を出発して、門司港で行われているフリーマーケットを見学。昨日お世話になった逆井さんが責任者をつとめられているイベントです。熱気あふれるイベントでした。


9/22(土)
朝9時から鳥栖で開催された西日本電気鉄工労組の定期大会に出席させていただき、ごあいさつの機会をいただきました。

あいさつを済ませ、直ちに佐賀へもどり大財商工振興会の視察に出発。視察先は下関市の豊前田。
豊前田では今年はじめて「バル」と呼ばれる、食を通した街おこしイベントを開催されています。
バルを主催した「OIRAN会」の米田会長、山崎氏、そしてタウンマネージャーンの逆井氏に、街おこしにかける熱い思いを聞くことができました。

規定概念にとらわれず、一つずつ積み重ねていくことの大切さを実感しました。


9/21(金)
常任委員会における決算審査。

経済産業委員会では市営バスの企業会計、経済部所管の審査を行いました。

昼休みにには市内で行われている九電ユニオン友の会の総会に参加せていただき、ごあいさつの時間をいただきました。

本日行われた臨時党大会で、野田代表が再選されました。
様々な批判はありますが、ぜひ頑張っていただきたいものです。


9/20(木)
常任委員会における23年度決算審査がはじまりました。
初日の今日は、4常任委員会合同での歳入の審査。

明日からは常任委員会ごとに歳出の審査が行われます。


9/19(水)
本日は休会日で天山祈念碑際に参加しました。
この催しは48年前から豊作を祈念して、佐賀市、唐津市、小城市、多久市の関係者によって行われています。
10時ごろから天山山頂に登山開始。20分ほどで山頂に到着しました。
山頂はひんやりしていて風が吹くと寒いほどの気温でした。
祈願祭は40分ほどで終了しました。

夕方は職場の皆さんと久しぶりの懇談会。楽しいひと時を過ごさせていただきましたが、同時に民主党に対する厳しいご意見もいただきました。
マスコミ報道だけを鵜呑みにせずに、成果や事実をしっかりと見てほしいとお願いしましたが、十分な納得は得られませんでした。

代表選後の民主党がどうなるのか。支援者はもちろん、私たち地方議会議員も非常に気になります。


9/18(火)
一般質問7日目。
最後のひとりが一般質問を行いました。

本会議終了後は、野球部会。
10月16日の大会に向けて、練習日程等を確認しました。

午後の時間を利用して、以前から気になっていた、スマートフォンとタブレットPCとパソコンのスケジュール管理の同期設定。
以前はスマートフォンだけでのスケジュール管理だけで不便はなかったのですが、いろいろと環境が変化するとどうしても不便さを感じてしまします。
以前一度トライしたものの断念した経緯があったため苦戦を予想していましたが、なんとあっさりと設定完了。まぐれは怖いです。


9/17(月)
敬老の日。台風の影響で朝から強い風が吹いています。
午後3時から福岡で行われる民主党代表選挙の立会演説会に参加する予定でしたが、佐賀駅に行ってみるとJRが大幅に乱れていたためやむなく参加を断念しました。
事前にJR九州のホームページを確認したところ、長崎本線の佐賀―博多間に遅れや運休の告知はなかったため、若干の遅れなどはあっても、大きな混乱はないだろうと思い込んでいました。
思い返せば、高速バスを使って福岡まで行くこともできたのですが、その時は考えも及びませんでした。


9/16(日)
台風接近で鉛色の空。

今日は城東中学校の体育大会。
開会式前に学校へ行くと決行とのこと。
しかし、プログラムが進むにつれ雨が強くなってきました。
プログラムは一旦休止となり、再開後は途中を省略して学年ごとの全員リレーになりました。

もちろん生徒は一生懸命やってますが、先生方も一生懸命です。
自分たちのクラス、チームが上位でゴールすると我がことのように喜ぶ姿を見ました。いいものです。

台風が接近しています。皆さまご注意を。


9/15(土)
今日は完全オフ日。
不要になった家財道具をリサイクルショップにもっていきました。
思ったほど高い額で買い取ってもらえませんでしたが、家の中がすっきりしました。
その後、こちらも気になっていた愛車のオイル交換と点検に。購入して12年目ですが手入れを怠らずこれからも大事に乗り続けます。

民主党代表選挙の投票はがきを投函しました。
結果は21日に判明します。


9/14(金)
一般質問6日目。
4名の議員が質問に立ちました。

本会議終了後、議会運営委員会が開かれました。
本議会で、議場に国旗および市旗を掲揚する決議が、自民市政会、政風会、市民ネットから出されていますが、これに反対する請願が出されたため、請願書の取り扱いについて協議を行いました。
通常、請願書は常任委員会に付託され審議採決、本会議での採決となるのですが、本請願についてはこれまで長期間議論を行ってきた案件であり、委員会に付託しても平行線をたどりことは目に見えていることから、委員会付託を省略し、本会議で採決を行うこととしました。

その後は政務調査費の担当者会議。
佐賀市議会ではひとりあたり60万円の政務調査費が会派ごとに支給されます。市民ネットの会計責任者として、市民の皆さまに疑念をもたれることのない管理を心がけます。


9/13(木)
一般質問5日目。
4名の議員が質問に立ちました。

議会終了後打ち合わせを終え、循誘体協の部長会に自転車で向かう途中、大きい虫が左目を直撃。激痛が走りました。
なんとか部長会には参加しましたが、目を開けることができないほどの痛みです。


9/12(水)
一般質問4日目。
5名の議員が質問に立ちました。

夜は異業種交流会のゴルフコンペの表彰式兼交流会に参加。
このコンペは長い歴史があり、今回が246回目でした。
奇数月に開催されていますが、入会して約3年、一度もコンペに参加したことがなく、交流会のみの参加です。
次回は是非行きたいと思います。


9/11(火)
一般質問3日目。
5名の議員が質問に立ちました。

民主党代表選が告示され、各陣営の動きがあわただしいようです。
野田氏有利との見方から、マスコミは自民党総裁選の状況に重きを置いているようです。

9月17日(月)に福岡市で4名の代表選候補者による立会演説会が開催されます。
もちろん行きますが、興味がある方は参加できますのでお問い合わせください。


9/10(月)
一般質問2日目。
5番手で登壇しました。
街なか再生、特認校の現状と今後の方向性、外来魚対策の3点について質問しました。
なかなか思うようにはいかないもので、反省しきりです。

夜は地元体協理事会で、10月7日開催予定の校区民運動会について話し合いました。


9/9(日)
朝7時から消防器具点検。最低3名はいないと点検はできませんが、本日の参加者は3名。毎回これぐらいですが、もっと団員を増やさなければなりません。

そのあとは地元循誘体協のソフトバレーボール大会。いつも練習されている方、今日のために駆り出された方・・・。
和気あいあいと、そして真剣にプレーされたいました。

夜になって原口県連代表が民主党代表選に出馬を決めたとの報道。
明日、臨時常任幹事会が開催されることとなりました。


9/8(土)
通学合宿最終日。
朝からこどもたちと飯盒炊飯とバーベキューの準備。
高めの降水確率の中、空模様を気にしながら、竹の飯盒の準備や、炭おこし。こどもたちは慣れない作業に悪戦苦闘しながらも楽しそうに作業を行いました。
いい思い出になっていれば幸いです。


9/7(金)
遊学合宿の宿泊引率の朝。
6時に起床し、ラジオ体操をしたとろでバトンタッチし、自宅へ戻りました。

佐賀市議会は今日から一般質問。
初日の今日は4名の方が登壇されました。
今回は28名が一般質問を行います。
9月18日までかかります。
私の出番は9月10日です。


9/6(木)
今日から地元循誘公民館で通学合宿がはじまりました。
公民館で合宿しながら学校に通学するもので、もらい湯や自炊を通じて自立性と協調性を養います。
夜間は子どもたちだけで宿泊させるわけにはいかないので、宿泊引率でした。幸い子どもたちはおとなしく寝てくれました。


9/5(水)
本来は常任委員会の予定でしたが、事務事業評価が1日で終了したため、実質休会。
資料整理、一般質問の準備にあてた一日でした。


9/4(火)
経済産業常任委員会において、23年度事業の事務事業評価を実施しました。
評価を行った項目は以下の4項目です。
○森林整備加速化・林業再生事業
○有害鳥獣駆除対策事業
○農商工連携推進事業
○農山漁村交流支援事業
事務事業評価の実施にあたっては7月末から作業を進め、それぞれの委員の意見を事前に出していたので、評価作業そのものは、スムーズに進みました。
当初は2日間を要する予定でしたが、一日間で終了しました。
提言は、議長を通じて市長に提出します。


9/3(月)
9月定例議会が開会。
初日の今日は、会期の決定と、6月議会終了後に開催された3特別委員会の委員長報告、議案の提案理由説明等が行われ、40分程度で本会議は終了しました。
その後は代表者会議や定数検討委員会などが行われました。また12:15から13:00まで小学生やボランティアの皆さんと緑の募金を行いました。

午後は断続的に一般質問のヒアリング。
とりあえずこれでヒアリングは目途が立ちました。
あとは執行部の考え、本音をどこまで引き出せるかです。

明日から2日間は、常任委員会において事務事業評価を実施します。


9/2(日)
毎年恒例の連合佐賀東部地協列島クリーンキャンペーンが開催されました。
出身の電力総連の皆さんと約1時間のごみ拾い。やっぱり目につくのは、たばこの吸い殻。みなさん、くれぐれもポイ捨てはおやめください。

15時からは連合佐賀議員懇談会の夏季研修。
国会議員と違い、法的位置づけが曖昧な地方議会議員の問題点や、改善策についての講演を受けました。
議員といえば、人数が多すぎる、報酬が高すぎる、政務調査費の使い方が不明瞭などの指摘をうけてばかりのように感じますが、このような問題を研究し、提言をする方もいらっしゃいます。
ただ、基本は、議員の活動実績が基本となります。


9/1(土)
今日から9月。早いもので、今年もあと4か月。
さて、テレビでの政治ネタ言えば、解散はいつか、代表選・総裁選にだれが出馬するか、大阪維新の会の動きは、などなど。
どのチャンネルでも同じ。
政治不信に対するマスコミの責任も大きいと感じます。

定例議会に向けて、資料整理を行いました。


8/31(金)
都市計画審議会の現地視察のため、朝9時に市役所を出発。
大和町尼寺雨水幹線拡幅と調整池の現場、藤木西地区地区計画の現場を視察しました。
その後本庁で、視察内容の勉強会。
実際にその場に住む方の思いや不安も十分わかりますが、都市計画審議会としては、その計画が佐賀市の都市構成に寄与するのか、計画の改善の余地はないのか。予定時間を大幅に超える議論を行いました。

午後は九電ユニオンの分会役員研修会。
郡会役員としての基礎に加え、政治の重要性についても活発な議論が行われました。
私もディスカッションのパネラーをつとめさせていただき、議論のお手伝いをさせていただきました。
みんな熱かった!


8/30(木)
連合佐賀東部地協の佐賀市への政策制度要求行動に同行。
働くものの声を市政に反映させるための重要な行動です。

その後、事務事業の評価シートを仕上げて事務局に提出しました。
慣れない作業ですが、次年度の予算編成に活かすべく頑張ります。

午後は一般質問のヒアリング。質問順が早いので、来週3日に再度ヒアリングを行うこととしました。


8/29(水)
朝9時から議会運営委員会で、9月議会の日程の確認を行いました。
9月議会では23年度決算の審査を行いますので会期は10月4日までの32日間となりました。
また、一般質問の通告のあり方等についての申し合わせ事項について変更の確認を行いました。
議会運営委員会は、議場への国旗・市旗の掲揚について議題を残して一旦終了。一般質問の順番抽選が行われました。
私の順番は全体の9番目で、9/10の15時ごろの登壇となります。

その後は9月議会の議案勉強会が行われました。

議案勉強会後、議会運営委員会が再開。議場への国旗・市旗の掲揚について議論しました。
議論と言っても10年ほど議論を続けてきたもので、賛否の溝は埋まりません。
そこで、自民市政会が9月定例議会中に決議分を提出することとなりました。


8/28(火)
同じ組織内議員の正田唐津市議とユニオンの林委員長と9月議会に向けた打ち合わせと、現状の確認を行いました。
難しい時代ですが、それぞれの立場でやるべきことをやる。この事を確認し合いました。
その後一般質問の通行書を提出。質問順の抽選は明日です。


8/27(月)
一般質問の通告に向けて通行書を作成し、その後資料集めを行いました
最近は市民の皆さまからの質問や要望を踏まえての質問項目が増えてきました。今回も3項目中、2項目が対話の中から出てきたものです。

来週は議会が始まります。頭の中を議会モードに切り替えます。


8/26(日)
旅館で朝食をとり、2日目の進行は他の方にお願いして、佐電工労組の執行委員会へ。九州総連のキャラバンの後、佐賀市の財政状況や、24年度の重点事業、組織内議員の活動について一時間ほど時間をいただきお話をさせていただきました。
このような場を設けていただき本当に感謝しています。


8/25(土)
熊本から帰り、今日から開催される「呉福万博」のオープニングイベントに顔を出してきました。
今日から2週間、呉服元町、柳町に若手アーティストの作品が展示されます。地元の方も空き店舗の解放など協力していただいています。
午後は民主さが政治スクール一泊研修へ。事務局として準備、グループディスカッションの進行のお手伝いをさせていただきました。
夜は車座で議論の続き。やはり政治スクールの参加される皆さんは熱いです。


8/24(金)
熊本市で九電工労組佐賀支部・熊本支部の合同政治研修会が開催され、講師としてお招きいただきました。
九電工労組佐賀支部からはこれまで何度となく声をかけていただいています。
電療関連産業が置かれている現状や、原子力再稼働に向けた政治の役割と責任、組合員の皆さまへのさらなる協力のお願いをさせていただきました。
このような取り組みを通じて、政治に対する意識を醸成していただくのは重要であり、ありがたいことです。


8/23(木)
9月議会が間もなく始まります。
議員のみなさんも議会モードに入りつつあるようです。
9月議会では23年度の決算の審査も行います。あわせて4つの常任委員会で4事業ずつを選定して事務事業評価を行います。
10時から、私の所属する経済産業委員会において選定した4事業について執行部より詳細な説明を受けました。
来週30日までに、議員それぞれの評価を提出しなければなりません。


8/22(水)
9時半から自治基本条例調査特別委員会が開催されました。
条例の制定については、現在市民会議による検討が進んでいますが、議員の中には、条例の必要性そのものに疑問を持つ声も少なくありません。
市民会議の検討を見守りながらも、議会側の準備も進めなければなりません。


8/21(火)
9月3日から定例議会がはじまります。
議会に向けて、調べ物や資料収集を行っています。
そろそろ頭を議会モードに切れ変えなければなりませんが、今週末は研修会の講師が2件と民主党佐賀県県連の政治スクールの事務局の仕事もあり、なかなか議会モードに入りません。
もともと複数のことを同時にこなすのが苦手なので、ひとつひとつ仕事を確実に行っていくしかありません。

夏バテの体も随分回復し、夕刻には知人の祝賀パーティーに出席させていただきましたが、本調子にはあと少しかかりそうです。


8/20(月)
ここ数日の疲れが出てしまいました。
体調不良です。
朝食は何とか入りましたが昼食は食べられませんでした。
めずらしく夏バテでしょうか・・・?

外回りは自粛して資料作りを行いましたが、なかなか進みません。
予定していた連合東部地協の政策勉強会もキャンセルさせていただきました。申し訳ありません。

夕方早めの食事を済ませてそのまま眠り込んでしまいました。


8/19(日)
暑い日が続きます。

小学校の一角をお借りして、地元こども会でサツマイモを育てています。朝7時から畑に生い茂った雑草取り。こどもたちも参加して一時間ほどで作業は終了しました。
その後、子どもたちによるスイカ割り。大いに盛り上がり、おいしくスイカをいただきました。

お昼は牛島町自治会のバーベキュー大会におじゃまさせていただき、焼き手のお手伝いをさせていただきました。
暑い中でしたが、子どもたちの喜ぶ姿はいいものです。

ただ朝から炎天下のもとで少々ばて気味です・・・。


8/18(土)
午前中は資料作り。なかなかアイデアが出てきません。
もう少し猶予があるので、しっかり作りこみたいと思います。

午後は1時から民主党佐賀県連の常任幹事会に出席。
話題は「解散」の時期。
もちろん首相の専権事項ですから所属国会議員から具体的な話は聞けませんでしたが、早期の解散には慎重な対応を本部に求めていくことを確認しました。

夕方は次女が小学生の頃の保護者、先生の皆さんとの懇親会。
子どもたちの近況について話すことができました。


8/17(金)
佐賀市議会にもICT技術を積極的に導入して、議会活動の発展と効率化を目指そうと、有志議員でICT推進勉強会を立ち上げています。
今日は2回目の勉強会でした。
タブレットPC(ⅰPad等)を導入する企業は増加していますが、自治体や議会でも導入やその検討が進んでいる実例もあるとのことでした。
あわせて、タブレットPCが持つ可能性と、問題点についても話を聞くことができました。


8/16(木)
一般企業の場合、企業の状況を示す指標として、決算の状況が大きく報道され、予算がどのように組まれているかはほとんど知らされることはありません。
一方、国や地方の場合、予算編成については大きく取り上げられますが決算の内容が取り上げられることはあまりありません。
佐賀市議会では2年前まで決算の審査を11月ごろに行っていましたが、これでは審査した事項が翌年度の予算編成に活かすことができないため、昨年からは9月の定例議会中に前年度の決算審査を実施しています。
あわせて、地方版事業仕分けともいえる“事務事業評価”も行っています。
決算審査、事務事業評価とも常任委員会ごとに行うのですが、今日は評価を行う事務事業の選定作業を経済産業委員会で行いました。
4事業を選定し、来週には執行部から選定した事業の内容、執行部としての評価について説明を受けるます。


8/15(水)
ロンドンオリンピックも終わりましたが、メダル選手の特集番組が続いています。
ところで、女子サッカーは決勝戦で負けて銀メダル。一方女子バレーは3位決定戦で勝って銅メダル。もちろん銀の方が上なのですが、最終戦で勝って銅メダルの方が、同じく負けて銀メダルよりも盛り上がっていたような。
なんだか不思議です。


8/14(火)
唐津方面へお盆のお参りへ。
久々にお会いする方と様々な話で盛り上がりました。
民主党に対するおしかりも随分と受けましたが、これまでの成果についても少しは理解いただけたようです。


8/13(月)
携帯電話の調子がおかしく、ショップへ。
もとはと言えば、自分自身がバックアップをとっていなかったのが悪いのですが、ショップの方が親身になって対応してくださいました。
おかげさまで大事に至らずに済みました。
本当にご迷惑をおかけしました。


8/12(日)
税と社会保障に関する法案が参議院を通過しました。
マスコミが解散時期をあれこれ詮索していますが、いずれにしても解散は近いのでしょう。
各陣営とも動きが活発化しているようですが、政局だけに振り回されていてはだめです。
なすべきことをなす。それが政治家の役目です。


8/11(土)
循誘小学校ふれあい委員会主催の子どもキャンプが今日と明日の2日間、循誘小学校で開催されます。
直接のお手伝いはないのですが、夜のキャンプファイヤーの際、消防団路として警戒にあたりました。
幸い大きな事故もなくキャンプファイヤーも無事終了しました。


8/10(金)
中部広域連合議会の最終日。提出された議案がすべて可決しました。
その後、電力総連の東和労組の大会に出席させていただき、ごあいさつの機会をいただきました。


8/9(木)
5時半に消防格納庫に集合し、管轄内を行方不明者の捜索を行いました。消防団は地元の地理や水路の状況を把握していることから、こういう場合には出動要請がきます。

9時半から議員有志一同で、秀島市長に要請行動。佐賀市でB1グランプリを開催するなど、食でのまちづくりをお願いしました。

夜はエスプラッツ誕生祭。佐賀市出身で建築家の西村浩さんらが佐賀市のまちづくりについて語りあいました。


8/8(水)
中部広域連合議会の消防委員会、介護委員会が開催されました。
審査は終了し、閉会日の10日に採決が行われます

夜は以前の職場の方と年2回開催している懇親会。現在はそれぞれの仕事、生活をされていますが、当時の話や近況について語り合い、あっという間に時間は過ぎてしまいました。次回は年末です。


8/7(火)
中部広域連合定例議会が開会。議案質疑、一般質問が行われました。
会期は10日までです。

終了後、民主党佐賀県連青年局の打ち合わせ。九州ブロック主催のキャラバンへの対応、政治スクールの企画について打ち合わせを行いました。

熱戦が続くオリンピック。しかしその間も政局は動いています。
多くの支援者の方からも、政治は今後どうなるのかとよく聞かれますが、私たち地方議員は政局がどうなるのか知る由もありません。
ひとつだけ言えるのは、民主党所属の議員として最後まで責任と誇りを持つこと。あたえられた役割を果たすこと。
世論に流されて身内批判…。こんなことは絶対にあってはなりません。


8/6(月)
昨日の総踊りの余韻で少々足が凝っていますが、朝から市内を訪問しました。
今日一日の訪問活動で、予定していた件数をほぼ終えることができました。熱い中運転手をしてくれた妻に感謝です。

夜は地元体協の役員会。
10月開催予定の町民運動会の開催概要について検討しました。
多くの自治会では参加者の減少に悩んでいるようですが、一人でも多くの方に参加していただき、楽しんでいただける運動会にしたいものです。


8/5(日)
7時から消防器具点検。
放水してポンプやホースなどの点検を済ませ市内を巡回しました。昨日の栄の国まつりのごみが散乱しているかと思いきや、きれいな風景でした。大勢のボランティアが朝からごみ拾いをされていたと後から聞きました。

午後は栄の国まつりのこどもみこしのお手伝い。
夕方はフィナーレを飾る総踊りに佐賀市議会として参加しました。
約一時間半、精一杯踊らせていただきました。


8/4(土)
今日と明日は佐賀の夏のお祭り、栄の国まつりです。
地元呉服元町でも様々なイベントが開催されました。

まちなかを見て回りました。
やはり多くの方で賑わっている風景はいいものです。


8/3(金)
毎年恒例の佐賀県市議会議長会主催の研修会に参加。
佐賀県出身で総務省の山口祥義氏が講師でした。

議員ひろりひとりの資質を上げ、自ら変革していく覚悟がなければいけないとの指摘を受けました。
また、地域・田舎の力を再認識しなければならないとの思いも聴くことができました。
しかし、具体的に実践していくとなると、なかなか難しいものです。


8/2(木)
午前中は時間をいただき、帰省中の長女を含め、家族4名でお寺にお参りに。

菩提寺である白石町の福泉禅寺には2つの珍しい掛け軸があります。
一つはこの地で生まれたとの言い伝えがある、歌人和泉式部の掛け軸です。平安時代のもので、文字は判別できないほど傷んでいますが、故郷を想って詠んだ「「ふるさとに 帰る衣の 色朽ちて 錦の浦や 杵島なるらむ」と書かれています。
二つ目は「幽霊の掛け軸」です。
この幽霊は人を恨むものではなく、後妻になつかなかった子供たちを諌めるために子供たちの枕元に現れた母親の幽霊です。

子どものころから、話には聞いていたのですが、めったに見られるものではないと聞かされていました。
私の父でさえ、40年以上前に一度見たきりとのことでした。

実家に、お寺に行くと伝えると、父が早朝寺に行き、ぜひ見せてほしいと頼んだところ、了承していただいたとのこと。
実物を見せていただきました。すばらしいものでした。

午後は事務所の片づけ。最近外回りで書類の整理ができていなかったのですっきりしました。


8/1(水)
循誘校区の一斉ラジオ体操の日。
子ども会、体協の役員として5時半前に循誘小学校へ。
ラジオ体操後に参加者に振る舞う茶がゆの準備。
ラジオ体操は6時半からで、約300名がさわやかに体操をしました。
その後は皆で茶がゆを食べました。

その後は市内訪問活動。
昨日に続き暑い一日でした。
さすがにこの暑さは体にこたえます。


7/31(火)
午前中は中部広域連合議会の議案勉強会。
佐賀北部消防署の建設の契約案件や、23年度の決算について説明を受けました。議会は8月7日から10日の4日間開催されます。

午後は市内回り。
暑い一日でしたが、多くの方に励ましの声をいただきました。


7/30(月)
朝早く訃報が。
仲のよかった同期です。
つらいです。
闘病の末の早すぎる訃報。
心からご冥福をお祈りします。


7/29(日)
早朝から大財こども夏まつりの準備。
今回の主催は大財商工振興会ですが、地元自治会、子ども会、PTA、長寿会のみなさんにもご協力いただきました。
暑い中、焼きそばを焼いたり、こども神輿の引率をしていただいたり、本当に多くの方にご協力をいただきました。

結果として、まつりは大成功!
商工会結成45周年記念行事で、今年限りの実施ということにしていましたが、毎年開催してほしいとの声を沢山いただきました。
なんとかせねばなりません。


7/28(土)
午前中は佐電工労働組合の定時大会に出席させていただき、ごあいさつの機会をいただきました。
午後は、明日開催の大財こども夏まつりの準備。
テントを張り、焼きそば、綿菓子、ポップコーン、かき氷などの機材の設置、準備品の確認を行いました。
12年ぶりの開催とのことで、どうなるやら・・・。
不安はありますが、子どもたちや地元の方々に喜んでもらえるよう頑張ります。

夜遅くに東京で働いている長女が帰省しました。
ちょっと早めの夏休みとのこと。
しばらくは我が家もにぎわいそうです。


7/27(金)
朝から佐賀市議会の全員協議会が開催されました。
先日の集中豪雨による被害状況の説明、9月議会で実施する事務事業評価の進め方、5月から6月にかけて実施した議会報告会の総括を行いました。
午後は、資料整理と民主党佐賀県連青年局の打ち合わせ。九州ブロックでのキャラバン活動の取り組みについて議論しました。
19時からは地元循誘公民館で市政報告会。
6月議会の審議内容や、最近の佐賀市の動きについて報告させていただき、その後意見交換を行いました。
自治会や地元が抱える課題、佐賀市全体に関する課題。多くの声を聴くことができました。


7/26(木)
出張や会議続きで、思うように職場訪問、市内訪問活動ができません。
今日は朝7時に自宅を出発し、唐津、武雄、鹿島方面を回りました。
昨日までの出張で多少疲れ気味ですが、妻が運転をしてくれたので、道中は助手席でゆっくりできます。感謝です。
お盆までにはなんとか訪問活動を済ませたいと思っています。


7/25(水)
中部広域連合での岡山県津山市の視察。
津山市では一次予防に力を入れていて、市内168か所で「目指せこけないからだ講座」を実施しています。
また、参加者と非参加者の医療費、介護保険給付額の相関関係を分析しており、講座の効果を、数字で見ることができました。
非常に参考になる取り組みでした。


7/24(火)
中部広域連合での島根県松江市の視察。
松江市は介護予防事業に力を入れていて、先進的な取り組みを見ることができました。
また、医師会、歯科医師会との連携が非常に強く、中部広域連合としても非常に参考になる話を聞くことができました。
視察終了後は一旦岡山まで戻り、岡山県北東部の津山市まで移動しました。


7/23(月)
朝から青空が広がっています。
佐賀の梅雨明けも間もなくでしょう。
7時から呉服元町の愛宕神社境内の清掃、草取りを行ないました。明日は愛宕神社の例祭ですが、出張のため妻に出席してもらいます。

出張は中部広域連合議会で島根県松江市と岡山県津山市に視察です。
岡山まで新幹線。その後、伯備線に乗り換えて松江に向かいましたが、大雨のため途中が不通となってしまい、代替バスに乗り換える事になりました。
一時間半程度遅れて無事松江市に到着しました。


7/22(日)
なかなか梅雨が明けません。
佐賀市消防団では、毎月2回各部ごとに消防器具点検と、ポンプ操法、ホース取り扱いの訓練を行っています。
もちろん全てに参加できるわけではありませんが、もしもの時に備えて点検と訓練を重ねています。
しかし、先般実際の火災の時に、基本的な訓練が出来ていないのではないかと思われるような行為があったため、佐賀消防署において、中央分団4部が集まり、合同研修会が開催されました。
9時から始まった訓練では、ポンプ、ホースの取り扱い、日頃の点検で配慮すべき点を再確認しました。
また実際の火災出動の際、私たち消防団は河川から消化用水を汲み上げますが、訓練ではマンホール内の消火栓からの放水の訓練も行ないました。
今後の活動に活かせる、意義ある研修会でした。

午後は地元牛嶋天満宮の子ども御輿のお手伝い。
4台の御輿がそれぞれの町内を周り、健康と繁栄の思いを伝えました。沿道の方々も大勢出てきていただき、力水をかけるなど声援を送っていただきました。


7/21(土)
午前中は、大財郵便局の島前局長の叙勲授賞記念パーティーに出席。本当にうれしい、おめでたいパーティーでした。
午後はキックベースボール大会の練習の予定でしたが、雨と雷で中止に。当日監督を務めていただく方、子ども会役員とで打ち合わせを行いました。
7月29日が佐賀市の大会です。


7/20(金)
大財こども夏まつりのこども神輿の道路使用許可のため、佐賀警察署へ。来週には許可がおります。
午後は自治基本条例調査特別委員会。ニセコ町の自治基本条例に携わり、海外の地域コミュニティに詳しい、九州大学の木佐教授から講演をいただきました。
終了後九電ユニオン佐賀支部の執行委員会に参加。ごあいさつの機会をいただきました。


7/19(木)
地元自治会長、商工会の訪問活動を行いました。
午後は、循誘小学校の平川PTA会長と大財こども夏まつりの打ち合わせ。商工会だけでは対応できない、屋台のお手伝いをしていただくことになりました。
夕方は職場での市政報告会。50名ほどの方に参加していただきました。


7/18(水)
午前中は市内訪問活動。
午後は、大分県議会議員の藤田さんと大分市議会議員の早川さんと堀さんが佐賀市にこられました。
大分市では駅前再開発に佐賀市出身の西村浩さんがかかわっていらっしゃるとのことで、実際に西村さんが提案された「わいわい!コンテナ」をはじめ、佐賀市のまちなか再生の現状を見るためで、市内を案内しました。
今後も連携をとり、それぞれのまちづくりに活かしていくことを確認しあいました。


7/17(火)
佐賀市倫理法人会のモーニングセミナーにおよびいただき、講話させていただきました。
会員の知り合いに5月ごろお願いされていたのですが、しっかりとした準備もできず、反省です。ただ新しい出会いには感謝、感謝です。

セミナー終了後事務所へもどり、職場市政報告会のお知らせ配付を済ませ、大和、富士、三瀬方面を回りました。幸いにも大雨による被害はごく僅かのようでした。それにしても暑い一日で、議会だよりを配るための車の乗り降りが体にこたえます。

夜は久しぶりに同期と懇親会。
一口目の生ビールにうなると、近くで見ていた店員さんが「本当においしそうですね」とうらやましそうな顔をされていました。
そうですよね。この時間、店員さんは人がうまそうに飲んでいるのを見るだけなんですよね。仕事が終わってからおいしいビールを堪能してください。


7/16(月)
3連休の最終日。昨日までの大雨の被害確認と議会だよりを持ってまわるため、佐賀市南部をまわりました。幸い、大きな被害はなかったようです。
 午後には自宅へもどり、明日朝の佐賀市倫理法人会モーニングセミナーの講演の準備。講師を引き受けたものの、何をお話ししたらいいのやら・・・。若手経営者のモーニングセミナーです。安請け合いと後悔の繰り返しはいつものことですが、今回は本当にどうなるかわかりません。飾らず、自分の言葉で、つたない経験で感じ取ってきたことをお話ししようと心に決め、それでいいんだと自分に言い聞かせました。


7/15(日)
 市民体育大会の応援へ。今日はグランドゴルフ、女子ミニバレー、男子バレーに地元循誘体協のチームが出場しました。
 午後から別の予定があり、予選しか応援できませしたが、やっぱり地元チームの頑張りには励まされますし、応援にも力が入ります。
 
 大雨の被害が伝えられています。福岡、大分、熊本は人的被害も出ています。行政の迅速な対応が望まれます。


7/14(土)
 雨は小降り。朝から市内を回ろうと本庄方面へ。しかし、途中の冠水でやむなく久保田方面へ。しかし、砥川付近が通行止めとのことで、大渋滞。またいたる所で冠水。
 やむなく今日は引き返そうとしていたところ、民主党佐賀県連の内川幹事長から電話。佐賀県連として災害対策本部を立ち上げる。県連連に集合してほしいとのこと。
 すぐさま県連へ向かい、県内市町の災害状況の情報収集を行いました。幸いにも大きな被害はないようでしたが、原口代表、大串・川崎副代表を交えた第一回会合において、引き続き被害状況の収集に努めることを確認しました。

 夕方は佐賀県電力総連の提示大会に出席。ごあいさつの機会をいただき、その後、懇親会にも出席させていただきました。叱咤激励をいただきました。


7/13(金)
 朝から市内を回りました。雨脚が強まり一旦自宅へ。ニュースでは大雨の被害が報告されていました。
 しかし、次女の進路相談に行かなければならず再び外へ出ると道は大渋滞。通常10分で行く学校まで1時間かかりました。
 被害が出ないことを祈ります。


7/12(木)
 佐賀市議会臨時議会が開催され、庁舎拡張のための土地取得に要する補正予算約6億8千万円と、神谷前副市長の後任に、赤司邦昭氏を選任する議案が可決しました。

 議会終了後は、全員協議会が開催され、佐賀市のごみ処理施設統合に向けた経過と今後のスケジュールが報告されました。地元の皆さまのご理解が不可欠です。誠意をもった対応を望みます。

 夜は九電ユニオン武雄分会の大会に出席し、ごあいさつの機会をいただきました。


7/11(水)
九電ユニオン鳥栖分会と佐賀分会の大会に出席し、ごあいさつの機会をいただきました。

節電要請や計画停電への対応で、職場の繁忙感は高まっています。さらなるコスト削減策も示されていますが、この難しい現状をしっかりと踏まえ、それぞれの立場で頑張っていくことを確認しあいました。

懇談の機会もいただきました。今後のエネルギー政策がどのようになるのか。民主党政権はどうなるのか。様々なご意見をいただきました。


7/10(火)
昨日から、佐賀市議会23年度分の政務調査費の資料が公開されました。早速新聞記者の方々が閲覧されていました。
今後は多くの市民の方も見にこられるでしょう。

政務調査費資料は、議会図書室でどなたでも見ることができます。


7/9(月)
12日の臨時議会に向けて議会運営委員会が開催され、その後議案勉強会が開催されました。

午後には議会だより11号が納入され、仕分け作業を行いました。
仕分けだけでも半日はかかります。

7月、8月は出張、中部広域連合議会などが入っていて、その合間をぬっての配付となります。


7/8(日)
午前中、大財フラワーロード実行委員会の花の苗植えのお手伝いをさせていただきました。
佐賀市が推奨するアダプトプログラムです。

地元の方が春の叙勲を受けられました。
大財商工会のメンバーでお祝いをしました。

以前、大先輩の叙勲申請のお手伝いをしたことがありますが、大変な労力がかかります。


7/7(土)
第65回市民体育大会の開会式に参加。
7月16日の閉会式まで19競技で熱戦が繰り広げられます。

その後は、地元でお願いされていた現場を見て回り今後の対策を話し合いました。

夕刻は民主党佐賀県一区総支部の常任幹事会に出席。
衆議院での採決後はじめて原口一博代表から、棄権に至った経緯とこれからの行動について説明を受けました。
代議士の思いはある程度理解できましたが、支援者からの問いに対して一言一句代弁することはできませんし、思いを代弁することは不可能です。また私自身、代議士の思いに軸足をおいてこれから支援者に理解を求めていくことも難しいと思います。

これから議論は参議院に移りますし、社会保障の国民会議も始まります。これからどのような議論になっていくのかしっかりと見ていくことが必要です。


7/6(金)
昨日に引き続いて自治基本条例調査特別委員会の視察です。
今日の視察先は埼玉県三郷市。
三郷市の自治基本条例の特徴は何と言っても、制定後の動きです。
自治基本条例のみならず、制定までは力を入れるのですが、三郷市はむしろ制定後に、精力的に研究会やワークショップが字開催されています。
執行部のまちづくりに対する意欲を垣間見ることができました。


7/5(木)
自治基本条例調査特別委員会の国分寺市の視察でした。
国分寺市では平成21年に自治基本条例を施行していますが、条例づくりがスタートして施行まで、7年もの時間がかかっています。
もともとが市長の選挙公約で検討が始まったとのことでしたが、36 回におよぶ市民会議による検討、45回の市職員による検討を踏まえ、その後の34回の合同検討会で素案を作り上げたとのこと。
また、素案策定後、議案として上程するまで2年以上もかかっています。
その理由についてはここには詳しく書くことは避けますが、市民会議、執行部、市長、議会の信頼関係が重要であることを痛感しました。

視察終了は翌日の視察先である埼玉県三郷市に移動。
今回の視察は移動が少なくて助かります。


7/4(水)
今日から自治基本条例調査特別委員会の視察で、東京都の国分寺市と埼玉県の三郷市に視察に行きます。
今日は国分寺市への移動のみです。
夜は自由という事で、東京で働いている長女に連絡をして2人で夕食をしました。
佐賀を出て三年がすぎました。早いものです。
次女が家を出ると妻と2人きりになります。


7/3(火)
朝から大雨です。
予定されていた中部広域連合の消防施設視察は中止になりました。

民主党内では増税法案への造反者への処分が決まりました。
それぞれの信念を持っての行動ですから、処分はしっかりと受けるべきです。問題は処分を受け、民主党内に留まった議員たちの今後の言動です。
引き続き反対を貫くのであれば、処分を受け止めた事になりません。市民の皆さんから多くの意見をいただき
ますが、正直私自身返答に困っています。


7/2(月)
議会だよりの入稿のを済ませました。
議員になって以来、定例議会ごとに発行を続け、11号を迎える事ができました。
来週には完成し、配付をはじめます。しばらくは外回りです。


7/1(日)
朝7時から消防団の器具点検へ。今後の日程について部長から説明を受けたところで時間がきて、循誘子ども会の球技大会のため、小学校へ。その時点では雨はあがっていましたが、昨夜からの大雨でさすがにグランドは使えず、キックベースボールは中止で、体育館でのドッジビー(フリスビーでドッジボール)に変更。
参加6チームが2試合ずつ戦い、上位2チームによる決勝線。
12時すぎには終了。
自宅へ戻り、翌日の議会だよりの入稿のための最終チェック。
それにしても雨の多い週末でした。


6/30(土)
二十数年ぶりに病院で朝を迎えました。
昼食を済ませれば退院していいとの事で、13時前に病院を出ました。
その後は、本来検査異常なしで金曜日に済ませようと思っていた仕事をバタバタと済ませ自宅へ。
夜は飲食有りの会合が2件入っていたのですが、さすがにキャンセルさせていただき自宅でゆっくりとさせていただきました。

毎年受けている健康診断ですが、日頃からの健康管理も大切です。


6/29(金)
今年の健康診断後、大腸の精密検査を受けるように指導を受けました。
昨日昼以降食事を摂らず検査に備え、朝から病院へ。
準備の後、午後検査を行うとポリープが…。
直ぐに切除してもらい、処置は40分程で終了しました。
特段異常がなければ一日の入院で済みそうです。

年齢も年齢ですから今まで以上に体には気をつけないといけません。
今日も一日絶食です…。


6/28(木)
午前中は議会だより用の写真撮影で市内を回りました。

午後は自宅で議会だよりの編集。
7月2日に入稿予定です。


6/27(水)
佐賀にもどってその足で九電ユニオン武雄電力所分会の大会に出席し、ごあいさつの機会をいただきました。

大会では、民主党政権に対する厳しい意見が出されています。
政権交代にかけた思いとの違いにいら立ちがつのっています。

その後佐賀に戻り、7月29日開催予定の、大財こども夏祭り実行委員会に出席。大枠は決まりましたので、これから詳細の詰めに入ります。

商工会、商工会青年部、自治会、長寿会、こども会が力をあわせて成功に向けて頑張ります。


6/26(火)
連合アカデミー記念シンポジウムが東京の連合本部で開催され、パネルディスカッションのパネラーとして参加しました。

連合アカデミーは、次代の労働運動を担う中心的リーダーを育成する事を目的に平成13年にスタートしたもので、私も2期生として平成14年に入校し、平成15年に無事卒業しました。
前期9日間、後期9日間の合同研修と、その間5名のゼミ生と、東海大学の廣瀬助教授(当時)で約一年間研修を行い、労働組合と地域社会との共生について研鑽を深めました。
今思い起こしても、ハードで内容の濃いアカデミーでした。

今回のシンポジウムはこのアカデミーが今年で10回目を迎えた事を記念して行われたもので、卒業生や講師など約50名が参加しました。

冒頭、現在の連合アカデミーの校長である古賀連合会長が問題提起。
世界各国では、労働組合の活動が社会化し国民的信頼を得ている事や、最近になって国連やIMF、OECDなどにおいて、良質な雇用の確保が社会の基盤であるとの認識が高まってきている。日本においても連合が社会を支える基盤とならなければならない。との内容でした。
その後の、パネルディスカッショは自分の発言にいっぱいいっぱいで、内容を詳しくメモできませんでしたので、主催者の教育文化協会が後日公表する(であろう)報告に委ねます。
多分支離滅裂な事を言ってると思いますが。

その後は全体の交流会。2期生は、私鉄総連の瀬森さん、連合本部の森原さん、陳さんが参加されていて、当時の話とその後のそれぞれの人生の話で盛り上がりました。

衆議院で増税法案が可決しました。
民主党佐賀県連代表の原口代議士は棄権、副代表の大串代議士は賛成票を投じました。
党内分裂を避けるべきとの声もありますが、組織論から言えば厳正な処分が必要だと思います。


6/25(月)
週末は雨音でテレビの音さえかき消されるほどの大雨でした。
幸いにも佐賀市には大きな被害はなかったようです。

最近活動日記のアップが遅れ気味だったため、朝一で作業を済ませ、続いて組織内への報告書を作成。
職場を回ってきました。

その後は昨日打ち合わせを行った大財子ども夏まつり実行委員会に向けた資料作り。基本的な考え方は決まりましたので、あとは実施に向けて詳細を詰めて行くことになります。

その後は議会だよりの編集に取り掛かりました。

明日は東京で開催される会合にパネラーとして参加します。その資料が夜届きました。
今さらバタバタしても始まらない。腹をくくってありのままの自分をさらけ出すしかありません。
キーワードは熱くなりすぎない。


6/24(日)
朝から大雨。災害が心配です。
10時から大財商工振興会の役員が集合し、来週の実行委員会に向けて議題を整理しました。

資料をつくって水曜日の実行委員会に臨みます。

午後は雨の中、ずっと気になっていた倉庫の整理。
無心の作業。あっという間に時間が過ぎました。

報道番組は大雨の被害を伝えています。
また、民主党内の造反・離党が何人か・・・。
やはり政局というのはマスコミが食いつきます。
でもこんな報道で本当にいいのかな・・・。


6/23(土)
午後1時から龍登園で開催された九電料金ユニオン佐賀支部の大会に出席し、ごあいさつの機会をいただきました。
各県に設置している支部が、組合員減少などの理由から廃止されるとのことで、支部大会は今回が最後とのことでした。
苦渋の決断だったと思います。
夜は引き続きレセプションに参加させていただきました。

レセプションは一時間ほどで失礼し、地元自治会長など8名での三夜待に合流。これからも定期的に開催していこうということになりました。


6/22(金)
10時から本会議がはじまり、議案の採択、意見書の提案理由の説明、討論、採択等が行われ、定例議会が終了しました。

閉会後、7月で退任される神谷副市長から退任のあいさつがありました。
午後いちで九電ユニオンお客さまセンター分会の大会に出席し、佐賀市議会の状況、民主党佐賀県連の動き、来年夏の参議院議員選挙等について報告とお願いをさせていただきました。

その後福岡へ向かい、九州電力総連と九電生協の合同レセプションに出席し、ひとことごあいさつの機会をいただきました。


6/21(木)
九電ユニオン電力センター分会の大会が開催され、ごあいさつの機会をいただきました。
佐賀市議会の状況、民主党佐賀県連の動き、来年夏の参議院議員選挙等について報告とお願いをさせていただきました。

ところで、税と社会保障の一体改革法案の行方は。
民主党に籍を置く地方議員としてはもどかしいことこの上ありません。


6/20(水)
10時から議会運営委員会が開催され、閉会日の議事進行や、今議会に提出された5件の意見書に対する、各会派、準会派の賛否を確認しました。
その後は、議場への国旗・市旗の掲揚について協議を行いました。
これまでも長い間拡大代表者会議でも協議し、議会運営委員会に協議が移管された後も何度も協議を行ってきましたが、賛成派、反対派が歩み寄ることはありません。
これ以上協議しても時間の無駄では・・・。
早く決着をつけなければなりません。


6/19(火)
昨日常任委員会で審査した議案の採決を行い、付託された全議案について原案通り可決承認しました。

午後は、さが城下みず再生研究会のメンバーで、農政局、国交省、佐賀県、佐賀市に、約1万5千名の署名を添えて、中心市街地の水量を取り戻すための要望を行いました。
この取り組みは始まったばかり。
息の長い活動になりそうです。


6/18(月)
佐賀市議会は常任委員会審査。
私が所属する経済産業委員会は、審査案件が少なく、1時間ほどで審査終了。
その後は、議案ではないものの、あらかじめ議会側に説明をしておくべき件をについての、経済産業委員研究会が開催されました。
エスプラッツの現状、九州ご当地グルメフェアの状況、県立病院移転に伴うバス路線の変更計画について説明を受けました。

夜は循誘子どもかいの運営委員会。球技大会や当面する活動について確認しました。


6/17(日)
大財2区自治会では、県道沿いに花を植え、街をきれいにしようという取り組みを行っていただいていで、これを「アダプトプログラム」と呼んでいます。
今日はその作業の日と聞いて、お手伝いに行ってきました。
長年の取り組みに頭がさがります。

午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。
税と社会保障改革の一体化改革が大詰めを迎えていますが、原口代表からは、マニフェストの旗を降ろしたわけではない。政権政党として、党を割るようなことがあってはいけないとの決意が述べられました。全くそのとおりです。党として決断したこと、公党間で合意したことの重みは相当なものです。

持続可能な社会保障制度の確立と国民生活の安定に向けては、むしろ法案成立後です。そのための意見はしっかりと言っていきたいと思っています。


6/16(土)
翌日の父の日ため、実家に帰ろうかと思っていたのですが、翌日の消防器具点検や地元行事などを考えると、どうしても帰ることができませんでした。
今年実家に帰ったのは、正月と母の日の2回。父の日を軽く見ていると思われては本意ではないので、両親に我が家に来てもらいました。

久しぶりに親孝行をしたような気持になりました。

ちなみに、東京で働いている長女からは、「父の日にビールの詰め合わせを送った」とのメールが届きました。


6/15(金)
一般質問は本日で終了し、その後議案質疑が行われました。
本会議終了後は、議会運営委員会が開催され、他市の議場の国旗・市旗の掲揚の状況について事務局より説明を受けました。
長い間議論され、並行線のままの議論です。
次回議会運営委員会で再度検討を行うこととしました。
国旗・国家が軍国主義の象徴という発想の方とはいくら議論しても着地点は見いだせないでしょう。

夕方は九電ユニオン佐賀支部の大会に出席しごあいさつの機会をいただきました。厳しい状況ですが、議員の立場でしっかりとがんばっていくことを約束させていただきした。


6/14(木)
関西電力大飯発電所の再稼働に向けて大きく前進しました。
電力不足で国民を脅して再稼働ありきの動きと、マスコミは報道しています。
本当に動かしたくない、節電で何とかなると思っているなら、夏場のピーク時は、テレビ局は一斉に放送を中止する、新聞社は紙面を半分に減らして、夕刊を中止するぐらいの事やってもらいたいものです。
自分らは何もせずに、言いたいことだけ言う。
国民を脅し、不安を煽っているのはどっち?と思います。

九州電力が計画停電の概要を発表するのの報道がありました。具体的な中身が示されれば、それはそれでマスコミは叩くんでしょう。
ユニバーサルサービスと供給責任。そんな軽いものではありません。


6/13(水)
定例議会は一般質問が続いていますが、今日は登壇者4名で午後3時過ぎには議会は終了しますした。
夕方5時からは、民主党佐賀県連の地域政策会議、政策調査会に出席しました。
その後、大財商工振興会の記念事業、大財こども祭りの実行委員会に出席。商工会役員、自治会、こども会、長寿会の皆さんにも実行委員に加わっていただき、全体スケジュールや、催しものについて検討しました。
私たちのこどもの頃の楽しみといえば、夏祭り。
今どきの子どもたちが楽しんでもらえるのか・・・いや、些細な催し物でも絶対に楽しんでもらえる!祭りは7月29日(日)の予定です。


6/12(火)
朝、職場を回っていると、「今日一般質問ですよね。傍聴いけませんが、頑張ってください」と声をかけていただきました。
またFACEBOOKにも「今日一般質問で登壇します」と投稿したところ、多くの激励をいただきました。
さらに、「今日は休みなので時間がとれれば傍聴に行きます」とのメッセージも。

私の出番は午後2時前。壇上から傍聴席は見えるのですが、視力が悪く顔は全く見えません。前の議員の傍聴の方が残っているのかなと思っていたのですが、終了後FACEBOOKに「傍聴に行きました」とのメッセージ。ありがとうございました。

一般質問では、市民との共同で行う美化・清掃活動「アダプト・プログラム」の充実、防犯・防災等の視点から市営住宅の空き家管理、FACEBOOKの活用、放課後児童クラブの周知徹底について執行部の考え、今後の対応を確認することができました。

夜は早めに帰宅してワールドカップ最終予選を観戦。
ドローで良しとしなけばですが、何か納得いかない試合でした。


6/11(月)
先週木曜日、今議会の意見書が締め切られ、本日朝全議員に配布されました。今回の意見書は5件。今週末ごろから取り扱いについて調整がはじまります。

議会は先週金曜日に続き一般質問が行われ、5名の議員が登壇しました。


6/10(日)
自宅で原稿を書いていたのですが、いまひとつ集中できず、昨日オープンした「わいわい!コンテナ2」までパソコンを抱えて行ってきました。
中は空調も心地よく、クールシェアにももってこい。
集中して作業することができました。

国会も終盤を迎え、税と社会保障の一体改革の議論が大詰めになっています。民・自・公による修正協議が続いていますが、今国会中に成立となるのか、会期延長となるのか。目が離せません。
ところで民主党内では、増税反対派が元気なようですが、まるで野党議員のように映ります。政権政党に身を置く議員としていかがなものかと思います。
修正協議が合意して、いざ採決となった時、党議拘束がかけられても反対を続けるのでしょうか。
様々な批判があるのは十分わかりますが、持続可能な社会保障制度の確立のため避けては通れない問題です。


6/9(土)
まちなかの賑わいづくりのための社会実験「わいわい!!コンテナ」第2弾が今日からスタートしました。
10時から地元の皆さんと一緒に芝生を貼り、11時30分からオープニングイベントが開催されました。
まちなかの空き地に、市民がくつろげるスペースが誕生しました。

夜自宅に地元の自治会長から電話が。近くの自治会長仲間と飲んでいるので出で来ないかとのことでした。
よろこんで合流させていただきました。


6/8(金)
6月定例議会今日から一般質問がはじりました。
今回一般質問を行うのは24名で、来週の金曜日まで続きます。
私の登壇は6月12日(水)の午後2時ごろの予定です。

議会終了後、執行部の方から報告を受けました。
今回の一般質問は関係ないのですが、以前相談していた件が実現できるとのことでした。


6/7(木)
長崎で開催されている九電ユニオンの本部大会レセプションに参加するため長崎へ。
400名ほどの参加者の前で組織内議員として紹介していただきました。定例議会の時期でもあり参加できた組織内議員は半分程度でした。
来年は佐賀市で本部大会が開催される予定です。


6/6(水)
5月から発行の準備を進めてきた呉服町自治会の会報「ごふく通信」がやっと完成し、印刷、全戸への配布を行いました。
今後も定期的に発行していきます。
発行の打ち合わせの際、自治会長からまちなかのプランターの移動作業を頼まれました。自治会も高齢化が進み、なかなか力仕事が頼めないそうです。

午後は一般質問の原稿チェックと情報収集。

サガン鳥栖劇的逆転勝ち! ホークス泥沼8連敗・・・。
好対照です・・・。


6/5(火)
午前中2件のヒアリングを行いました。
これで一般質問のヒアリングは全て終了。午後から原稿をまとまました。
夕方は地元自治会の打ち合わせを行い、その足で「わいわい!コンテナ2」の予定地を見に行きました。
コンテナはすでに設置されていて、最終の作業中でした。
「わいわい!コンテナ2」は656広場の南側、旧佐賀銀行呉服元町支店西側に設置されます。6月9日(土)10時から皆で芝生を貼って11時30分からオープニングセレモニーが開催されます。
中心市街地活性化の起爆剤となるか!?
皆さまのお越しをお待ちしています。


6/4(月)
今日から6月定例会。
朝事務所に顔を出すと、書記長がなにやらあわてふためいている。話を聞くと、完成間際だった来週の支部大会用のデータが消えてしまったとのこと。相当ショックの様子。議会が終了して戻ったら手伝うことを約束して議会へ。
本会議は10時に開会。会期の決定後、閉会中に断続的に開催された特別委員会の検討状況の報告などが行われました。
その後長年議員を務めたかたへの表彰式が行われ、11時ごろには終了しました。

午後事務所へ戻ると書記長が悪戦苦闘中。
専門家に依頼してデータの復旧を試みるも、データは回復せず、一から資料作成。
急いで翌日の打ち合わせ用の資料をつくって手伝い開始。
4~5時間手伝いなんとか目途がつきました。
みなさんもご注意ください。


6/3(日)
朝7時から消防団の器具点検。
真冬に比べれば随分やりやすくなってきました。
消防団はこれから夏にかけて、様々な行事が行われます。可能なかぎり参加していきます。

昼ごろからは2日3日の2日間行われている九州ご当地グルメフェアへ。昼時ともあって多くのお客さまでにぎわっていましたが、テントの前にはあまり行列がない感じ。一番並んだのが15分程度でB級グルメを買うことができました。
会場内で何名かの知り合いと会いましたが、定期的に開催してほしいとの声をいただきました。担当部局に伝えたいと思います。

明日から6月議会。しっかりとがんばります。


6/2(土)
朝8時半集合。
循誘小学校中庭で、循誘こども会主催の環境まもり隊の収穫作業。
冬に植えた大根と玉ねぎを収穫しました。
収穫した後は、畑を耕しなおし、サツマイモを植えました。
秋の収穫が楽しみです。
作業終了後は、みんなでカレーを食べました。

午後いちは佐賀商業に高校総体の応援に。
かつて所属していた(30年ほど前)塩田工業サッカー部の3回戦。前半押し気味でしたが、後半セットプレーから一点を奪われそのままゲームセット。負けましたがいい試合でした。

夕方は大財商工振興会の総会に出席。昨年に引き続き相談役に就任させていただきました。


6/1(金)
政策研究フォーラム九州支部・佐賀県連絡会の研修会に参加し、中央大学の谷口教授から「わが国のエネルギー政策と経済見通し」と題した講演を受けました。
主な内容は・・・。
全ての原子力発電所が停止しています。このままでは、経済や国民生活に対する負担があまりにも大きすぎます。
徹底した節電をしたとしても電力不足はおぎなえません。
冷静な議論と判断が必要です。
無責任な評論家と称される方の話ばかりを垂れ流すマスコミの責任も大きいと言えるでしょう。

全くもってそのとおりです。


5/31(木)
9時、14時、16時と一般質問のヒアリングを受けました。質問の骨子は決まっていて、データも要求しましたので、後は総括質問の原稿作りにかかります。
11時からは循誘校区牛島町自治会の長寿会の昼食会に参加させていただき、公民館長のあいあさつ、会場の長徳寺住職の説法のあとお弁当を食べながら市政や政治について懇談させていただきました。
皆さま本当にお元気です。


5/30(水)
9時から議会運営委員会が開催され、6月議会の会期が6月4日から6月22日までと決まりました。
議会運営委員会終了後一般質問の質問順抽選が行われ、14番を引きました。今回一般質問を行うのは24名で、私の登壇は6月12日(火)の14時ごろになります。

その後は6月定例議会の議案勉強会が行われました。


5/29(火)
先日、後援会看板の新しい証書を張りなおしていると、一か所看板の破損を発見。今日はその改修。3年間も屋外に設置しているとさすがに骨組みの木材が疲れています。
ところで、ほかの方の看板を見ているとかなり以前の証書のままの方がいらっしゃるようですが、いいんでしょうかね・・・。

発行を検討している呉服町自治会だよりの原稿が出来上がりました。自治会長の最終チェックを受けます。


5/28(月)
6月定例議会が6月4日に召集されました。
今定例議会においても一般質問を行うため質問項目の整理などの準備を行いました。
午後は循誘校区社会福祉協議会の総会に出席させていただきました。理事に就任しました。


5/27(日)
朝の消防器具点検は体調不良によりお休みさせていただきました。

午後は循誘鉱区大財二区自治会の総会にお招きいただき、ごあいさつの機会をいただきました。
最近は通学中の子どもたちが巻き込まれる交通事故が多発しています。地域全体でこどもへの眼差しをお願いしました。


5/26(土)
民主党沖縄・九州ブロックの青年局の会議が福岡で開催され、鳥栖の下田市議と二人で佐賀県代表として出席しました。
今回の会議は沖縄・九州ブロックでの青年局活動のスタートと位置づけ、「キックオフ会議」との名称。
衆議院議員の津村啓介青年局長が、政治を変え、すそ野を広げていくためには青年局の活動を活発化させなければならないとあいさつされました。
その後、沖縄・九州ブロックとして、街宣キャラバンや交流会などを行っていくことを確認しました。

その後、福岡県連青年局主催の政治スクールの講演を聴講。
講師は福山哲郎前官房副長官。
官邸で東日本大震災の指揮にあたった当時の貴重な話を聞くことができました。客観的事実は事実として冷静に理解することの重要性を感じました。

今後のエネルギー政策の考え方については、時間があれば話すとおっしゃっていましたが、残念ながら時間切れで聞くことはできませんでした。


5/25(金)
九電工労組佐賀支部の定期大会が開催され、来賓としてあいさつの機会をいただきました。
九電工労組さんには、様々な研修会に声をかけていただき感謝しています。
懇親会でも多くの方と交流をさせていただきました。


5/24(木)
民主党サポーターの県連締切日。
私たち議員にもノルマが課せられます。
今年もなんとかノルマを達成できました。
民主党のサポーターになってくだい。2000円です。
なかなか言いにくいのが現状ですが、まだまだ見捨てられていないことも事実です。


5/23(水)
午前中は九電ユニオンOBの皆さまと小城市のアイルでグランドゴルフ大会。年に1・2度しかしないグランドゴルフです。
OBのみなさんは、地元やチームで日々練習を重ねておられる方も多く、とても太刀打ちできません。
交流を深めながら、気持ちいい汗を流させていただきました。
夕方は民主党佐賀県連の地域政策会議で、団体から出された陳情要望の仕分け作業を行いました。
議論となったのは連合佐賀から出された、震災瓦礫の広域処理に関する要望。瓦礫処理をわざと原子力事故とごっちゃにさせて混乱させようという風潮があります。
会議の中では、総論賛成各論反対の感じ・・・。
なんともやるせない。地元だけでもできるという事を言う方がいますが、現在処理施設がどれくらい新設されたのか。今後の見通しはどうなのか。いつまでに瓦礫の処理を終わらせる計画なのか。そのためにどれくらいの瓦礫を広域処理する必要があるのか。
こんなことが分っていれば、地元で十分処理できる・・・などとの発言は出てこないのでは?


5/22(火)
自治基本条例調査特別委員会が開催され、佐賀市における「協働」の現状について説明を受けました。
「協働」という言葉自体は定着していますが、行政と市民の間に受け止め方の違いがあります。
自治基本条例を制定するには、行政と市民、各種団体が「協働」についての認識を共有する必要がありますが、それ以上に市の職員、各部所も共通認識を持つ必要があります。
夕方は自治体協議会総会の懇親会に出席させていただき、自治会町長と意見交換をさせていただきました。
叱咤激励をいただきました。これからもがんばります。


5/21(月)
地元の呉服町自治会で、住民への情報提供を行うため自治会だよりを発行しようという意見があり、編集の手伝いをしてほしいとの要請がありました。
午前中、たよりタイトルのや創刊号の紙面構成について打ち合わせを行いました。
創刊号は5月下旬に発行予定です。


5/20(日)
公式行事のない一日。
書類整理や資料作成にを行いました。
6月定例議会の一般質問の準備も進めています。


5/19(土)
議会基本条例に基づく議会報告会を、嘉瀬公民館と鍋島公民館で開催しました。
3月議会における24年度当初予算、条例の審査状況等について報告を行ったあと、出席者との意見交換を行いました。
財政の見通しや防災・減災対策などに意見が集中しました。


5/18(金)
中部広域連合議会の臨時議会が開催され、副議長の人事などについて採決を行いました。
夕方は唐津で開催されている九電ユニオン佐賀支部の執行委員会に合流。民主党佐賀県連の動向などについて様々なご意見をいただきました。


5/17(木)
経済産業委員会研究会が開催され、課題となっている、旧ダイエー跡地に建設予定の新商工ビルの駐車スペースの確保、エスプラッツの現状について説明を受けました。
エスプラッツの利用者数については、ハローワークの移転による効果が見えていません。テナントも厳しい状況にあります。
建物を誘致しても中心市街地の活性化には繋がらないとの指摘は以前からありましたが、現状ではその指摘のとおりとなっています。
今年度は公的施設の誘致に加え、わいわいコンテナ2や空き家の活用などを進めて行く事としています。
中心市街地を元気に。皆さまのご協力をお願いします。


5/16(水)
神奈川県相模原市へ行政視察。
視察項目は森林再生プランと耕作放棄地。
国の施策が変わって、間伐材を山中に放置する、切り捨て間伐では国からの補助金が出なくなったため、間伐材を山から運び出さなければなりません。そのため佐賀市では今年一年かけて森林林業再生プランを策定することになっています。
間伐材をどう活かすか。流通のシステムをいかに作るかがポイントになってきますが、相模原市では国の補助ではなく神奈川県の補助で対応してきており、国の制度が変わっても、県の制度は変わらないとのこと。ということは、間伐材をどう活かしていくかについては、具体的な話を聞くことはできませんでした。
佐賀市の状況とは根本的に異なる状況でした。
しかし、森林再生に市民の理解と協力がなければなりません。また森林は空気の城下や水源の確保など、環境保全に大きな役割を果たしています。
市民をまきこんだプランの策定の必要性を感じました。


5/15(火)
東京駅の八重洲口から出ている直行バスで茨城空港へ。
茨城空港発の航空チケットを持っている方は、料金が500円。持っていない方は1000円です。
1時間40分ほどの距離ですから、チケットを持っている方はかなりお得な料金です。
茨城空港発2年前に開港する際、就航する便の見込みがつかず話題になりましたが現在では、札幌便の、神戸便、上海便が就航しています。
平日昼間で神戸便、上海便が出発した直後にもかかわらず、多くの市民で賑わっていました。
空港でのイベントの開催や広報などに力を入れ、市民の憩いの場としても親しまれていました。
25年には隣接地に、道の駅ならぬ空の駅をオープンさせるとの事。ぜひもう一度言って見たいです。
佐賀空港にも今年一月に春秋航空が就航しました。佐賀市の経済に寄与するよう検討をしていかなければなりません。


5/14(月)
今日から経済産業委員会の視察です。
今日は移動して、東京に宿泊。翌日茨城県小美玉市の視察です。
先週東京都の杉並区役所前の株式会社竹八の一角をお借りしてオープンした佐賀市物産直売場を見て来ました。
平日にもかかわらず多くのお客さまで賑わっていました。
今後は商品の充実や見直しが必要になってくると思います。


5/13(日)
早朝から循誘体協のソフトボール大会の設営。
出場する試合までの時間をぬって、大隈重信の功績をたたえる大隈祭に出席。
午後いちでソフトボールの試合に出場しましたが、途中で失礼して、地元の公民館で開催される議会報告会に参加。20名以上の方にお越しいただき、様々なご意見をいただきました。


5/12(土)
循誘小学校PTAの歓送迎会に参加させていただきました。
子どものため、地元の活性化に熱意をもっていただいている方の思いに、こちらも心が熱くなりました。


5/11(金)
民主党佐賀県連で日曜日に開催される常任幹事会に提案する、政治スクールの打ち合わせ。その後は地元の自治会の方と、今後の自治会活性化の打ち合わせ。宿題をいただきました。
夕方は久しぶりに実家に帰りゆっくりさせていただきました。


5/10(木)
午前中は全員協議会が開催されました。
議題は、県立病院跡地の利用と、市役所本庁舎との耐震拡張計画についてでした。
この件はすでに新聞報道がされており、全員協議会前から議員から不満の声があがっていました。
協議会の冒頭、その件について神谷副市長から謝罪がありましたが、情報管理はどうなっているのか、マスコミの常識はどうなっているのか。疑問だらけです。
議員にもフライングの情報発信をして注意を受ける方がいますが、執行部側がこのような状況では、そんな議員の行動を正当化させるだけです。
午後は福岡で九電ユニオンの政治活動活性化検討委員会。来年2月の総会に向けて結論を出すべき項目を確認しました。


5/9(水)
昨日終了した市内訪問の資料整理とその他の書類整理に追われた一日でした。保管していた書類が見つからず、議会と事務所と自宅を行ったり来たり・・・・
やっと見つかった書類は、なくさないように二重に袋に入れ、机の奥深くにしまってました。
なんだか情けなくなりました。
夜は職場のみなさんと懇談。
市政について多くの質問や意見をいただくことができました。


5/8(火)
市内訪問活動が終了しました。
今回も多くの方に励ましのお言葉をいただきました。
感謝・感謝です。
また、ドライバーを買って出てくれた妻にも感謝・感謝です。
明日からは資料整理、次回議会に向けての準備に入ります。


5/7(月)
今日から市内訪問活動を再開しました。
福岡市西部に光化学オキシダント注意報が3年ぶりに発令されたとのことでしたが、佐賀市も朝から霞んでいて喉が少し痛くなりました。
佐賀市にも影響があったのでしょうか。
関東地方では竜巻による大きな被害が出ています。
佐賀市でも数年前に竜巻被害がありました。
災害は忘れたころにやってきます。


5/6(日)
ゴールデンウィーク最終日。
明日からまた日常がはじまります。
今年も1/3が過ぎ、6月議会まで1か月を切りました。
連休気分とおさらばして、明日からがんばります。

夜は佐賀市内で火災が発生し、出動しましたが到着時にはすでに鎮火していました。
火の元にはご注意を。


5/5(土)
今日は子どもの日。
娘2人の我が家にはあまり縁のない日です。
私自身は兄と2人で、鯉のぼりをたててもらった記憶はありませんが、同年代の子どもが多かった私の地区では、ソフトボール大会やゲートボール大会などが開催され、母親たちの炊き出しのカレーライスを食べていたことを今でも覚えています。
物があふれている現在ですが、今の子どもたちのもこのような経験が思い出になると思います。


5/4(金)
昨日は憲法記念日でした。佐賀市でも各地で憲法を考える集会などが開かれたようです。
いわゆる護憲派の方たちは憲法9条を護ることを訴えています。自民党政権の終わりごろは改憲のための条件整備の動きがありましたが、民主党政権にかわってからそのような動きも見なくなりました。
戦争をおこしたいと思っている国民はだれ一人いません。
しかし、今のままの憲法で、事がおきるたびに憲法解釈で対応していくという姿はは独立国家としてあるべき姿なのか。
平和は、願うだけでは守れないと思います。


5/3(木)
今日からゴールデンウィーク後半。
公式予定は入っていません。
たまっていた書類整理と、以前から気になっていたガレージの整理にあてました。
ところでここ数日、大きな交通事故のニュースが続いています。便利な自動車も使い方を間違えば凶器になります。
ハンドルを握る方はもちろん、自転車に乗る方、歩行者も交通ルールとマナーを守らなければなりません。


5/2(水)
午前中、九電ユニオンの林委員長から呼ばれ組合事務所へ。
現在の電力関連産業が置かれている現状を踏まえ、今後どのような対応をしていくのか意見交換をしました。
このもどかしい現状からなかなか抜け出せません。
このままでいいのか。


5/1(火)
以前から富士町の重田市議から、富士町振興の取り組みのための企画を考えているので、その候補地を見てアドバイスをしてほしいと依頼されていました。
今日は富士町方面を回る日で、その途中重田市議としゃくなげの里で待ち合わせをして2か所の現場を確認しました。そのうち1か所は企画を進めるのに適していると判断しました。
今後話を進めていくこととしました。
夜は循誘子ども会の総会。引き続き副会長に就任しました。


4/30(月)
バス事故の報道が続いています。
以前連合佐賀で労働相談を行っていたとき驚いたことは、経営者が法律を知らな過ぎることでした。
労働基準法などはあることは知っているが中身は知らない経営者も多くいました。労働環境が不安定なまま、その場しのぎの経営をしていれば重大な結果が待っていることを認識になければなりません。


4/29(日)
朝から関越道で発生したバス事故のニュースが流れています。
事故の原因や遠因はこれから明らかになっていくことと思いますが、過重な労働条件が原因になっていることも考えられます。
このような時マスコミは一斉に企業の現状をとりあげ、ずさんさの揚げ足取りをしますが、事故にあわれた方とその関係者はそんなことを求めているのでしょうか。しかも、数日すれば報道もしなくなります。
規制緩和と競争原理だけでは安全・安心の社会はつくれません。


4/28(土)
朝から気持ちのいい天気。
どんどんどんの森で開催された連合佐賀中央メーデーに出席しました。参加者は約1600名。震災からの復興支援、ディーセントワークの実現などを確認しあいました。
夜は循誘体協の総会。昨年に引き続き本部役員に就任しました。
体協総会終了後、城東中学校PTA歓送迎会に遅れて参加。おおいに盛り上がり、最後は万歳三唱の音頭をとらせていただきました。


4/27(金)
午前中は市内訪問活動、午後は議会全員協議会が開催されました。
23年度国保会計の見通しと対応、議会報告会などについて議論しました。


4/26(木)
日中は市内をあいさつ回り。
夜は循誘公民館で市政報告会を開催しました。
今回で3回目の地元での市政報告会でしたが、毎回参加していただく方がいらっしゃる一方で、ポスティングのチラシを見て、はじめてきていただいた方もいらっしゃって、説明にもついつい力が入りました。また重要な提言をいただくことができました。
これからも定例議会ごとに市政報告会を開催します。


4/25(水)
昨日は亀岡市の行政視察後、兵庫県宝塚市に移動。武庫川が流れるきれいな街。
こちらも議長に同席いただきました。
議員間の自由討論は、委員会での論点を整理したうえで、ペーパーでその討論を議事録として残しているとのこと。
議会事務局の協力なくしてはできない取り組みですが、記録として残しておくことは重要だと感じました。


4/24(火)
午前中は京都府亀岡市の行政視察。
亀岡市議会の木曽議長にも同席いただき、議会改革に対する取り組みについてお話を伺った。
その後の意見交換では、佐賀市の取り組みについても紹介しながら認識を深めることができた。


4/23(月)
議会運営委員会の視察に出発しました。
京都まで新幹線で移動しその後山陰本線で亀岡市に到着しました。
その亀岡市で、悲惨な交通事故がおきました。
集団登校の列に無免許運転の自動車が突っ込み2名が亡くなりました。本当に言葉になりません。
ハンドルを握る人間は大きな責任を負っていますが、事故を起こした少年にはその責任さえ持つ事ができない人間です。
こんな事故で大切な人生を一瞬にして奪われた被害者の方々、大切な家族を奪われた家族の皆さまの心境ははかり知れません。


4/22(日)
消防団は月に2回、実際にポンプを回して放水し、操作訓練や器具の点検を実施していますが、年に一回は中央分団所属の10部が集合し、本部の器具点検を受けます。
今日はその点検日。2時間ほどの点検は無事終了し、その後クリークへ行き放水を行いました。
佐賀市は最近火災は発生していませんが、火の元には十分ご注意ください。


4/21(土)
中心市街地の水路に流れ込む水量を取り戻し、ゆたかな水環境を実現するためのに、地元自治会の皆さまと「さが城下みず再生研究会」を立ち上げ、これまで現状の確認や署名活動等に取り組んできました。
今日はそのメンバーで、北山ダムから川を下り、水が分流されていく状況を見ました。
現在は農繁期に向け、十分な水が流れていましたが、水が少ない時期でも、樋門の操作など様々な工夫で中心市街地にも十分な水量を確保することができると確信しました。
今後は、国や県に署名を提出し、水量の復活をめざします。


4/20(金)
来週は月曜日から水曜日まで議会運営委員会の視察、木曜日は地元循誘公民館での市政報告会、金曜日が全員協議会、土曜日が連合佐賀の佐賀県中央メーデーと予定が入っています。また、その後はゴールデンウィーク。
そのため今週中に済ませておきたい仕事があるのですが、なかなか思うようにいきません。自分の力だけではどうしようもない事に、もんもんとした気持ちです。


4/19(木)
佐賀市は議会改革が進んでいる事から、全国各地からの視察に来られます。
今日は茨城県つくば市の議会運営委員会のメンバーと議長など13名が視察に来られ、私を含め佐賀市議会の議会運営委員会のメンバー4名で対応しました。
つくば市は現在議会基本条例の制定を検討中で、佐賀市の制定の経過や、制定にあたって問題となった添付、制定後の議会の活性化の現状、市民との関係の変化どについて約2時間意見交換を行いました。
視察を受け入れたというよりも、同じ議員として情報交換を行ったという感じの大変有意義な時間を過ごさせていただきました。


4/18(水)
平成21年当選の佐賀市議会議員は8名。
この8名で定期的に勉強会を行っていますが、今回の幹事は私でした。
そこで、研修会のテーマを、再生可能エネルギーとし、今年運開したばかりの嘉瀬川発電所、天山揚水発電所を見学しました。
なかなか見ることのできない設備にみなさん感動されたいました。


4/17(火)
自治基本条例調査特別委員会が開催され、制定の大まかなスケジュールと議会としての対応方針を確認しました。
実際に条例案が上程されれば通常は、総務委員会などの常任員会で審議をすることになりますが、この特別委員会はその審議に何もできないことになるのかなどの意見が出されました。
確かにそのとおりです。
常任委員会との調整も必要になってきます。


4/16(月)
午前中は年に一度の健康診断。
血圧はもともと異常なしですが、いわゆるメタボが気になる年齢です。当選後順調に増えてきた体重と胴回りに危機感を感じ昨年12月からダイエットを敢行。
おかげさまで、胴回り85㎝を難なくクリア。体重もほぼベストまでもっていくことができました。
あとは日ごろ酷使している肝臓をはじめ内臓の状態が気になるところです。


4/15(日)
一週間後に消防本部で、年に一度の消防備品点検が行われます。
私が所属する中央分団6部の消防車の積載工具をすべておろし、数を確認し、ホースや筒先の接合部の磨き上げ、車両の洗車などを実施しました。
明日は健康診断。早めの夕食をすませ早めに就寝です。


4/14(土)
午前中は佐賀市の神野公園で開催された江藤新平卿銅像まつりりに出席しました。
明治維新研究家で大阪市立大学名誉教授・毛利敏彦氏もこのまつりに出席されました。
講演で毛利氏は、江藤の功績は大きく2つ。一つは文部省を設置し、洋学を推進し現在の教育の礎を築いたこと。あとひとつは司法卿として司法を独立させ人権の確立を提唱したこと。
征韓論に敗れ下野した江藤は、不平士族を率いた佐賀の乱で敗れ処刑されたとされていますが、この見方が、最近になって変わってきています。毛利氏は大久保利通の陰謀説を提唱しています。
佐賀の七賢人のひとりの江藤新平。これからも新たな史実が出てくることでしょう。
その後は、地元商工会、自治会のみなさまに議会だよりを配ってまわりました。


4/13(金)
早朝に自宅を出発。
唐津、玄海、伊万里方面の職場をまわりました。
伊万里を最後に佐賀市に戻るとまだ時間は3時前。引き続き鳥栖方面の職場をまわってきました。
佐賀に戻るとすぐに地元の体育協会の役員会に出席。4月末の総会に向けて役員の確認や次年度の予定について確認しました。
その後は地元子ども会の役員会。こちらも5月の総会に向けて役員の確認や次年度の予定について確認しました。


4/12(木)
11時半から佐賀駅南で、さが城下みず再生研究会のメンバーで、中心市街地の水量を増やすための署名活動を行いました。
昼休みの時間にもかかわらず、昼食に向かう方々を中心に多くの署名をいただきました。5月には集約した署名を、国・県に提出する予定です。
その後は、武雄・鹿島方面を職場訪問しました。


4/11(水)
朝からものすごい大雨でした。この雨の中、城東中学校の入学式に出席しました。
自分の時もそうでしたが、特に男子はかなり大き目の学生服でした。ただ、半年、一年するともう着れなくなるぐらい成長がはやいのが中学生。人生で一番難しく一番大切なこの3年間を楽しく、有意義に過ごしてほしいとの思いで見守りました。


4/10(火)
午前中は循誘小学校の入学式。出来上がったばかりの体育館での初の新入生64名が、緊張しながらも校長先生や在校生の呼びかけに、大大きな返事をしていました。
ICT(インフォメーションアンドコミュニケーションテクノロジーの略で、ネットワーク通信による情報・知識の共有)を活用した市民生活の向上や佐賀市の魅力の発信について、これまで何度とな一般質問で取り上げてきましたが、なかなか前に進みません。
そこで、議員有志一同で「ICT推進議員勉強会」を立ち上げ、本日第一回目の勉強会を午後に開催しました。
講師は佐賀県CIO(佐賀県の情報に関する資源を統括する最高責任者)の森本登志男氏を講師に招き、佐賀県ににおける情報通信戦略の概要についてお話を聞くことができました。
森本氏は元外資家の企業などで実績をあげた方で、単に情報インフラや機器をそろえるだけでなく、戦略をもって情報通信体系を構築していかなければならないことを実感しました。


4/9(月)
議会だよりが納入されました。
仕分けを行い、今週から配布を行います。
夕刻、職場において市政報告会を行いました。
70名ほどに参加しただき、3月定例議会での動き、今後の市政の動きなどについて報告させていただきました。


4/8(日)
鹿児島市議選の出陣式に出席。
どんな選挙でも出陣式は気合が入ります。
4時前には自宅につきました。
明日は議会だよりの納入予定。


4/7(土)
午前中は書類の整理でもしようかと思っていたのですが、嬉野市吉田の納戸料の百年桜が見ごろとの情報を見て、見学に行ってきました。桜の木の寿命は60年程度と聞いたことがありますので、本当に貴重な桜の木です。
午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。鹿野農水大臣の来佐や税と社会保障の一体改革について情報交換も行いました。
その後は日曜日告示の鹿児島市議選の激励のため鹿児島へ。
出張続きで少々つかれぎみです。


4/6(金)
民主党沖縄九州ブロックの地方自治体議員フォーラム2日目。
党組織委員長の古本伸一郎衆議院議員から、税と社会保障の一体改革について説明を受けました。
赤字国債で社会保障をまかなっている現状を見れば、財源を確保する手段として、消費税増税はやむを得ない判断だと思います。
しかし、現在の民主党が国民から信頼されているのかといえばそうではありません。
マニフェストに書かなかったことを実行し、書いたこと実行しない。これでは国民が怒るのは当然です。
丁寧な説明はもちろんですが、国民との信頼を築くこたが大前提です。私たち地方議員が果たす責任は重大です。その責任を果たしていくためにも、国会議員にはしっかりと仕事をしてほしいものです。


4/5(木)
民主党沖縄九州ブロックの地方自治体議員フォーラム初日。
神奈川大学特任教授の南学氏から事業仕分けについて講演を受けました。
流行語にもなった事業仕分けですが、マスコミ報道の煽りとその反動で、最近はその言葉さえ聞かなくなりました。
しかし、佐賀市では昨年度から地方版事業仕分けとも言える事務事業評価をはじめました。
その評価をどう反映するかは、最終的には執行部が判断するのですが、評価に対するコメントが執行部から示され、そして新年度の予算に反映されるなど一定の成果が出ています。
今日の講演を活かして行きます。


4/4(水)
今日は佐賀市が誇るB級グルメ、シシリアンライスの日。いつの日にか全国一に…。
明日から開催される民主党沖縄九州ブロックの地方自治体議員フォーラムに参加するため、沖縄へ。普天間飛行場、米軍ヘリが墜落した沖縄国際大学を見てきました。
夜は久しぶりの友人と再会しゆっくりと過ごさせていただきました。


4/3(火)
佐賀市議会では年に一人あたり60万円の政務調査費が支給されます。使途にはかなりの制約がありますが、有効に使わせていただいています。
支給は議員個人ではなく会派に支給されます。市民ネットの会計担当者をさせていただいていて、4月27日までに関係書類を議会事務局に提出しなければなりません。
少しずつ整理はしてきたのですが、あらためて確認すると、書き間違いなどがあるものです。一定の整理は終えました。
その後は市政報告会の資料作り。
報告会のメインを何にするか、あれこれ考えながら作業をしていると、あっという間に夜。職場の仲間とのちょっとした懇親会で盛り上がりました。


4/2(月)
議会だより10号の入稿を終えました。
発行部数は8600部。一週間後の9日には納品の予定です。
600箇所以上は手配りで、一月ほどかかります。
ところで、知り合いから電話があり、土曜日に開催された社会保障と税一体改革の対話集会で、私が発言していた様子がRKBニュースで放送されていたそうです。早速RKBのホームページでみました。確かに数秒ですが、写ってました。


朝から消防団の器具点検、地元の川掃除でした。
その後は、道路整備に関する説明会に同席しました。
道路整備で渋滞緩和や安全性が向上することはありますが、整備に伴って、不便や不安が生じる市民がいらっしゃることも事実です。
不安をひとつひとつ取り除いていくことが重要です。

ところで今日の佐賀新聞に、昨日の社会保障と税の一体改革対話集会についての記事が載っていました。民主党関係者が多かったとの記事でしたが、確かにその通りでした。しかし主催者側や党から出席を要請されたことは一切ありませんでした。また、質問についても打ち合わせをしたわけでもありません。念のために。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional