佐賀市議会議員 国民民主 山下 しんじ

平成27年度

山下しんじの活動日記


3/31(木)
議会だよりが完成するまで一息。
とは言え、事務処理や会派の政務活動費の整理などが残っています。
今年度も今日で終わり。そして今年も4分の1が過ぎました。
明日からも歩みを進めていきます。


3/30(水)
昨日、防衛大臣政務官の研修会での発言が報道されました。
急所、4/1開催予定の特別員会においての取り扱いを正副委員長で対協議しました。
それにしても不信感が募ります。
職場での市政報告で2月定例会の報告をさせていただきました。


3/29(火)
議会だよりの入稿を済ませました。
職場での市政報告を終え、まちづくり準備委員会。
一年以上の委員会大詰めです。


3/28(月)
4/1の開催する委員会の特別委員会の打ち合わせ。
アンケートの内容を確定させます。
議会だより作成が終わりました。
明日入稿です。


3/27(日)
佐賀城下ひなまつり最後の日曜日。
さなざまなイベントで盛り上がっていました。
東京で民進党結党大会が終了したことをうけ、佐賀県連としても、これまでの民主党に対する支援へのお礼と、新たなスタートをアピールするための街宣行動を行いました。


3/26(土)
佐賀城下ひなまつりは今日明日が一番の賑わいになりそうです。
事務処理と議会だよりの作成でした。


3/25(金)
議会だよりの作成。
午後は打ち合わせの連続。
体調に気をつかいながらもやるべきことはやります。


3/24(木)
議会が終了。
議会だよりの作成にとりかかりました。
夜はまちづくり準備委員会。
5月のまちづくり協議会設立に向け大詰めの議論を行いました。


3/23(水)
定例議会閉会日。
議案、意見書、決議の採決が行われました。
県民の安心、安全に大きな責任がある九州電力の誠意ある姿勢を求める決議は、提案者の共産党の議員が、玄海原子力発電所と川内原子力発電所で免震重要棟建設を白紙に戻したことを、原子力規制委員会の田中委員長と佐賀県の山口知事の発言などを引用し批判しています。その上で、今回の件や、いわゆる「やらせメール問題」で県民の九州電力への信頼は損なわれているとして、県民の安全、安心に責任を持つ九州電力は、当初計画通り、免震重要棟を建設するという県民に対する姿勢を示すことを強く求める旨の提案理由説明を行いました。これに対し、私が、田中委員長と佐賀県の山口知事の発言は、それぞれ、ある時期の、しかもの発言の一部を引用しており、発言の真意を正しく反映していない。発案者が免震重要棟を建設しなければ、九州電力の責任は果たせないと主張することに異議は唱えないが、佐賀市議会としてこのような特定の見方や、偏った主張を盛り込んだ決議案を採択することは極めて問題がある旨の反対討論を行い、採択の結果、賛成少数で否決されました。
定例会終了後は特別委員会。
市民向けアンケートの内容について議論を行いました。
夜は体協役員会。
総会に向け、次年度の行事や役員人事について話し合いを行いました。


3/22(火)
決議案に対する反対討論の準備。
午後は特別委員会の正副委員長打ち合わせと佐賀市からの報告。
佐賀空港へのオスプレイとヘリ部隊の配備については、まだまだ十分な情報提供がなされているとは言えません。


3/21(月)
民主党佐賀県連常任幹事会。
民進党への移行について、綱領の件と参院選に向けた党名浸透に向けた取り組みを要請しました。
民進党佐賀県連の結成大会は4月17日に開催します。


3/20(日)
消防団の機械器具点検を済ませ、大財商工振興会の餅つき大会。
季節はずれですが、地元の皆さまにも大勢参加いただき大いに盛り上がりました。


3/19(土)
地元行事の一日。
この時期は地元はひなまつりで賑わいます。


3/18(金)
循誘小学校卒業式。
72名の卒業に立ち会いました。
午後は議会運営委員会。
閉会日の議事について確認しました。


3/17(木)
全ての審査を終え、まとめと採決。
全ての議案を原案通り可決することとなりましたが、バイオマス関連施設に関する予算委ついては、今後議会への説明を十分に行うことなどの付帯決議を行いました。
夜は大財商工振興会の打ち合わせ。


3/16(水)
常任委員会による審査。
下水浄化センターに整備予定のバイオマス関連施設に関する資料が提出されましたが、やはり効果の面などについて不透明な部分がありました。28年度は設計のための予算が計上されていますので、1年間の設計の中で明確にしていくとの答弁がありました。
明日は、常任委員会のまとめと採決が行われます。


3/15(火)
常任委員会による28年度当初予算の審査。
下水浄化センターに整備予定のバイオマス関連施設については、事業の全体像や効果に対する説明が不十分との理由から、詳しい資料提出を求め、あらためて明日審査することとなりました。


3/14(月)
一般質問最終日。
その後議案に対する質疑が行われました。
そして審査は28年度当初予算へ。
まず、4常任委員会合同による歳入の審査を行いました。
明日から常任委員会ごとに歳入の審査を行います。


3/13(日)
原口一博衆議院議員の春の集いに出席。
昨日に引き続き多くの出席者で大盛況でした。


3/12(土)
原口一博衆議院議員の春の集いに出席。
多くの参加者で盛況でした。
集いは途中で抜け出し、佐賀城下ひなまつりのイベントの対応。
31日までひなまつりは続きます。
夜は循誘校区のまちづくり勉強会。
昨年3月から進めてきたまちづくり協議会設立に向けた、各団体への説明を行いました。
各団体の皆さんにとって不安もあるようですが、準備に携わってきたものとしては、やっとここまでたどりついたという思いです。
まずは始めてみて、そこからみんなで作り上げていく。
その思いを共有できた感じはします。


3/11(金)
佐賀市立中学校の卒業式が行われました。
私は地元の城東中学校の卒業式に出席し、227名の卒業を見守りました。毎回涙が出ます。
午後は一般質問。3名が登壇しました。


3/10(木)
一般質問6日目。
5名が登壇しました。
夜は地域連携協議会常任委員会。
まちづくり準備委員会に差し戻されていた件の再答申。
準備委員会の案に概ね賛同いただきました。
12日の勉強会で、各団体に説明します。


3/9(水)
一般質問5日目。
4名が登壇しました。
私は2番手で登壇し、中心市街地の活性化、フードバンク事業への支援、自動二輪駐車場の整備について質問しました。


3/8(火)
一般質問4日目。
5名が登壇しました。
有明海漁協は九州防衛局に対して、現地確認の要請を受け入れないことを回答しました。
回答文書を見ると、佐賀県に対する不信感もあるようです。
今後佐賀県がどのような対応をしていくのか注視する必要があります。


3/7(月)
一般質問3日目。
4名が登壇しました。
九州防衛局が有明海漁協に求めていた、現地調査の可否の回答が近いうちに出ることとなっています。
どのような判断が下されるか。


3/6(日)
佐賀市消防団中部方面隊の放水競技大会。
15チームが参加しました。
私も2年前に選手として出場しました。
厳しい訓練を積まれたみなさん、お疲れ様でした。
午後は一般質問の準備。
来週水曜日に登壇します。


3/5(土)
連合佐賀春季生活闘争総決起集会に参加。
集会後地元に戻り、春のじゅんゆう文芸賞の表彰式。
毎年恒例の行事となりました。柳町界隈は多くの観光客で賑わっています。
その後、三重津海軍所跡の発掘調査の一般公開に参加。
これまで確認されていた東側の反対側の遺構などの説明を受けました。
夜は、消防団で春の火災予防運動の巡回。
約2時間半、管内を巡回しました。


3/4(金)
佐賀城下春の骨董市のオープニングセレモニーに参加後、議会へ。
一般質問2日目。4名が登壇しました。
午前中の本会議終了後、九電ユニオンの若手組合員が、一日支部三役として議会を訪問されました。
若者の政治への関心を高めることも重要な仕事です。
散会後、意見書調整会議。
2件の意見書と1件の決議案が出されています。


3/3(木)
定例議会に上程された早期議決分の採決が行われ、全ての議案を原案通り可決しました。
採決の後、一般質問がはじまりました。
初日の今日は3名が登壇。
一般質問は14日までで、28名が登壇します。


3/2(水)
九電ユニオンのOBの皆さまのグランドゴルフ大会の開会式に参加させていただき、あいさつの機会をいただきました。
九電に入社した30年ほど前の際の上司も大勢いらっしゃいました。
皆さまお元気です。
一般質問に向けての準備を進めています。


3/1(火)
議会は休会。
一般質問に向けての準備や、資料の確認。
そしてICT準備小委員会。
12月議会からの本格運用を目指して準備を進めます。


2/29(月)
定例議会がはじまりました。
28年度当初予算の総額は約948億円で過去最高です。
本会議終了後、早期議決分の議案審査が行われました。
夜は循誘まちづくり協議会の準備委員会。
大きな山場は越えました。
これから、校区内の各種団体と意見交換を行い、街づくり協議会の活動の内容を詰めていきます。


2/28(日)
民主党佐賀県連常任幹事会。
大串代表から維新の党との合流の経緯と、今後の進め方について報告を受け、県連としての意見集約を行いました。
出された意見は以下の通り。
・共産党との関係性は慎重に。共闘はありえない。共闘すれば、離党する人たちが出ることも覚悟しなければならない。また、生活との関係性も同様に。
・代表選挙は党員・サポーターを集めた上で行うべきで、国会議員だけで行わない。
・党名変更を行った場合の変更に伴う費用については本部が負担すべき。
・政策がバラバラだと言われないようにする。
・参議院の比例候補者は既に動いている。一般有権者に迎合しすぎるのではなく、党名については、これまで民主党にこだわり、民主党で苦楽を共にした人たちの意見を最大限考慮して、民主党の名前を大切に考えてほしい。
・後ろ向きの意見を外に向けて絶対に言わないようにしてほしい。
・合流するからには、今後何があっても分裂するような事態は絶対にあってはならない。
29日の全国幹事長会議に反映します。


2/27(土)
九電ユニオン4年目組合員研修会。
組織内議員としての活動について講演させて頂きました。
夜は大財地区別懇談会。
市政報告の時間も頂き、楽しく懇談させていただきました。


2/26(金)
午前中は明日の九電ユニオン4年目組合員研修の資料作成。
そして午後は議案勉強会。
来週月曜日定例議会開会です。


2/25(木)
終日議案勉強。
明日まで議案勉強会です。
民主と維新の合流が合意されました。
日曜の県連常任幹事会で詳細を確認し、県連としての意見集約を行います。


2/24(水)
議会運営委員会が開催され、2月定例議会の日程を3月23日までの24日間とすることに決定しました。
その後一般質問の抽選会が行われた結果、18番目で3月9日午前11時ごろの登壇となります。
その後午前中は議案勉強会。
午後は正副議長と自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会の正副委員長で九州防衛局へ出向き、丁寧で迅速な情報提供を求める要請活動を実施しました。
夜は地域連携協議会の常任委員会。
まちづくり準備委員会の検討状況を報告し、意見交換を行いました。
様々な意見が出されましたが、検討内容を承認いただきました。


2/23(火)
3月定例会の議案勉強会。
約948億円の一般会計、約349億円の特別会計、約233億円の企業会計の審査を行うため、事前の勉強会も4日にわたります。
一般質問の通告も終えました。


2/22(月)
議会運営等改革検討会。
議会基本条例の見直しの方法やスケジュールについて確認しました。


2/21(日)
消防機械器具点検。
昨年末に新しくなったポンプの操作も完璧にできるようになりました。
午後はサガン鳥栖激励会。
選手スタッフ勢揃いの中多くの方たちが激励をしました。


2/20(土)
九州電力総連政治活動委員委員会の政治研修会。
民主党の長島昭久衆議院議員の講演は共感出来ました。
その後、小林正夫さんを励ます集い。
小林さん本人から力強い決意を聞くことができました。


2/19(金)
政治活動資金の整理。
3月末までに提出しなければなりません。
夜は子ども会の運営委員会。
今年一年の活動を振り返り、来年度の活動について意見交換をしmした。


2/18(木)
公式行事のない日。
来週は定例会の議案送付。
その前に今日は久しぶりに妻とふたりでリフレッシュさせていただきました。
楽しい一日でした。


2/17(水)
下水道革新的技術実証事業(B-DASH)の落成記念式典が行われました。下水道資源を活用した藻類事業の実証実験がはじまりました。バイオマス産業都市佐賀としての新たなスタートです。
夜は地域連携協議会常任委員会。
まちづくり協議会準備委員会での検討事項について報告し、了承をいただきました。
あと少しです。


2/16(火)
会計処理の一日。
政治団体の会計報告は3月末までです。
夜は大財商工振興会青年部の例会。
当面の活動を確認しました。   


2/15(月)
建設環境委員研究会が開催され、空き家対策の現状について説明を受けました。特別措置法が施行され、空き家対策がより進むこととなりました。しかしながら、実行する佐賀市が実効性ある計画を立てなければなりません。
来年度いっぱいで計画を策定する事、対策室の設置などが報告されました。


2/14(日)
朝から循誘体協のペタンク大会へ。
競技参加の予定でしたが、メンバーがけがのため断念。本部役員として大会運営の手伝いをさせていただきました。
午後は青少年健全育成推進大会に出席しました。


2/13(土)
公式行事のない一日。
久しぶりに家族と出かけ、リフレッシュさせていただきました。


2/12(金)
全員協議会の後、自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会が開催されました。
九州防衛局へ十分な情報提供と丁寧な説明を求める要請を行うこと確認しました。
またeさがモニターを活用した意識調査を行っていくことを確認しました。
委員会終了後、連合佐賀議員懇談会の総会に合流し、連合佐賀と地方議員の皆さまと交流させていただきました。


2/11(木)
49歳の誕生日。
佐賀新聞1面にオスプレイ配備に関する記事。
何らかの力がうごめいている感じがします。
このようなやり方はダメです。
信頼関係も何もあったもんじゃありません。
佐賀市では今日から佐賀城下ひなまつり。
オープニングセレモニーに出席。
そして伊勢神社に参拝。
三重県の伊勢神宮から分霊された唯一の神社が佐賀にあります。


2/10(水)
武雄、唐津、玄海方面の職場訪問活動。
これで訪問活動が終了しました。
運転手を務めてくれた妻に感謝です。


2/9(火)
鳥栖方面の職場訪問。
あと一日で訪問活動終了です。


2/8(月)
特別委員会打合せの為朝から議会へ。
午後は引き続き議会運営委員会。
改革検討会からの答申の取扱いを確認しました。
また、これまで検討を進めてきた議会ICT化について説明を行い、具体的な考え方について了承いただきました。
これから具体的な作業にとりかかります。


2/7(日)
消防団の機械器具点検。
昨年暮れに器具が入れ替わりました。
団員全員が操作を習得しなければなりません。
午後は佐賀県電力総連青年委員会の政治研修会。
そして民主党佐賀県一区総支部常任幹事会、県連常任幹事会でした。
参院選の候補者については、2月28日まで結論を出すことを確認しました。


2/6(土)
佐賀市環境保健推進大会に出席。
これまで環境保全や健康増進につとめてこられた皆さまが表彰されました。
夜は地元の自治会長の皆さまとの懇談。
有意義な時間でした。


2/5(金)
九電ユニオン政治活動委員会総会のため福岡へ。
引き続き副会長に就任しました。
今年はなんといっても参議院議員選挙。
小林正夫必勝に向けた取り組みを確認しました。
夜は福岡で佐賀県人会。
なつかしい方ともお話ができて有意義な時間でした。


2/4(木)
市内訪問活動の一日。
市内の訪問は終了しました。
あとは職場訪問を残すのみ。
来週には終了させます。
夜はまちづくり準備会。
これまで14回の会議を経てきましたが、やっと先が見えてきました。
ラストスパートです。


2/3(水)
午前中は市内訪問活動。
午後はエコプラザリニューアルセレモニーに参加しました。
気が付けばもう2月。
課題山積・・・
がんばらなければ・・・


2/2(火)
民主党沖縄・九州ブロック地方自治体議員フォーラム2日目。
学校現場におけるキャリア教育の必要性についての講演は非常に参考になりました。宮崎県はキャリア教育が非常に進んでいます。


2/1(月)
民主党沖縄・九州ブロック地方自治体議員フォーラム参加のため宮崎シーガイアへ。
今回のテーマは子ども子育てと教育。
2日間しっかりと学習します。


1/31(日)
朝起きてニュースを見てびっくり。
サッカーU23が逆転で優勝している。
後半早々2点目をとられたところで諦めて寝てしまったことを後悔しました。
北方領土返還要求集会に参加。
粘り強い運動を継続しなければなりません。
その後。地元牛島天満宮のお火焚き祭。
消防団として警戒にあたりました。


1/30(土)
校区自慢プロジェクトの発表会。
12組が発表を行いました。
どの組も地元の事をよく調べていて、素晴らしい発表会となりました。
夜は地元企業の懇親会に参加。
毎年この時期に開催されいて、楽しみにしている会です。
楽しい時間を過ごしました。


1/29(金)
午前中は市政報告会の資料作成。
その後鹿島市の祐徳自動車労組の定期大会に出席。
あいさつの時間をいただきました。
夜は市政報告会。
冷たい雨が降る中参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


1/28(木)
朝から市内訪問活動。
あと少しかかりそうです。


1/27(水)
朝から市内訪問活動。
様々なご意見をいただきました。
夜は体協理事会。
ミニバレーボル大会、ペタンク大会について確認しました。


1/26(火)
議会ICT化に向けて打ち合わせ。
次回の議会運営委員会には方向性を示すことができそうです。
午後は、子ども会の校区自慢プロジェクト対応で市立図書館へ。
土曜日まで展示して、土曜の午後には発表会が行われます。
夜は大財振興会の役員会。
3月までの活動を確認しました。


1/25(月)
道路にも積雪。
外回りは断念して、週末の市政報告会の資料作成を行いました。


1/24(日)
予報通りの大雪です。
朝地元を回りましたが、家屋の倒壊や樹木の被害もないようでした。
予定されていた、佐賀市駅伝大会、民主党佐賀県連常任幹事会は中止となりました。
明日までは警戒が必要です。


1/23(土)

1月26日から30日まで、市立図書館において「校区自慢プロジェクト」が行われます。
これは子どもたちが、自分の校区の事を調べてみんなに紹介しようという取り組みで、祭主日の30日には発表会も行われます。
循誘子ども会も参加することから、最終の仕上げと発表の練習を行いました。


1/22(金)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
市民アンケートのついては行う方向で詳細を詰めていくこととなりました。
午後は訪問活動でした。


1 /21(木)
議会運営等改革検討会が開催され、今後の進め方について検討を行いました。今後優先して取り組んでいくことは、平成21年に制定した議会基本条例の検証・見直し作業です。
午後は訪問活動でした。


1/20(水)
議会運営委員会が開催され、議会改革に向けた今後の取組みについて議論を行いました。
午後は議員研修会。
これから取り組む議会基本条例の検証・見直しについて、実例を交えながら講義を受けました。
明日の議会運営等改革検討会を皮切りに、議会基本条例の検証・見直しがスタートすることになります。


1/19(火)
雪が降る中市内訪問活動の一日でした。
ドライバーをつとめてくれる妻に感謝です。


1/18(月)
朝から市内訪問活動。
南部方面をまわりました。
夜はまちづくり準備会。
来週地域連携協議会に検討内容の報告を行うため、長時間にわたっての会議となりました。
これから2か月ほどが正念場となりそうです。


1/17(日)
牛嶋天満宮主催の三社参り。
牛嶋天満宮でお参りを済ませた後唐津に向かい、鏡山神社、唐津神社を三社参りを行いました。
今年も1年元気に活動することができることでしょう。
その後呼子で会食。
大いに盛り上がりました。


1/16(土)
公式行事のない一日。
後援会会計の整理を行いました。
3月中に選挙管理委員会に提出しなければなりません。


1/15(金)
朝から訪問活動。
夜は市子連の文化部会。
1月26日から30日まで開催される校区自慢プロジェクトの流れや役割分担について確認しました。


1/14(木)
視察から佐賀に戻りました。
今日から議会だよりの配布に入りました。
まずは、地元を自転車でまわりました。


1/13(水)
東京都台東区フードバンク事業の視察。
以下視察報告を掲載します。

企業や個人から食品を譲り受け、福祉施設などに届ける「フードバンク」と呼ばれる活動が全国に広がっている。農林水産省によると、手がける団体は平成26年2月時点で35都道府県の40団体に上り、この5年で倍増している。DV(ドメスティックバイオレンス)の被害者や生活困窮者など、支援の対象も多岐にわたっている。今回視察を受け入れていただいた「セカンドハーベスト・ジャパン」は、2002年に設立されたフードバンク活動の先駆けとされている。
佐賀市のごみ量は、平成24年から増加に転じていて、主な要因はスーパーやコンビニなどの弁当や惣菜の売れ残りや飲食店、結婚式場などでの食べ残しや調理くずなどの事業系ごみの増加で、このうち約65%は生ごみとなっている。このようなことから、佐賀市では佐賀市一般廃棄物処理基本計画を策定し、1日当たりの事業系ごみ排出量を平成36年度までに平成25年度比で15%削減を減量目標としてさ様々な取り組みが行われている。
また、政府の調査によれば日本の子どもの貧困率は1990年代半ばごろからおおむね上昇傾向にあり2012年の厚生労働省のデータによれば、子どもの貧困率は16.3%ととなっている。また経済協力開発機構・OECDによると日本の子どもの相対的貧困率はOECD加盟国34カ国中10番目に高くOECDの平均を上回っている。さらに子どもがいる世帯のうち大人が一人の世帯の貧困率はOECD加盟国中最も高くなっている。このような事情を背景に、子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状 況にある子どもが健やかに育成される環境を整備するとともに、教育の機会均等を図るため、子どもの貧困対策に関し、基本理念を定め、国等の責務を明らかにするとともに、どもの貧困対策の基本となる事項を定め、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が成立し、平成26年1月に施行された。また、これを受け、平成26年8月に「子供の貧困に関する大綱」が閣議決定された。この大綱は義務化されておらず、「地方による」努力義務と位置づけになっており、当面の重点施策が示されており、自治体としても、「子どもの貧困対策の推進に関する法律」ならびに「子供の貧困に関する大綱」に基づき、具体的な取り組みを進めることが必要との観点からこれまでも、2度にわたり一般質問で取り上げてきた。
ごみの減量と貧困にある子どもたちへの対応として、このフードバンクの取り組みが全国に広がれば有効であるのではないかとの観点から今回視察をお願いしたことを伝えると、チャールズ氏は首を振られた。以外だった。
まず、ごみの減量については、年間約600万トンのロスに対して、現在フードバンクで活用されるのは約2000トンに過ぎない。発祥の地でありフードバンクが広がっているアメリカにおいても3400万トンに対して90万トンであり、この活動がごみの減量につながってはいない。
 また、貧困率についても政府が発表した数字が独り歩きしている感じがする。他国との相対的比較はできるが、日本の実態は、実際に活動をしていて、本当にそこまで貧困が広がっているか疑問であるとのことだった。
 チャールズ氏の、ごみの減量や貧困対策といった事を目的をにしてはこの活動は続かない。あくまで全ての人に食べ物を届けるということが理念であり、そのためのシステムを日本に根付かせたいとの言葉に強い思いを感じた。その一つの例として協力企業との関係を紹介された。現在セカンドハーベストに食品を提供している企業は606社にのぼっているが、この企業が「上から目線」でくれば、こちらからお断りするとのことだった。
 マスコミでは、ごみの減量や貧困対策等の活動が取り上げられるが、それはこのシステムの中の一部であり、フードバンク活動は社会のための大きなシステムづくりであると感じた。
 佐賀市においてもこのような取り組みがはじめられるような土壌を行政がつくることができるのか。取り組みがスタートしようとしたとき行政はどのような支援ができるのか、引き続き調査研究を進めていく必要があると感じた。
以 上


1/12(火)
秩父市みやのかわ商店街の視察。
以下視察報告を掲載します。

みやのかわ商店街は埼玉県秩父市の秩父鉄道秩父駅周辺の店舗で構成される商店街で、会員数は約120。昼間でも人通りが多いわけでもなく、どちらかというとひなびた商店街の雰囲気さえする。しかし、〝奇跡の商店街〟と呼ばれているみやのかわ商店街は、日本中の多くの商店街が抱えている、空き店舗や後継者問題はないとのことで、ここ数年で世代交代が進んでいるとのことだった。最近ではメイプルシロップ事業が軌道に乗ったことや、市をあげてアニメを応援したことが功を奏し、日本のみならず海外からも多くの観光客が訪れているとの事だが、島田前理事長によると、奇跡のはじまりは30年ほど前に始めた「ナイトバザール」が一番のきっかけだったと振り返られた。
当時のみやのかわ商店街は、現在の各地の商店街と同様に厳しい状況におかれていたとの事だが、昭和61年に埼玉県の青年商業者研究グループの指定を受け、商店街の将来構想づくりを行った。その過程で構想を作るだけでなく、何か自分たちでやってみようという話になり、「ナイトバザール」は始まった。始める時に決めた事は失敗しても何があっても6回は続けるという事。中には反対する声もあったとの事だが、若者が熱くなっている今始めなければ熱がさめると、強引に始めた感もあったようだ。
ナイトバザールのキャッチフレーズは「あそびにおいでよ」。商店街に買い物に来てもらうではなく、あそびに来てもらおうというのがコンセプトで、一回目のナイトバザールでは、買い物をしなくても参加できる福引には長蛇の列ができたとの事。また初回限定で配布した割引チラシ(710円以上の買い物で500円の割引)は好評で、歩道から人が溢れるほどの買い物客で賑わったとの事だった。計画段階で乗り気でなかったメンバーの考えも、この初回の成功で大きく変わったと感じたとのことだった。その後毎月行っていくこととなったナイトバザールの特徴は、絶対に同じことはしない事。島田氏は「例えばペットボトルがあったとすれば、どれだけ高く積めるか、どれだけ遠くに投げられるかちょっと考えただけでも5つや6つのイベントは思い浮かぶ。遊びに来る人がその場面を想像できれば、ワクワク感はなくなってしまって、やがてマンネリ化してしまうということになる」と語った。前例踏襲で楽をしようという考えでは、うまくいかないとの事だった。そのためには、全員でやるということではなく、やりたい人だけでやるということ。乗り気でない人を無理やり入れても逆に足を引っ張られるからそういう割り切りも必要との事だった。
毎月一回のナイトバザールは100回ごろまでは順調にいっていたが、222回目以降は各月の開催となり、現在でも続いているが、みやのかわ商店街はナイトバザールしかできないという声が耳にはいり、激怒した島田氏たちは新しい事業に取り掛かった。
きっかけはある日、顔なじみの車椅子に乗った障がい者を自社の車でたまたま自宅まで送った時の会話。どんな時に不自由を感じると聞くと、自由に買い物に行けない時との返答をヒントに、買い物代行を思いついた。ナイトバザールの経験から、とにかく1年はやってみようと早速取り掛かり、様々な団体に説明に行った際、ある特別養護老人ホームの職員の「否定はしないが、ここにいる人たちに本当に必要なことは、買い物を代行することではなく、買い物をすることができるようにすることです」という言葉にハッとした。
確かにその通り。そもそも、商人が自分の店にじっと客が来るのを待っているだけでいいのか。そう考えた島田氏は、会員に声をかけ、可能なところだけでいいから、出張販売をはじめることを提案した。こうして始まった「出張商店街・楽楽屋」は現在、山奥や福祉施設に3日に一度程度出かけている。各所で行われている取り組みだが、経費の問題から撤退している例も少なくないが、「私たちのような商売人は売り上げの8割がお得意様によるもの。目先の利益ではなく、お得意様を増やせると考えれば続けられる」との事だった。
また、買い物代行も並行して検討し、「ボランティアバンク・おたすけ隊」の事業も行っている。一時間の料金は800円で、1000円で購入できるコイン型商品券で支払うしくみになっている。この商品券は一年間で2億円以上が流通している。
ひとつの成功体験から、思いついたらなんでもやってみる。やりたい人がやる事を貫き、前例踏襲や行政主導、固定概念を嫌うという風土が完全に根付いているみやのかわ商店街は、多くの商店街が抱えている課題を、考え方を変えるだけで解決することができるということを示してくれる素晴らしい商店街であり、まちづくりは人づくであることを教えてくれる。
佐賀市にも少ないながら、任意の商店街、商工振興会がある。押し付けではなく、このような考えを広めていくことを考えなくてはならないと感じた。
以 上


1/11(月)
会派での視察のため埼玉県秩父市へ移動しました。
明日は秩父みやのかわ商店街の視察です。


1/10(日)
佐賀市消防団出初式、牛嶋天満宮での合格祈願祭、子ども会担当の公民館カレーの日、佐賀市成人式そして高木恵比寿大祭と年始行事のオンパレードでした。


1/9(土)
佐賀県電力総連の賀詞交歓会が開催されました。
あいさつの時間もいただき、昨年一年間の御礼と今年一年の支援をお願いしました。


1/8(金)
午前中は議会での打ち合わせ。
午後は佐賀市主催のまちづくり研修会。
500名を超える方が参加しました。
まちづくり、コミュニティーに関する関心の高さを感じました。


1/7(木)
朝から断続的に議会での打ち合わせ。
夕方は博多で九州電力総連賀詞交歓会。
一年の安全と参議院選挙必勝を誓い合いました。


1/6(水)
九電ユニオン政治活動委員会の幹事会が開催され、2月開催予定の総会の議事について確認しました。
今年の大きな課題は参議院選挙対応です。


1/5(火)
議会にて今後の特別委員会の打ち合わせ。
自衛隊のオスプレイ配備はどのように動いていくのか。
佐賀市議会としてどのような役割を果たしていくべきなのか。
今後の委員会の中で議論を深めていきたいと思います。


1/4(月)
今日から今年の新たなスタート。
1年の無事を祈願し、新年のあいさつ回りをおこないました。


1/3(日)
早いもので、正月休みも今日で終わり。
気持ちを入れ替え、明日から今年の活動をスタートします。


1/2(土)
妻の実家へ。
一年で帰ることができるのは数回です。


1/1(金)
霧がすごく初日の出を拝むことはできませんでしたが、実家で穏やかな正月を迎えることができました。
今年も一年よろしくお願いします。


12/31(木)
家族4人で近場に日帰り旅行。
大晦日にふさわしい穏やかな一日を過ごすことができました。
来年もよろしくお願いします。


12/30(水)
昨日に引き続き佐賀市消防団年末特別警戒。
今年一年の仕事が全て終わりました。


12/29(火)
東京で働く長女が帰省しました。
今年は休みが短く2日の早朝には東京に戻ります。
そして今日と明日は佐賀市消防団の年末特別警戒。
今年は管内の火災は少なく、私自身の出動も4回ですみました。
今年のしめくくり。
警戒にあたりました。


12/28(月)
多くの企業や役所は今日が御用納め。
今年一年の挨拶まわりをしました。
明日からは年末年始の休みに入ります。


12/27(日)
事務所での書類整理。
知らず知らずのうちに多くの書類がたまります。


12/26(土)
先輩・後輩交えての交流会。
毎年この時期に行われていますが、4年ぶりくらいに参加しました。
楽しい一日でした。


12/25(金)
議会だよりの入稿が終わりました。
完成は年明けになります。


12/24(木)
議会だよりの作成が終わりました。
明日入稿します。


12/23(水)
もうすぐ正月祭。
注連縄づくりと餅つき。
多くの子どもたちで賑わいました。
午後は民主党佐賀県連常任幹事会。
来年の参院選に向け、引き続き公認候補の擁立を目指していくこととなりました。
早期に決定なければなりません。


12/22(火)
議会だより作成。
金曜日には入稿できそうです。


12/21(月)
地域連携協議会の常任員会。
当面の活動を確認しました。
そして大財商工会青年部の例会。
今年一年の活動を総括し、労をねぎらい合いました。


12/20(日)
公式行事のない一日。
自宅でゆっくりとさせていただきました。


12/19(土)
事務処理と書類整理。
定例議会中はびっくりするほど書類がたまります。


12/18(金)
議会だよりの作成に取り掛かりました。
年内入稿を予定しています。


12/17(木)
議会閉会日。
上程議案を原案通り可決しました。
意見書の採決結果は以下のとおり。
①地方自治を尊重し、沖縄県名護市辺野古における米軍新基地建設の中止を求める意見書案(賛成少数で否決)
②安全保障関連2法の廃止を求める意見書案(賛成少数で否決)
③原発再稼働の中止を求める意見書案(賛成少数で否決)
④玄海原発再稼働について九州電力に対して住民説明会の開催を申し入れることを求める意見書案(賛成少数で否決)
⑤国会に憲法改正の早期実現を求める意見書案(賛成多数で可決)
⑥TPP「大筋合意」の情報公開と国会審議の徹底を求める案(全会一致で可決)
⑦奨学金制度の充実を求める意見書案(全会一致で可決)
⑧子ども医療費助成制度の創設と国民健康保険財政調整交付金減額のペナルティの見直しを求める意見書案(全会一致で可決)
⑨ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める意見書案(全会一致で可決)

閉会後は全員協議会において県立病院好生館跡地利用について執行部から説明を受けました。
またその後は自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
当面の活動について、正副委員長案を示し会派内での検討を要請しました。


12/16(水)
来年の循誘まちづくり協議会設立に向け、3回目の座談会を開催しました。これまでの2回の座談会を受け、将来的に循誘校区をこうしたいという目標を取りまとめました。
今後準備委員会において具体的なまとめの作業に入ります。


12/15(火)
議会運営委員会が開かれ、閉会日の議事日程、意見書の取り扱いが決定しました。
午後は特別委員会の正副委員長レク。17日の委員会運営に向けた打ち合わせを行いました。


12/14(月)
建設環境員会のまとめと採決。
提案された議案に反対意見はなく、原案を可決しました。
ただし、清掃センターの灰溶融炉停止に伴う予算や、指定管理者の氏名などについては、委員長報告を行なうよう求めました。


12/13(日)
事務処理と文書作成、そして議会だより作成準備。
来週には議会は閉会予定ですが、閉会後も予定や作業が目白押しです。


12/12(土)
公式行事のない一日。
たまっていた家の用事にあてた一日でした。


12/11(金)
常任委員会による議案審査。
焼却場の灰溶融施設停止に伴う予算や、施設の指定管理者指定などについて審査を行いました。
採決は週明けです。


12/10(木)
一般質問最終日。
そして議案質疑が行われました。
本会議終了後に意見書調整会議が開かれました。
12件出されていた意見書は、会派間調整の結果9件に集約されました。


12/9(水)
一般質問5日目。
5名が登壇しました。
夜は循誘まちづくり協議会準備委員会。
組織構成や規約など具体的な議論を行いました。
12月16日に3回目の座談会を開き、最終的な議論に入っていきます。
来年5月にはまちづくり協議会設立の予定です。


12/8(火)
一般質問4日目。
5名が登壇しました。


12/7(月)
一般質問3日目。
4名が登壇しました。
本会議終了後は、議会運営委員会。
特別委員会の設置や、今後の検討事項について議論を行いました。


12/6(日)
朝一番で循誘グランドゴルフ大会の準備を済ませ、佐賀市消防団中央分団の合同機械器具点検と合同訓練。
午後は佐賀市少年の主張大会。
26名の子どもたちが5分の制限時間内でそれぞれの主張を述べました。緊張する場面だったと思いますが、正々堂々とした姿に感動しました。
夜は循誘体協の役員会。
10月に開催した校区民体育大会について反省点を出し合い、今後にどう活かしていくか検討を行いました。


12/5(土)
大財伊勢会の引き継ぎ「通わたし」
94代から95代へ無事引継ぎか終了しました。
建国大祭は2月10日から11日にかけて開催されます。


12/4(金)
一般質問2日目。
4名が登壇しました。
本会議終了後は意見書調整会議。
今定例会には12件の意見書が提出されています。
夜は電機連合佐賀地協の定期大会。
党を代表してあいさつさせていただきました。


12/3(木)
一般質問初日。
2番手で登壇しました。
今回は、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを踏まえた、投票率向上と小中学校における主権者教育の考え方、27年3月議会に引き続き子どもの貧困対策についての2項目について質問しました。
一定の考えを引き出すことができました。
詳細は後日発行の議会だよりで報告します。


12/2(水)
一般質問の準備の一日でした。


12/1(火)
議会は休会。
一般質問に向けてヒアリングと準備。
一般質問初日の3日に質問に立ちます。


11/30(月)
定例議会開会。
会期は12月17日までです。


11/29(日)
民主党佐賀県連の常任幹事会が開催され、来年の参議院選挙に向けてて候補者擁立の状況が報告されました。
擁立作業は難航しているようですが、来月の常任幹事会までには報告できるようにしたいとのことでした。
県連やそれぞれの総支部における事前作業を要請しました。


11/28(土)
たまっていた書類整理と倉庫の整理。
公式行事のない一日でした。


11/27(金)
一般質問のヒアリングと原稿の作成。
今日は妻の誕生日。
ささやかながらの家族パーティーでした。


11/26(木)
一般質問に向けた準備。
夜は地域連携協議会の常任委員会。
このところ頭の切り替えが大変です。


11/25(水)
に議会運営委員会が開催され議会日程が決定しました。
今回の定例議会は11月30日から12月17日までの18日間で、議会日程は以下のとおりです。
 11月30日(金)開会
 12月2日(月)~12月10日(木)一般質問
 12月11日(金)・14日(月)常任委員会
 12月15日(火)議会運営委員会
 12月17日(木)閉会(採決)
 今回の定例議会で一般質問を行うのは23名で、11月25日の議会運営委員会終了後に質問順の抽選が行われました。抽選は、質問書通告書を提出した順番に、先端に番号が書かれた棒をひいて行われます。今回私は全体の2番目となりました。12月3日(木)の2番目で、11時ごろの登壇となります。
夜はまちづくり協議会準備委員会でした。


11/24(火)
一般質問の通告を終えました。
今回は子どもの貧困対策と投票率の向上に向けての取組みです。


11/23(月)
11月30日開会の定例会に向けて一般質問の準備。
明日17時通告締め切りです。


11/22(日)
連休中日。
一日ゆっくりとさせていただきました。


11/21(土)
九電工労組の政治研修会。
1時間の予定でしたが、スケジュール早く進んでいるので、少し伸ばしてほしいとの要望で、1時間半ほど講演させていただきました。
このような場に呼んでいただいて光栄でした。


11/20(金)
佐賀鉄工所労働組合の定期総会に出席。
ごあいさつの機会をいただきました。
夜は循誘子ども会の役員会。
当面の活動について確認しました。


11/19(木)
21日は福岡で講演することとなっています。
資料作成の一日でした。


11/18(水)
事務処理と資料作成。
そして夜は循誘体協理事会。
12月6日開催予定のグランドゴルフ大会について話し合いを行いました。


11/17(火)
民主党地方自治体議員フォーラム2日目。
18歳選挙権の分科会に出席しました。
私自身の地元小学校での取り組みを紹介しました。
18歳選挙権を受けて高校での取り組みが注目されていますが、小中学校での取り組みも重要です。


11/16(月)
民主党地方自治体議員フォーラム総会・研修会に参加するため東京へ。
テレビのコメンテーターとしても活躍されている、北海道大学公共政策大学院准教授の中島岳志さんの講演は興味深いものでした。
本当の保守とは何か。民主党はリベラル保守であるべきで、そうすれば、安倍政権と対峙できるし、最近色々と話題になっている他党との付き合い方や距離の取り方がわかるという内容でした。司会者も言われたとおり、国会議員にこそ聞いてほしい内容でした。


11/15(日)
大串博志衆議院議員の支援者でつくる大輪会。
事務方として手伝いをさせていただいています。
次回は来年春の予定です。


11/14(土)
訪問活動を終了し、郵送の準備。
毎回約1,600カ所に送付しています。
ほっとする間もなく、11月定例議会の準備に入ることになります。
午後は、来年夏の参議院議員選挙に向けて、組織内の打ち合わせ。
比例区での小林正夫の必勝を目指します。


11/13(金)
市内訪問活動が終了しました。
運転手をつとめてくれた妻に感謝です。
夜は、戸上電機関連協議会の定期大会。ごあいさつの時間をいただき、懇親会にも参加させていただきました。
電機連合の皆さまには、民主党としても大きな支援をいただいています。多くの方から解党騒動に対するご意見をいただきました。


11/12(木)
週末の大財商工振興会の最終調整。
今回は熊本市の上之裏通り商店街に視察に行きます。
その後、12月に開催するまちづくり座談会の案内に回りました。


11/11(水)
出張から戻りました。
有意義な出張となりました。


11/10(火)
今日明日は大阪出張。
公務ではありません。


11/9(月)
朝から訪問活動。
あと少しで終わりそうです。
夜は循誘まちづくり協議会準備委員会。
3回目の座談会に向けた協議と協議会の組織体制や規約などについて話し合いを行いました。


11/8(日)
佐賀市総合防災訓練に参加した後、地元循誘小学校の創立140周年・管理棟校舎改修記念式典に出席しました。
5年生6年生の合唱、本校卒業生で同級生の高橋浩寿さんの津軽三味線、北原香菜子さんの薩摩琵琶の演奏は素晴らしいものでした。


11/7(土)
午前中は唐津で九電ユニオン新入組合員で、午後は吉野ケ里でニシム電子工業労組の研修会で、講演の時間をいただきました。
参加者のみなさん、真剣に聞いていただいてありがとうございました。
事務局のみなさん、運営お疲れさまでした。


11/6(金)
翌日の研修会のための資料作成。
明日は2カ所で講演の時間をいただいています。


11/5(木)
早朝佐賀を出発して、唐津、玄海、武雄、鹿島の職場訪問活動。
励ましの声をいただきました。


11/4(水)
朝から市内訪問活動。
様々な声をいただきました。


11/3(火)
地元の子どもたちと収穫祭。
さつまいもと大豆を収穫し、豚汁と焼き芋をつくりました。
また、災害に備え、アルミ缶でご飯を炊きました。
このアルミ缶炊飯は全員が成功とはいきませんでしたが、秋晴れの気持ちいい天気の下子どもたちとの触れ合いを楽しむことができました。


11/2(月)
佐賀市議会では、申し合わせにより、一期4年の任期の中間で、正副議長や各種委員会の正副委員長ならびに委員構成の見直しを行うこととなっています。そのための臨時議会閉会日でした。
私は、常任委員会は建設環境委員会に所属することとなりました。任期前半に引き続きとなります。また、議会運営委員会にも引き続き所属することとなりました。
昨年7月、佐賀空港へのオスプレイ配備計画が持ち上がったことを受けて、昨年10月に設置された、「自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会」については、引き続き設置されることとなり、委員会委員が変更となりました。
私は、引き続き、この特別委員会の副委員長に就任しました。この件については、先日、中谷防衛大臣が佐賀を訪問し、佐賀県知事や佐賀市長と面談し、協力を要請しました。米軍の利用については、当面切り離すとの考えが示されたとの事ですが、現在の日米地位協定において、米軍が将来にわたって利用しないことは考えられません。非常に重い課題を扱う委員会の副委員長として、その役割をしっかりと果たしていきます。


11/1(日)
今年も残すところ2か月。
朝から循誘体協のソフトボール大会。
第一試合に選手と出場し、気持ちいい汗を流しました。


10/31(土)
今年ラムサール条約に登録された東よか干潟で、シチメンソウ祭りがはじまりました。天気にも恵まれ、多くの観光客で賑わっていました。
午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。オスプレイの佐賀空港配備計画やTPP、諫早湾開門などについて議論を行いました。


10/30(金)
佐賀城下秋の骨董市のオープニングセレモニーに出席。
その後は市内訪問活動。
夜は佐賀インターナショナルバルーンフェスタの歓迎レセプション。
多くのバルーニストたちや関係者で賑わいました。


10/29(木)
午前中は代表者会議のため議会に待機。
休憩をはさんで断続的に代表者会議が開催されました。
午後は市内訪問活動。
そしていよいよ佐賀インターナショナルバルーンフェスタがはじまります。開会式とライトファンタジーの点灯式に出席しました。


10/28(水)
秋晴れの気持ちいい朝の空にバルーンが飛んでいました。
佐賀市が一番盛り上がる季節がやってきました。
臨時議会が開会。
11月2日までの会期となります。
本会議では副議長選挙が行われ、新しい副議長が誕生しました。
本会議終了後は代表者会議が断続的に開催され、委員会構成などについて調整が行われました。


10/27(火)
天気予報に反して、朝から雨。
午前中は雨の中の市内訪問活動でした。
午後は議会運営委員会が開催され、10月28日開会の臨時議会の会期を11月2日までの6日間とすることや新たな議席配置などを確認しました。
夜は11月3日に予定している、循誘環境守り隊のリハーサル。
この日は収穫したサツマイモで、豚汁や焼き芋を作ることにしていますが、あわせて、アルミ缶を使ってご飯を炊くこととしています。
役員にアルミ缶ご飯の経験者がおらず、当日ばたばたしてはいけないということで、数名の役員で作ってみました。
一時間ほどでおいしいご飯が炊きあがりました。
改善点も何点か見つかりました。


10/26(月)
代表者会議前に会派での打合せを行い、代表者会議中は、メンバーは待機。休憩をはさみながらの代表者会議は午前中で終了。
まだまだクリアしなければならない問題はありますが、28日開会の臨時議会に向け、めどが立ちました。
午後は市内訪問活動。
今回は期間が短く、大急ぎでの訪問活動となりそうです。


10/25(日)
新佐賀市誕生10周年の記念式典が開催されました。
また、この式典において、佐賀市の木と花が発表されました。
佐賀市の木はイチョウ。佐賀市の花は桜です。
式典終了後は地元循誘校区にある牛嶋天満宮の秋季大祭に出席しました。
ここ牛嶋天満宮には、太宰府天満宮の飛梅から分芽された飛梅があります。
今年6月に総代のみなさんのご協力をいただき、飛梅の梅を拾い、梅干しを作りました。
来年1月には地元の高校受験生の合格祈願を行い、縁起物として梅干しを配ります。


10/24(土)
地方自治問題研究会の分科会に助言者として参加しました。
市立公民館、市立公民館のありかについて様々な意見交換を行うことができました。
助言者として責任を果たせたかどうかはわかりませんが、私自身いい勉強になりました。
午後は、地元循誘校区の勉強会に出席。
佐賀県警の桑原さんから、犯罪を犯した子どもたちとのふれあいの体験をもとに、大人としての子だちとの接し方について、話していただきました。
非常に感動的なおはなしでした。
「悪いことをしてしまった子どもはいるが、悪い子どもはひとりもいない。大人の価値観で子どもを褒めたり叱ったりしてはいけない」との言葉が印象的でした。


10/23(金)
朝からいい天気のもと、佐賀市南部をまわりました。
それにしてもこの季節は気持ちいいです。
夜はまちづくり協議会準備委員会主催の勉強会。
来年5月発足予定のまちづくり協議会のありかたについて、各種団体の方々のご意見をいただきました。
まだ、具体的な姿がイメージできないことから、様々な意見がだされました。今後、準備委員会で検討していきます。


10/22(木)
朝から地元を自転車でまわり、10時からの代表者会議にも出席。
午後には配り終わりました。
夜は体協の役員会。
先日の校区民体育大会の件について話し合いを行いました。


10/21(水)
議会だよりが完成し、仕分けを行いました。
明日から配布にかかります。
夜は地域連携協議会の常任委員会。
年末にかけて行事が続きます。
また、地元を中心に開催される佐賀城下ひなまつりへの対応についても議論を行いました。


10/20(火)
別府から佐賀へもどり、事務処理と陳情の現地確認。
明日には議会だよりが完成します。


10/19(月)
今日から妻と別府へ旅行へ。
ゆっくりさせていただきました。


10/18(日)
循誘校区民体育大会。
いい天気に恵まれ、事故もなく無事終了しました。
本部役員として運営に携わりながら、競技にも参加しました。
気持ちいい一日でした。


10/17(土)
循誘校区長寿会のグランドゴルフ大会に参加しました。
いい天気のもと、皆さん元気にプレーされていました。
昼からは体育大会のグランドづくり。
いよいよ明日は本番です。


10/16(金)
校区民体育大会の準備やらなんやらで一日中ばたばたでした。
夜は体育大会の商品づくりと子ども会運営委員会。
体育大会は天候に恵まれそうです。


10/15(木)
たまった事務処理と地元陳情の現地確認。
それにしてもいい天気が続きます。


10/14(水)
議会だよりの入稿を済ませました。来週には完成します。


10/13(火)
これまで校区民体育大会のパンフレット約1200枚は、外注していましたが、経費削減のため手作りへ変更。なかなかいい仕上がりで、市民活動プラザへ印刷にいきました。約3万円の節約になりました。
夜は大財商工振興会の役員会。
当面の活動について確認しました。


10/12(月)
翌週の校区民体育大会に向けて機材の確認。
午後は議会だよりの編集。
連休も終わりです。


10/11(日)
地元循誘小学校の運動会。
夜中の大雨の影響が気になりましたが、教職員、地元の方が早朝から必死に排水作業をしていただいたおかげで、開催することができました。子供たちの元気にパワーをいただきました。


10/10(土)
地元の陳情の現地確認と打ち合わせ。
それにしても気持ちいい天気でした。


10/9(金)
本会議において議長選挙が行われ、新議長が誕生しました。
公平公正、中立の立場での議会運営を望みます。
午後は福岡での組織内会議。
来年参院選に向けた取組みを確認しました。


10/8(木)
議会運営委員会。
閉会日の議事順序などを確認されました。
夜は循誘まちづくり準備委員会。
9月16日に開催したまちづくり座談会の振り返りと、12月16日に開催する第3回まちづくり座談会の進め方について確認しました。
また、5月のまちづくり協議会設立にむけてスケジュールの確認と作業の中身についても議論を行いました。


10/7(水)
会派長と朝から議会に待機。
夕方行われた代表者会議で議長選挙に立候補の意思ある議員が3名であることが明らかになりました。
閉会日の9日に選挙が行われます。


10/6(火)
全ての会派届が出されました。
21人だった最大会派の自民市政会は3つにわかれました。
私たちの市民爽風会はそのままの4名で残りの2年間活動することになります。


10/5(月)
市町村行政後援会。
国民への通知がスタートするいわゆるマイナンバー制度について講演を受けました。


10/4(日)
地元の河川清掃。
そして、書類整理、事務処理。


10/3(土)
天山記念碑祭。
昭和45年に旧厳木町出身の千葉清治郎氏が天下泰平・五穀豊穣・除厄招福・万民和楽を祈願して建立した記念碑があり、毎年記念碑祭が開催されます。
ここ2年間は悪天候のため天山頂上には登れませんでしたが、今日は絶好の天気で山頂まで登りました。いい気持でした。


10/2(金)
本会議。
決算議案や上程議案が承認、可決しました。
また議会日程を10月9日まで延長することも決定しました。


10/1(木)
議会は休会。
佐賀市表彰式に出席。佐賀市政の発展に寄与された方々に感謝状がわたされました。


9/30(水)
議会運営委員会が開催され、10月2日の議事順序を確認しました。
また、議長の辞職の意向を受け、会期を10月9日まで延長し、9日に議長選挙を行うことを確認しました。
午後は議会運営等改革検討会。
答申案を確認しました。
ただし、積み残しの課題もありますし、議会改革に終わりはありません。
夜は循誘体協の役員会。町民体育大会に向けた作業を行いました。


9/29(火)
議会は休会。
書類の整理と市政相談。


9/28(月)
建設環境委員会のまとめと採決。
反対意見はなくすべての議案を提案通り可決しました。
また、決算審査を踏まえた提言内容についても合意に至りました。
午後は、政務活動費の整理と事務処理。


9/27(日)
大財商工振興会の年に一度のレクレーション。
これまでは観光が中心でしたが、子どもたちに喜んでもらえるよう、今回は糸島で地引網とバーベキューを企画しました。
例年になく子どもたちの参加が多く、夏に戻ったような天気のもと楽しんでいただけました。


9/26(土)
久留米市で開催された西日本電気鉄工労働組合の定期大会に出席しさせていただき、あいさつの時間をいただきました。
午後は民主党佐賀県連に出席。
報道されている野党共闘については、私自身は有り得ないことだと考えており、慎重の上にも慎重に検討していただくよう要望しました。


9/25(金)
建設環境委員会において補正予算、条例議案の審査。
国からの交付金が減額されていることや、バイオマス産業都市構想にかかる事業が不採択になっていることなどに懸念の意見がでました。
夜は循誘校区の地域連携協議会の常任委員会。
各団体の活動状況について意見交換を行いました。


9/24(木)
朝9時半から夜8時半まで休憩をはさみながら議会運営委員会において、議長の一連の行動について事実関係の確認を行いました。
結果的に議長が道義的責任をとってその職を辞するということになりました。
問題を提起したものの一人として一定のけじめがついたものと判断しています。


9/23(水)
シルバーウイーク最終日。
翌日の議会運営委員会に備え、心静かに過ごしました。


9/22(火)
強行採決抗議の街頭行動を大和で開催。
原口代議士は療養中のため、大串代表がマイクを持ちました。
演説内容を聞いて驚きました。
先日の参議院特別委員会の速記録には「聴取不能」と書かれていたそうです。
これが真実であれば、大問題です。
確認の必要があります。


9/21(月)
地元の敬老会行事。
そして書類整理。
それにしても気持ちのいい一日でした。


9/20(日)
安保法制が成立。
しかし、参議院の特別委員会での採決は有効なのか。
地方議会における手続きと比べても、疑問です。
採決の議事録がどうなっているのか、確認が必要です。
消防団の機械器具点検を行いました。


9/19(土)
朝刊をみて唖然としました。
昨日の議会運営委員会の内容が記事になっています。
非公開であり、内容は口外しなことを申し合わせたはずなのに。
だれが、どんな意図でリークしたのか。
憤りを感じます。


9/18(金)
一般質問は最後の1人が登壇し、その後議案質疑が行われました。
午後は議会運営委員会。
わたしたちの会派、市民爽風会と公明党とで開催を申し入れました。
内容については、非公開委員会のため明らかにはできませんが、納得できる回答を得られるよう対応していきます。


9/17(木)
一般質問6日目。
4名が登壇。明日まで一般質問は続きます。
夜は体協の理事会。
10月開催予定の校区民運動会について確認を行いました。


9/16(水)
一般質問5日目。
5名が登壇しました。
夜は循誘まちづくり座談会。
来年5月のまちづくり協議会設立に向け、2回目の座談会を開催しました。今回は、循誘校区の将来像を全体で共通認識を持つことを目標に、グル-プ討議を行いました。
今回の座談会を後日実行委員会で取りまとめ、12月の第3回目の座談会に臨むことになります。


9/15(火)
一般質問4日目。
5名が登壇しました。
本会議終了後は陳情の現地確認。
市の対応を見ていきます。


9/14(月)
一般質問3日目。
4名が登壇しました。
本会議終了後は意見書調整会議。
今回は6件の意見書が提出されており、それぞれ提出者から意見書の主旨について説明を受け、質疑を行いました。
今週金曜日に2回目の意見書調整会議が行われます。


9/13(日)
城東中学校体育祭。
生徒たちの力いっぱいの走りに元気をいただきました。
また、先生方の情熱も伝わってきて、さわやかな一日でした。


9/12(土)
循誘小学校の耐震工事のため仮移動していた体育協会の倉庫の移動。
一年前5時間ほどかかって仮移動した倉庫を元の位置に戻しました。
今回は簡単にいくかと思いきや、やはり時間がかかってしまいました。
夜は披露宴に出席。
幸せのおすそ分けをいただきました。


9/11(金)
一般質問2日目。
5名の議員が登壇しました。
市長の選挙公約であったコンベンションホールの建設については、残り2年の中で道筋をつけたいとの答弁がありました。
議会としても注視していきます。


9/10(木)
一般質問初日。
2番手で登壇しました。
中心市街地の活性化、巨樹・巨木の保護、消防団員の確保について質問しました。
中身については後日発行の議会だよりでお知らせします。
本会議終了後は自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
防衛相への再質問の回答内容につい議論を行いました。
今回の回答内容では、検討できる段階にない。引き続き回答を求めていくことについては、委員の間で一致しました。
また、議会閉会日に行う中間報告については、正副委員長に一任させていただきました。


9/9(水)
10日開催の特別委員会に向けた打合せ。
そして一般質問の準備。
明日11時ごろ登壇予定です。


9/8(火)
建設環境委員会が開催され、決算審査を受けて来年度予算に反映すべき提言を取りまとめました。
議会閉会日に市長へ提言します。
夜は循誘まちづくり準備委員会。
16日に開催するまちづくり座談会の準備と、今後の準備会の進め方について議論しました。


9/7(月)
一般質問にむけた準備。
そして陳情現場の確認と対応のお願い。
夜は体協部長会。
10月18日開催予定の町区民体育大会に向けた話し合いを行いました。


9/6(日)
循誘校区体育協会のミニバレー大会。
途中で抜けて参加する予定だった消防署での合同機械器具点検は雨のため12月に延期になったとの連絡。
連合佐賀議員懇談会の夏季研修会が開催されていましたが、こちらには参加出来ませんでした。


9/5(土)
連合佐賀政策制度討論集会。
佐賀大学医学部の松尾清美準教授の講演を受けました。
自ら車いす生活を送りながら、介護現場において介護をする人介護を受ける人双方の観点にたって様々な研究を行っておられ、成果をあげられています。
なかなか知ることのできない実態を踏まえ、根本的な考え方を変えていくことの必要性を感じました。
その後は安倍政権の暴走をただす全国キャンペーン。
党本部から長妻代表代行がかけつけ、原口代議士と共にゆめタウン前で街頭演説を行いました。
250名ほどの方が耳を傾け、ビラを受け取っていただきました。
その後は唐津での講演会。
こちらにも200ほどの方に参加していただきました。
夜家に帰ると東京で働く長女が遅めの夏休みをとって帰省していました。一週間ほどはにぎやかになりそうです。


9/4(金)
建設環境委員会。
3日間の決算審査を受け、5件の事業についてあらためて執行部からの説明を受け、カラス対策事業と水路浚渫伐採・耐水対策事業の2件ついて、28年度予算編成にあたっての提言を行うことを決定しました。


9/3(木)
議会休会日
一般質問に向けてのヒアリング。
一週間後の一般質問に備えます。


9/2(水)
26年度決算審査3日目
建設部分の審査と、提言についての委員間協議を行いました。
4日、環境部、上下水道局、建設部から5件の詳細の聞き取りを行い、提言内容を決定します。
夜は循誘ふれあいふるさと祭りの反省会。
日程設定のありかたをはじめ、様々な意見が出されました。
来年の祭りに活かしていきます。


9/1(火)
26年度決算審査2日目
環境部と上下水道局分の審査を行いました。
委員会としての提言についても委員間協議を行いました。


8/31(月)
26年度決算審査初日
一般会計歳入全款について4常任委員会の連合審査を行いました。
明日からはそれぞれの常任委員会において歳出の審査が行われます。


8/30(日)
連合佐賀東部地域協議会の列島クリーンキャンペーンに参加。
市役所周辺を約一時間ゴミ拾いを行いました。
比較的落ちているごみは少ないものの、目立つのはたばこの吸い殻。
路上喫煙禁止区域でも多くのポイ捨てがありました。
ルールはしっかり守ってもらいたいと思います。


8/29(土)
戸上電機労働組合の定期総会にお招きいただきました。
日頃からのご支援に感謝です。
午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。
当面の活動について確認を行いました。
来年の参議院議員選挙に向け、引き続き候補者擁立に向けた作業を行うこととなりました。


8/28(金)
定例議会開会。
会期は10月2日までの36日間です。
本会議終了後はヒアリングに各種打ち合わせ。
その後、九電ユニオン佐賀支部の分会役員研修会で講演。
労働組合と政治のかかわり、来年の参議院議員選挙に向けた取り組みについて講演させたいただきました。


8/27(木)
一般質問に向けた準備とヒアリング。
明日から定例議会がはじまります。


8/26(水)
議会運営委員会が開催され、定例議会の会期を8月28日から10月2日までとすることが確認されました。
平成26年度の決算審査を行うことから、長丁場となります。
議会運営員会終了後、一般質問の質問順抽選が行われ、私は2番をひきました。
9月10日(木)の2番目、11時ごろの登壇となります。
その後は議案勉強会、常任委員会、特別委員会の打ち合わせ。
議会モード突入です。


8/25(火)
台風が九州上陸。
本日開催予定だった各種会議は翌日に延期に。
自宅に待機し、議会に向けた準備を行いました。
午後、地元を見て回りましたが台風の影響はなかったようです。


8/24(月)
連合佐賀東部地域協議会の政策制度要求に同行しました。
毎年この時期に来年度の予算編成に伴い実施しているものです。
佐賀市の要請では秀島市長に対応していただきました。
午後は議会運営等改革検討会。
積み残しの整理と、新たな検討課題について検討しました。
夜は地元地域連携協議会の常任委員会。
台風の進路が気になります。


8/23(日)
大財こども夏祭り。
朝から準備をし、10時から子供みこし。
その後出店や、ビンゴゲームで多くの子供たちや地域の方々が楽しんでいました。
今回で4回目ですがすっかり定着した祭りになりました。


8/22(土)
朝から佐賀市消防団第一支団の夏季訓練に参加しました。
暑い中、午前中いっぱい訓練で汗を流しました。
午後は、翌日の大財こども夏祭りの設営。
本来7月26日に開催予定でしたが、台風接近の影響で延期となっていました。


8/21(金)
主要地方道前原富士線整備促進期成会総会の為糸島市へ。
建設環境委員会委員長の代理として総会に出席しました。
総会では、佐賀県、福岡県から整備の進捗状況について説明を受けましたが、整備困難区域の今後の見通しは立っていません。
トンネル化に向けて強い意見が出されました。


8/20(木)
事務処理と28日開会の定例議会に向けた準備。
議会モードに突入です。


8/19(水)
議会運営委員会において、議会改革に関する積み残しの検討。
陳情・請願については従前の取扱いを踏襲することとなりましたが、提出者への取扱いの回答については再検討となりました。
広報広聴委員会の役割について委員会の検討を受け、引き続き検討していくこととなりました。
夜は体協役員会と理事会。
10月には60回の校区民運動会を開催します。


8/18(火)
連合佐賀東部地域協議会の役員の皆さんとの意見交換。
来年度予算編成に向け、各自治体へ実施する政策制度要求内容について意見交換を行いました。
24日に佐賀市へ要望書を提出の予定です。


8/17(月)
朝一番で特別委員会の正副委員長打合せ。
午後からの自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会では、前委員会で議論を行った、県と8漁協との協定覚書付属資料と、佐賀市議会の決議について、委員会としてのまとめを行いました。
また、今後も引き続き特別委員会を設置して調査研究を行っていくことを確認しました。


8/16(日)
昨日の疲れが残る中、妻の実家へお盆参り。
年に数回しか行くことができませんが、ゆっくりと久しぶりの休日を過ごしました。


8/15(土)
循誘ふれあいふるさとまつり。
午後から準備にかかり、子供みこしの後、夜9時までチキンナゲットを約250人分販売しました。
多くの方にお越しいただき楽しんでいただきました。


8/14(金)
明日は循誘ふれあいふるさと祭り。
子ども会副会長としての役割と、大財商工振興会青年部としての役割があります。
商工会青年部で出店するチキンナゲットの準備。
約300名分の仕込みを行いました。とは言ってもメインは妻。
私は応援団でした。


8/13(木)
午前中は訪問活動。
これですべての訪問活動が終了しました。
運転手をつとめてくれた妻に感謝です。


8/12(水)
初盆のお参り。
今年5月頼りにしていた議員、同期が相次いで亡くなりました。
健康には十分木をつけなければなりません。


8/11(火)
唐津、武雄方面の職場訪問。
あと少し市内訪問活動が残っています。
佐賀に戻り、東和労組の定期大会であいさつの時間をいただきました。


8/10(月)
地元の各種団体へ9月に開催するまちづくり座談会への案内を持ってまわりました。
午後は全員協議会。
人口減少に歯止めをかけるための当面の施策について説明を受けました。


8/9(日)
佐賀市子ども会連絡会の球技大会。
地元循誘子ども会からもキックベースボールとミニバレーに出場しました。
残念ながら予選突破はなりませんでしたが、子どもたちは精一杯プレーしていました。


8/8(土)
地元自治会長の皆さんとの交流会。
まちづくりなどについて様々なご意見をいただきました。


8/7(金)
市内訪問活動の一日。
市民の皆さんの関心は佐賀空港へのオスプレイ配備の件。
皆さんの声を聞きながら対応していきます。


8/6(木)
朝一番で自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会の正副委員長打ち合わせ。前回委員会の振り返りと今後の委員会の進め方を確認しました。
午後は九州電保労佐賀支部の大会であいさつの時間をいただきました。
その後は、夜に行う市政報告会の資料作成。
そして19時から循誘公民館において市政報告会。
一時間弱の報告会でしたが、特にオスプレイの佐賀空港配備問題に質問が集中しました。


8/5(水)
午前中は訪問活動。
暑い中ですがもう少しかかりそうです。
午後は循誘ふれあいあふるさと祭りの出店者会議。
夜はふれあいふるさと祭りの実行委員会。
成功に向け準備を進めます。


8/4(火)
市内訪問活動。
オスプレイ問題は皆さんの関心が高く質問やご意見をいただきます。


8/3(月)
市内訪問活動。
もう少しで終了の見込みです。


8/2(日)
朝一番で消防の機械器具点検を済ませ栄の国祭りへ。
こども神輿も元気いっぱいパレードに参加しました。
夜は総踊りに議会として参加。
3年ぶりの総踊りでした。


8/1(土)
市民一斉ラジオ体操。
こども神輿作成最終日。何とか間に合いました。
その後は市内訪問活動。


7/31(金)
午前中は特別委員会正副委員長レク、建設環境委員研究会、そして自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
佐賀空港建設時の協定書覚書付属資料と平成22年の佐賀市議会における決議について委員の見解を討議しました。
午後は武雄市で開催された佐賀県市議会議長会主催の講演会へ。


7/30(木)
議会だよりの配布活動。
それにしても暑い一日でした。


7/29(水)
議会だよりの配布活動。
北部地域をまわりました。
夜はまちづくり協議会の準備委員会。
第2回座談会に向けた話し合いを行いました。


7/28(火)
午前中は議会だよりの配布。
暑い中の車の乗り降りは体力を消耗します。
午後は九電工労組研修会。
政治と労働組合の関わりや来年の参議院議員選挙の意義について話をさせていただきました。


7/27(月)
栄の国祭りに向けて子どもみこしの作成に入りました。
子どもたちのアイデアで星のカービーと恵比寿さまを作ることになりました。
そして議会だよりの配布。
夜は循誘ふれあいふるさと祭りの実行委員会。
成功に向け頑張ります。


7/26(日)
大財公園の鎮魂祭。
大財商工振興会の役員、自治会の役員などが参加しました。
その後は地元牛嶋天満宮の子ども神輿など夏の行事に参加しました。


7/25(土)
本来であれば夏祭りの準備ですが、延期のため市内訪問活動。
そして久しぶりに復活した呉服元町の子どもみこしを楽しみました。


7/24(金)
視察からもどり、市内訪問活動を開始しました。
長距離の異動で疲れがたまっています。
台風の接近を受けて、26日に予定していた大財子ども夏祭りは延期に決定しました。


7/23(木)
新潟県上越市の視察。
上越市も議会改革先進市として有名です。
議会の政策立案能力向上に力を入れており、執行部への政策提案、条例の制定などに積極的に取り組まれていました。
視察を終え、新潟空港を経由して佐賀へ戻りました。


7/22(水)
岐阜県高山市の視察。
議会改革の先進市として全国的に知られています。
常任委員会における所管事務調査が充実しており、そのための市民や各種団体との意見交換を行っているところは参考にすべきと感じました。
視察終了後は富山経由で新潟市の上越市へ移動しました。


7/21(火)
議会運営等改革検討会の視察で岐阜県高山市へ移動。
明日は高山市の視察です。


7/20(月)
大串代議士の支援者でつくる大輪会のツーリングの予定でしたが、悪天候のため中止となりました。秋は天候に恵まれますように。
午後は民主党佐賀県連の常任幹事会と安保法制の強行採決に抗議する街頭活動。大串代表をはじめ多くの地方議員も街頭に立ち、安倍政権の暴走を許さないため怒りの声をあげていこうと訴えました。


7/19(日)
朝一で消防の機械器具点検を済ませ、市民体育大会の応援へ。
地元循誘の男子バレーは決勝戦惜しくも敗れたものの素晴らしい試合をみせてくれました。


7/18(土)
公式日程が全くない1日。
妻と二人で趣味に没頭した1日でした。


7/17(金)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員の正副委員長打ち合わせ。
前回の委員会で正副委員長に一任されていた防衛省への再質問項目について確認をしました。来週には再質問を提出する予定です。
午後は大財子ども夏祭りの打ち合わせ、九電ユニオン執行委員会、夜は循誘子ども会の運営委員会と打ち合わせと会議に追われた1日でした。
今日は長女の誕生日。東京に行って6年が過ぎました。


7/16(木)
後援会会計の整理。
毎年一回、県の選挙管理委員会に届け出る必要があることから、こまめに整理をと心がけているのですがいつの間にかたまってしまいます。


7/15(水)
安保法制が衆議院特別委員会で強行採決されました。
国民の理解が得られていないとの認識を示した阿部総理。
法案の一括上程に無理があったとの認識を示した浜田特別委員会委員
長。それでも日程ありきの進め方には怒りを感じます。
これから衆議院本会議を経て参議院での審議に入ります。
20日に開催される県連常任委員会において今後の対応を確認します。


7/14(火)
議会だよりの入稿を済ませ一息つきました。
たまてっていた会計処理や事務所の整理の一日でした。


7/13(月)
議会だよりの入稿を済ませ、議会ICT化の打ち合わせ。
具体的内容が決まりつつあります。


7/12(日)
市民体育大会の応援。
暑い中、選手の皆さんは元気にプレーされていました。


7/11(土)
佐賀市民体育大会の開会式に参加。
循誘校区からも多くの選手が出場します。
開会式後は、東よか干潟のラムサール条約登録の記念式典に参加しました。式典は途中で失礼し、市民体育大会の応援にまわりました。
夕刻は佐賀県電力総連の定期大会。あいさつの機会をいただきました。


7/10(金)
議会運営等改革検討会。
全会議論した議員定数のまとめの確認。文書修正が入り、次回あらためて文案を確認することになりました。
議員報酬については、意見が分かれたため次回再検討となりました。
午後は九電ユニオン佐賀営業所分会の大会。
出身分会として日ごろから支援いただいています。
感謝の言葉と、来年の参議院選挙に向けた取り組みをお願いしました。


7/9(木)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
4月末に防衛相と九州防衛局を参考人として招致した委員会の内容を確認し、さらに質問すべき点を洗い出しました。
来週には再質問の予定です。
夜は佐賀市子ども会の文化部会。
8月の栄の国まつりの子ども神輿について確認しました。
循誘校区からは2台の子ども神輿を出す予定です。


7/8(水)
特別委員会に向けて正副委員長、正副議長の打ち合わせ。
委員会は明日午後開催されます。


7/7(火)
定例議会が終了しました。
書類整理を済ませ、議会だよりの作成に着手しました。


7/6(月)
定例議会最終日。
上程された議案は、全て原案通り可決成立しました。
安保法案の廃案を求める意見書は賛成少数で否決されました。


7/5(日)
消防団の機械器具点検。
本来であれば、午前中は世界遺産登録の記念式典が行われる予定でしたが、審査が延期されたため中止に。
午後は体協の役員会。10月に開催する校区民運動会について話し合いを行いました。
夜は世界遺産登録のパブリックビューイングへ。
22時40分ごろ、登録が確認されました。


7/4(土)
大財商工振興会主催の夏祭りの実行委員会。
今回で4回目の開催となり、すっかり地元に定着しました。
7月26日に祭りを開催します。
世界遺産登録のパブリックビューイングに出かける予定でしたが、議会事務局より審査が難航し、日本の審査は日本時間の5日22時以降に延期されたとの連絡が入りました。
登録を願います。


7/3(金)
議会閉会日。
事務処理と陳情対応。
議会だよりの作成にも着手しました。


7/2(木)
議会運営委員会が開催され、閉会日の議事順序、意見書の取り扱いについて確認しました。
私たちの会派が提出していた意見書は、可決が見込まれないことから取り下げました。その他2件の意見書も取り下げられ、最終的に2件の意見書を閉会日に採決することとなりました。
夜はまちづくり協議会の準備委員会。
先日開催したまちづくり座談会の振り返りを行い、第2回座談会に向けた方向性について議論を行いました。


7/1(水)
常任委員会の裁決。
反対意見もなく、全ての議案を原案どおり可決しました。


6/30(火)
常任委員会での議案審査。
多くの質問が出されましたが、反対意見はありませんでした。


6/29(月)
一般質問最終日。
24名の質問が終わりました。
本会議終了後は3件の打合せ。
定例会中は公式非公式含めて多くの打合せが入ります。


6/28(日)
循誘子ども会の球技大会。
キックベースボールとミニバレーの試合を行いました。
優勝チームは市の大会に出場します。


6/27(土)
少し遅めの父の日とかなり遅めの母の日のプレゼントを持って、久しぶりに実家へ。
やっぱり実家はいいものです。


6/26(金)
一般質問6目。
トップバッターで質問に立ちました。
主なやり取りについては、後日発行の議会だよりで知らせします。
本会議終了後、常任委員会の打ち合わせとICT推進の打ち合わせを済ませて鳥栖へ。
九電ユニオン鳥栖分会の大会に出席しました。


6/25(木)
一般質問5日目。4名が質問に立ちました。
明日、登壇します。


6/24(水)
一般質問4日目。4名が質問に立ちました。
空き家対策については、ほぼ出尽くした感がありますが、まだ確認すべき点はあります。
議会終了後、九電ユニオンの支社分会とお客さまセンターの大会に出席しあいさつの時間をいただきました。
厳しい環境の中必死に頑張って頂いている皆さまに感謝です。


6/23(火)
一般質問3日目。4名が質問に立ちました。
議会終了後、九電ユニオン武雄分会の大会へ。
あいさつの時間をいただきました。


6/22(月)
一般質問2日目。
4名が質問に立ちました。私の出番は金曜日。
空き家・空き地対策については今回多くの議員が質問します。
重複がないよう質問項目を調整していきます。
議会終了後、九電ユニオン電力センター分会の大会であいさつの時間をいただきました。
夜は大財商工振興会青年部の例会。
大財こども夏祭りの開催について話し合いを行いました。
7月26日に祭りを開催します。


6/21(日)
消防団の機械器具点検を済ませて、循誘体協のバドミントン大会へ。
多くの方に参加いただき盛況のうちに終了しました。
午後は民主党佐賀県連の常任幹事会。
統一地方選の総括や来年夏の参議院議員選挙に向けて議論を行いました。


6/20(土)
一般質問に向けての準備。そして事務処理。
久しぶりに予定のない日でした。


6/19(金)
一般質問がはじまりました。
4名が登壇。6月29日まで続きます。
本議会終了後、福岡で開催された九州総連大会終了後のレセプションに参加しました。


6/18(木)
佐賀市議会のメンバーで、三重津海軍所海軍所跡の視察。
世界登録遺産登録を目前に控え、関係者の皆さんも張り切っていらっしゃいました。
歴史的価値を大切にしながら、教育や観光振興につなげていければと思います。


6/17(水)
断続的に一般質問に向けてのヒアリングと準備。
登壇は6月26日です。


6/16(火)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
千葉県木更津市での視察について議論を行いました。
夜は循誘まちづくり座談会。
約80名の方に参加頂き、循誘をこんなまちにしたい。今の循誘のこんなところが気になるといったことを話し合いました。
2時間の予定を30分近くオーバーしてしまいましたが非常に有意義な時間でした。座談会は今後2回開催し、まちづくりの方向性を明らかにしていきます。


6/15(月)
定例議会に向けての準備。
そして一般質問の準備の一日でした。


6/14(日)
民主党一区総支部主催で、安倍政権の暴走にストップをかける街頭行動を行いました。けがから復帰後はじめての街頭演説を行った原口代表は、安倍政権は国民の疑問の声に全くこたえようとしていないと安倍首相の姿勢を批判しました。
国会おいて徹底した議論を求めていきます。


6/13(土)
子ども会で地元牛島天満宮の飛梅から採った梅で梅干しの漬け込みを行いました。ご利益のある梅干しは、来年地元の受験生に配ることとしています。
佐賀県電力総連の懇親会に参加。
総連の皆さんとはなかなか懇談の場がありませんでしたが、有意義な意見交換をさせていただきました。


6/12(金)
佐賀市議会定例議会が開会しました。
会期は7月6日までの25日間です。
一般質問は6月19日からはじまります。
夜は九電ユニオン佐賀支部の大会レセプションに参加。
今大会をもって、林委員長が退任され草場新委員長が誕生しました。
林委員長は本部副委員長に就任されることが決まっています。
引き続き連携を取りながら活動を進めていきます。


6/11(木)
一般質問に向けての準備。
夜は佐賀市子ども会の3部会合同会議。
今年は文化部を担当します。


6/10(水)
一般質問に向けてヒアリング。
空き家・空き地対策については、今回多くの議員が取り上げています。重複を避け、質問を組み立てていきます。


6/9(火)
議会運営委員会が開催され、6月定例議会の会期が6月12日から7月6日までの25日間に決定しました。
議会運営委員会終了後一般質問の抽選が行われ、私は21番目で6月26日の10時からの登壇となります。
その後は上程される議案の勉強会が行われました。


6/8(月)
一般質問の通告を済ませました。
議会は6月12日(金)開会です。


6/7(日)
消防の機械器具点検。
ポンプを回し、実際に放水しての点検です。
その後、地域連携協議会主催の環境まもり隊活動。
子どもたちとジャガイモ、玉ねぎの収穫を行いました。
昼食は、収穫した野菜を使ったカレーライス。
子どもたちに元気をもらった一日でした。


6/6(土)
大財商工振興会の総会。
一年の活動を振り返り、今後一年間の活動を確認しました。


6/5(金)
九電ユニオンの大会に参加。
小林正夫参議院議員も駆けつけ、来年の参議院議員選挙に向けて力強いごあいさつをいただきました。また地元の北橋市長も来賓として出席され、心あたたまるごあいさつをいただきました。
組織内議員の紹介をいただいて佐賀にもどり、循誘体協の理事会に出席しました。


6/4(木)
北九州市で開催されている九電ユニオンの大会へ。
レセプションからの参加になりましたが、懐かしい方々も大勢参加されていて、有意義な時間を過ごすことができました。


6/3(水)
常任委員会の正副委員長レクで議会へ。
事務局も執行部も、議会開会直前とあって緊張感がありました。
夕刻はまちづくり準備会。
今後の進め方の確認の後、6月16日に開催する座談会に向け、準備委員でリハーサルを行いました。


6/2(火)
特別委員会の正副委員長の打ち合わせ。
その後は、事務処理や資料整理。
あっという間に溜まっていく資料。
要領よく整理できないのは性格かな…


6/1(月)
今日から6月。
国会では安保法制、派遣法の議論が続いています。
会期が延長されるにしても、重要な月となります。
状況を見ながら対応していきます。


5/31(日)
循誘体協の卓球大会。
私は試合には出ず、事務方のお手伝いでしたが、多くの方に参加いただきました。


5/30(金)
諸富での議会報告会。
佐賀空港へのオスプレイ配備計画について様々なご意見をいただきました。また、南部の観光振興についても様々なご意見をいただきました。


5/29(金)
木更津市の視察。
昨日視察した木更津駐屯地は、オスプレイの定期機体整備の候補地となっています。
これまで木更津市と木更津駐屯地が共存共栄の関係であることは、昨日の木更津駐屯地の視察に続いてあらためて確認することができた。
今回の計画に対して市民からは数件の反対意見が寄せられているとの事だが、市としては戸惑っているようでした。
視察終了後佐賀へ戻り九電工労組佐賀支部の定期大会レセプションへ。貴重な交流の時間を過ごさせていただきました。


5/28(木)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会の視察で、千葉県の木更津駐屯地へ。
昭和11年に完成した駐屯地は、駐留するヘリ部隊は約70機。かなりの規模で、住宅地や海苔の養殖場に隣接していますが、市民からの苦情は年間数件程度で、木更津市と共存共栄の関係にあることがよく分かりました。


5/27(水)
事務処理の一日。
そして6月定例議会に向け準備をはじめました。


5/26(火)
集団的自衛権行使の法制化など、自衛隊活動拡大を図る安全保障関連法案が衆議院で審議入りしました。
今後、具体的な議論に入ることになります。
国民の理解が得られる内容なのか。
しっかりと議論を見ていきます。


5/25(月)
まちのホーム循誘の運営推進協議会
利用状況や活動状況について報告を受け、意見交換を行いました。


5/24(日)
佐賀市子ども会連絡協議会の総会、研修会を途中で抜け出し、民主党佐賀県連大会の準備へ。
今回の大会には本当に多くの方に参加していただきました。
党本部からは代表代行の蓮舫参議院議員にお越しいただきました。
民主党再生に向けたきっかけと成りうる、素晴らしい大会になりました。


5/23(土)
担当の東与賀で、佐賀市議会議会主催の議会報告会。
3月議会の内容を中心に報告し、意見交換を行いました。
いただいた意見については、議会に報告し、対応していきます。


5/22(金)
民主党佐賀県連の大会に向けて事務局の打ち合わせ。
多くの方に参加いただきたいと思います。
午後は九電ユニオン佐賀支部執行委員会であいさつ。
大会前の実質的最後の執行員会。一年間のお礼を述べました。
夜は佐賀市議会主催の議会報告会が地元で開催されることから、運営の手伝いをさせていただきました。


5/21(木)
市政に関する相談を受けました。
今後対応していきます。
夕刻は、知人の紹介で歴史民俗館で開催されたコンサートに家族で出かけました。楽しいひと時を過ごすことができました。


5/20(水)
議会運営委員会が開催され、議会改革の件について議論を行いました。改革については不断なく進めていかなければなりませんが、優先順位と選択も必要です。
またICT化の今後の進め方については了解をいただきましたので、具体的作業を進めていきます。
午後は、自治会協議会の総会のレセプションに参加しました。


5/19(火)
佐賀市、神埼市、多久市、小城市、吉野ヶ里町の議会の懇親ゴルフコンペに参加しました。
1年以上ぶりのゴルフでしたが天候にも恵まれ、楽しい1日を過ごす事ができました。


5/18(月)
午前中は年に一度の健康診断。
メタボではなかったものの、油断は大敵です。
午後は、民主党佐賀県連大会に向けた打ち合わせ、特別委員会の打ち合わせ。さらに市政相談などなど。
夜は大財商工振興会の役員会。
6月に開催する総会や次年度の活動について話し合いを行いました。


5/17(日)
循誘体協のミニテニス大会。
本部役員として運営のお手伝い。
試合に出るより大変です。
午後は地元大財2区自治会の総会。
ごあいさつの機会をいただきました。


5/16(土)
午前中の便で佐賀に戻りました。
このところ出張や行事続きで疲れがたまっていました。
午後はゆっくして、早めに就寝しました。


5/15(金)
東京で電力総連組織内地方議員会議でした。
野田元総理の講演、浜野参議院議員の国政報告など充実した内容でした。
小林正夫参議院議員の力強い決意表明には大きな拍手が。
交流会には、原口代議士、大串代議士をはじめ多くの国会議員にも参加いただきました。
懐かしい出会いもありました。


5/14(木)
事務処理の後、議会ICT化の打ち合わせ。
先日視察を行った鳥羽市の事例を参照に進めていく方向になりそうです。としても課題は多く、これから具体的な作業に取り掛かります。
夕刻は職場での議会報告会。
様々なご意見をいただきました。


5/13(水)
柏市で「カシニワ」の視察。
柏市では市内で市民団体等が手入れを行いながら、主体的に利用しているオープンスペース及びオープンガーデンを「カシニワ」と位置づけ、カシニワの創出や活用に対して市及び関連組織が様々な支援を行っています。
実際に活動を行っている団体の方ともお話ができました。
空き地の有効活用、地域コミュニティの創出など様々な可能性を秘めた取り組みでした。


5/12(火)
宇都宮市での空き家対策の視察。
全国的に空き家問題が発生しており、各地で空き家条例を策定する動きが広がっていますが、実効性があがっていないのが現状です。
宇都宮市でも同様のジレンマがあるようですが、地域全体で見守る体制については参考にすべきと感じました。


5/11(月)
建設環境委員会の視察のため状況。
明日から視察です。


5/10(日)
横浜市で開催されているRengoアカデミーへ。
民主党枝野幹事長、加藤敏幸参議院議員と共に講師を務めさせていただきました。
私なりに、自分自身の政治との関わり、議員になった経緯、現在の活動や労働組合と政治の関わりについてお話をさせていただきました。
終了後、バスに飛び乗って佐賀に戻りましたので、皆さんの感想は聞けませんでしたので、後日事務局の方に確認してみます。


5/9(土)
Rengoアカデミーのため上京。
対象は労働組合幹部候補生の皆さん。
少しでもお役に立てるように頑張ります。


5/8(金)
議会運営等改革検討会。
政治倫理や議員の身分について再確認しました。
夜は地元循誘公民館での市政報告会。
意見交換も含めて一時間程度。様々なご意見をいただきました。


5/7(木)
訪問活動が終了しました。
運転手をつとめてくれた妻に感謝です。


5/6(水)
連休も今日で終わり。
事務処理と市政報告会、Rengoアカデミーの準備。
連休明けは出張が続きます。


5/5(火)
こどもの日。
こどもの数の減少の記事に加え、こどもの貧困に関する記事も載っていました。3月議会でも取り上げました。政治の責任は大きい。


5/4(月)
故原康彦さんの葬儀のお手伝い。
ご冥福をお祈りします。


5/3(日)
故原康彦さんの通夜のお手伝い。
御家族の悲しみはいかばかりか。


5/2(土)
深夜、原県議の訃報が。
信じられません。
民主党佐賀県連で緊急の常任幹事会を開催し、当面の対応を協議しました。


5/1(金)
資料作りの一日
研修会資料、市政報告会用資料そして集会用メッセージ3件。
これだけで一日かかりました。
夜は循誘地域連携協議会の総会。
まちづくり協議会への移行を確認しました。


4/30(木)
午前中は鳥栖方面の職場訪問。
午後は全員協議会。そして議会報告会用の資料作成。
今日で今年の1/3が終わりました。
月日が経つのは早い。


4/29(水)
大財6丁目自治会の総会に出席後、連合佐賀メーデーに出席。
午後は事務処理。
今日から連休の方も多いようです。


4/28(火)
朝から訪問活動。
多くのご意見をいただきました。
夜は循誘体協の総会。
本部役員に再任しました。


4/27(月)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会。
防衛省並びに九州防衛局を参考人として承知して、特別委員会としてとりまとめた質問事項に対する回答を受けた後、質疑を行いました。
詳細は後日議事録を確認しますが、やはり具体的な回答は得られませんでした。引き続き情報収集を行っていかなければなりません。
夕方一旦自宅へ戻ると、近くで火災発生のメールが入り出動。
一時間ほどで鎮火しましたが、その後再出火。古い建物が多く残る中心市街地の火災の怖さを思い知りました。
夜は、呉服町自治会総会、循誘まちづくり準備会、大財商工振興会青年部例会。頭の切り替えに苦労した一日でした。


4/26(日)
事務所で事務整理。
訪問活動中は書類や事務処理がたまります。
何事もコツコツとと思うのですが、なかなかそうもいきません。
夕刻は民主党佐賀県連の常任幹事会。
統一地方選前半戦に対して、数点指摘をさせていただきました。
鹿島市議選では、県連推薦の福井正さんが再選を果たされました。


4/25(土)
循誘子ども会総会。
引き続き副会長を引き受けさせていただきます。


4/24(金)
自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会で、自衛隊ヘリのデモフライトの視察。
オスプレイの佐賀空港配備計画で、地元住民の要望で実施されました。
午前中は3.5㎞、午後は2.5㎞ほど離れた場所から騒音を確認しました。
騒音自体は気になるレベルではありませんでしたが、飛行ルートや編隊の組み方によっては全くちがう状況になることも考えられるため、具体的な運用方法を確認しなければならないと感じました。
夜は城東中学校のPTA歓送迎会。
楽しい時間を過ごさせていただきました。


4/23(木)
早朝佐賀市を出発して唐津、武雄、鹿島方面の訪問活動。
様々な声をいただきました。


4/22(水)
三重県亀岡市において視察。
議会改革について視察を行いました。
常任委員会ごとに行っている所管事業調査は非常に参考になりました。佐賀市議会でも取り入れていくべきです。
また、議会改革は不断なく行っていくべきと感じました。


4/21(火)
三重県鳥羽市において視察。
現在佐賀市でも検討を進めているICT化について視察を行いました。
導入の考え方、進め方など非常に有意義な視察となりました。
終了後は次の視察先である三重県亀山市に移動しました。


4/20(月)
議会運営委員会の視察で三重県鳥羽市に移動。
明日から視察です。


4/19(日)

統一地方選後半戦の告示日。
多久市、鹿島市、伊万里市の市議選が告示されました。
多久と鹿島には党推薦候補が立候補。
多久の出陣式に出席しました。
結局、多久市は無投票当選となりました。
県議選も無投票が6選挙区。
議員への魅力がないことが大きなようでしょうか。

4/18(土)
朝から佐賀市消防団中央分団合同の機械器具点検。
毎月2回各部ごとに点検を行っていますが、年に一回、全ての部が集まって点検を行っています。
点検以外にも様々な情報交換が出来、有意義な点検となりました。
午後たまっていた用事をかたづけていると、火災発生の連絡。
現場に到着した時には鎮火していましたが、火災が発生したのはスーパーの商品棚とのこと。放火の可能性が高いようです。

4/17(金)
午前中は会派の政務活動費の整理。
都度整理はしてきましたが、関係書類の最終確認。
会派4人分ですが、最終チェックには時間を要しました。
午後は訪問活動。
先が見えてきました。

4/16(木)
訪問活動の一日。
さまざまなご意見をいただきました。
夜は政務活動費の整理。
たった4人分ですが、けっこう大変です。
今月いっぱいに議会事務局へ提出します。


4/15(水)
訪問活動の一日。
午前中は自転車で地元を、午後は妻の運転で市内をまわりました。
夜はまちづくり協議会準備委員会。
具体的な取り組みについて議論を開始しました。


4/14(火)
39回目となる江藤新平卿銅像まつりに出席。
初代司法卿となり、国の法律の仕組みづくりをほぼひとりでやってのけた佐賀の八賢人のひとり。
佐賀の八賢人おもてなし隊による寸劇も披露されました。
午後は、特別委員会の正副委員長打ち合わせ。
自衛隊によるデモフライトへの対応や、防衛省招致の件ついて確認しました。
その後は訪問活動。
合間を縫って、市内をまわります。


4/13(月)
選挙戦の疲れはあるものの、議会だよりの仕分けを済ませ、配布活動を開始しました。
佐賀市北部をまわりました。
選挙結果など様々なご意見をいただきました。


4/12(日)
県議選投票日。
佐賀の藤崎、江口両候補は再選をはたしましたが、今回の結果についてはしっかりと総括をしなければなりません。
福岡の守谷候補、長崎の深堀候補、大分の藤田候補も再選をはたしました。これからもしっかりと連携を図っていきます。


4/11(土)
選挙戦最終日。
江口候補の街宣車に乗り込み、最後のうったえ。
藤崎候補ともども当選していただかなければなりません。


4/10(金)
午前中、地元循誘小学校の入学式に出席。
66名が新しく循誘小学校の仲間入りしました。
午後は議会運営等改革検討会。
政務活動費の取り扱いや、議会基本条例の検証・見直しについて議論しました。
検討会終了後は県連車での街宣。そして藤崎候補の集会に参加しました。


4/9(木)
地元城東中学校の入学式に出席。
199名の新入生が入学しました。
午後は藤崎候補の街宣。
そして、長崎の深堀ひろし候補の事務所へ。
雰囲気は盛り上がっていますが、他陣営から猛烈なの切り崩しにあっているようで、最後まで引き締めていかなければなりません。
そして個人演説会で応援弁士。
深堀候補にも何としても勝っていただかなければなりません。


4/8(水)
朝一で午後からの特別委員会に向けての打ち合わせ。
午後からの自衛隊等の佐賀空港利用に関する調査特別委員会において、自衛隊ヘリのデモフライトへの対応や、防衛省の参考人招致について確認をしました。
夜は江口よしのり候補の個人演説会で応援弁士をさせていただきました。


4/7(火)
福岡県議会議員選挙のもりや正人候補の応援。
辻立ちの後、街宣車に乗り込んで、支持をうったえました。
午後は大分へ移動し、藤田まさみち候補の事務所へ。
25年以上お世話になっている大先輩。
非常に厳しい選挙戦となっているとのこと。
急遽、夕方の個人演説会で応援演説をさせていただきました。
何としても当選していただかなけばなりません。
翌日のため、最終のJRで佐賀へ。
自宅に着いた時には日付がかわっていました。


4/6(月)
朝一で地元陳情対応。
その後藤崎候補の街宣の先導。
連合佐賀、私の地元循誘校区を中心にまわりました。
午後は福岡の九州総連で組織内候補者の情勢を確認しました。
佐賀県連、組織内とも全員勝利を目指します。


4/5(日)
さが桜マラソンの沿道ボランティア。
昨年に続いて2回目のボランティア。
約一万人のランナーに声援を送りました。


4/4(土)
民主党の県連車での街宣。
そして夜は藤崎てるき候補の個人演説会で応援の演説。
両候補の当選を目指して取り組みを進めます。


4/3(金)
佐賀県議会議員選挙の告示日。
民主党公認の江口よしのり候補、藤崎てるき候補、原やすひこ候補の出陣式に出席しました。
鳥栖選挙区は無投票となりました。
議会だよりの入稿をすませました。
選挙が終わる頃には完成します。


4/2(木)
政治家の一人として思う事。
私は市議会議員であり、民主党に所属しています。
私が議員になってから、多くの議員が民主党を去って行きました。
自らの意思で去っていったにもかかわらず、今さら何をやってるんだと思う事が少なくありません。
党も組織です。
もう少しけじめをつけていただきたい。


4/1(水)
今日から新年度。
新たな気持ちになります。
しかし朝から憂鬱な雨。
予定されていた行事も中止になりました。
事務処理と打

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional